オカメヅタの育て方

MENU
TOP>ウコギ科>オカメヅタ
スポンサードリンク

オカメヅタ(カナリーキヅタ)

オカメヅタ
科名ウコギ科
属名ヘデラ属
学名Hedera canariensis
別名カナリーキヅタ
みずやり乾かし気味に
場所外の日なた
難易度初心者向け
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
開花
植え
肥料
スポンサードリンク

栽培の特徴

甲子園に絡んでいるアレ
オカメヅタの斑入りタイプ(シロオカメヅタ)が甲子園で絡んでいるものです。つまり大阪でも常緑で越冬、毎年繁茂します。育てやすく、少々の日陰――半日陰程度ですが――にも強く、また強光にも強いです。

でも、強すぎるんですよね
頑健で繁茂するあまり、家の壁を登ると壁に妙な後が残ります。あまり広い範囲に育てるのはオススメしません。
まとめ
●水のやり過ぎ注意
●強い日光を好む
●育てるのは簡単。茂りすぎて困る。植える前によく考える。

水やりと肥料

乾燥に強い
オカメヅタは乾燥に強く、逆に過湿を嫌います。水やりは土が乾燥してからにしてください。土が常時濡れているようだと根が腐って枯れてしまいます。

水をやるときは葉っぱにかける
夏に乾燥しているとハダニが発生します。ハダニを防ぐ為に水をやるときは葉っぱに水をかけるようにします。これでハダニを防ぐことが可能です。

肥料はあった方がいい
春から秋に掛けての生育期に固形の緩効性肥料を二ヶ月に一回やるか、二週間に一回ほど液肥をやります。肥料をやるほど大きくなるので都合を考えて肥料をやってください。
スポンサードリンク

植え付け・植えかえ・種蒔き

植え付け・植え替えは春に行います。これといって注意すべきことはありません。少々乱暴に扱っても大丈夫。植え替えをするときは、少し枝を切り詰めてやります。これで新芽が出やすくなります。用土は市販の花と野菜の土を利用します。自作する場合は赤玉土腐葉土3くらいです。これに川砂などを混ぜても可。

簡単に増える
枝を切って土に挿しているだけで根が出て株が増えます。

管理場所・日当たり

関東以西なら戸外で
寒さにも暑さにも強く、強い直射日光にも強く、半日陰程度でも枯れない。寒さには氷点下でも。ただし土が凍るほど寒いとダメです。霜に当たるなどすると葉っぱが傷んでしまいますが、それでも(関東以西であれば)完全に枯死することはありません。

室内で管理する場合は日光不足に注意
少々の日陰でも枯れませんし、日光不足の症状が現れるまでは時間が掛かりますから、室内で楽しむことも出来ます。しかし、長期間室内で管理しているとさすがに日光不足になり、葉っぱが痛んで徐々に弱ってきます。オカメヅタは本来は「強い日光」を好む植物。しばらく室内で楽しんだ後は必ず戸外で日光にしっかりと当てて下さい。

特徴・由来・伝承


アイビーとは同属。俗に言う「ヘデラ」はアイビーやオカメヅタ(カナリーキヅタ)など、これらヘデラ属の総称で、決まった種を表すわけではありません。ヘデラはギリシャ語のへドラ…葉が密集するという意味とも言われますが、ハッキリしません。ヘデラの一種の「ヘデラへリックス」が英名イングリッシュアイビー。一般に流通している「ヘデラ」はアイビーを指していることがほとんど。

名前の由来は葉っぱの形がオカメに似ていることから。
スポンサードリンク

不具合報告はこちら

情報が間違っている場合は報告をお願いします。
▼内容

ウコギ科の仲間


ウコギ科の仲間の一覧はこちらから
スポンサードリンク
管理用リンク
管理用