パンジーゼラニウムの育て方

MENU
TOP>フウロウソウ科>パンジーゼラニウム
スポンサードリンク

パンジーゼラニウム(スプレンデッドゼラニウム)

パンジーゼラニウム
科名フウロウソウ科
属名ペラルゴニウム属
学名Pelargonium Splendide
別名スプレンデッドゼラニウム
みずやり水控え目
場所季節による
難易度上級者向け
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
開花
植え
肥料
スポンサードリンク

栽培の特徴

パンジーゼラニウムはゼラニウム(ゼラニューム)の仲間で、花がパンジーに似ていることから、「パンジーゼラニウム」と呼ばれます。スプレンデッドゼラニウムで流通することもあります。
俗に言うゼラニウムやペラルゴニウムと育て方は同じ。本来は多年草で毎年花を咲かせます。ただ、夏の暑さに非常に弱く、夏越しが難しい。春や秋に出回って、夏に枯れるというのがよくあるパターン。また寒さにも弱いです。ただ室内で管理すれば越冬は出来ます。
参考:毎年咲く花は花屋さんが売らない?
花ガラと枯葉摘みを
花がしぼんだらマメにつむと次の花が咲きやすくなります。またしぼんだ花を放置しているとそれが腐り、病気の原因にもなります。枯葉も同様です。見た目も悪いですし、病気の原因になります。早めに取り除きましょう。花が咲いていない時期は興味がわきませんが、この時期も枯葉取りをしてください。
スポンサードリンク

水やりと肥料

多湿に注意
ゼラニウムやペラルゴニウムよりも、過湿に弱いので、水のやりすぎに注意します。水遣りのタイミングは「土が乾いてから」。少々乾燥するくらいなら問題ありません。水をやりすぎて根腐れする確率のほうがずっと高いです。水をやるときは鉢底からしっかりと染み出すくらいにやります。

水をやるときは、上からバシャーっと掛けるのではなくて、土に注ぐようにします。
冬は控える
冬は気温の低下とともに、生育が鈍り、水を吸い上げる力も落ちます。そこで冬は水を控えてください。土が乾いてから数日たって水をやる程度です。水をやりすぎると根が腐ります。
水をやるときは春から秋同様に鉢底から出るくらいにやってください。頻度を減らしても水の量は減らしません。鉢が底浅だと乾燥しやすく根腐れしにくいです。
肥料
植え付け・植え替えのときに緩効性肥料を混ぜておきます。一般的な培養度には最初から緩効性肥料が入っているので、そのまま使ってください。
あとは春の生育期に液肥を二週間に一回程度やります。パンジーゼラニウムは「夏」に弱ります。この時期に肥料が残っていると、パンジーゼラニウムがさらに弱りやすくなるので、緩効性肥料ではなく液肥が便利です。
スポンサードリンク

植え付け・植えかえ・種蒔き

用土
一般的な培養度でもかまいませんが、これに軽石か川砂を一割混ぜたものが適しています。
植え替え
植え替えは春か秋に行います。植え替えるときは根を崩さないようにして、一回り以上大きな鉢に植え替えをします。頻繁に植え替えをするのではなく、出来るだけ大きな鉢に植え替えたほうが良いです。植え替えはパンジーゼラニウムにとってストレスとなり、そのダメージから回復するのに時間が掛かるからです。
植え付けをする鉢は浅いものが良いです。浅い鉢は土の量が少なくて済み、結果水はけがよくなり、パンジーゼラニウムにとって良い環境を作りやすいです。深い鉢でも水やりを調節すれば対応は可能です。
株を増やす
株分けは一般的ではなく、挿し芽で増やします。挿し芽の適期は4月から5月。この時期に切った芽を土に挿していると、発根し株が増えます。
スポンサードリンク

管理場所・日当たり

春と秋は出来るだけ日当たりで管理します。夏は涼しい半日陰で、冬は室内の日当たりです。パンジーゼラニウムは夏の高温多湿に弱く、霜にあたると枯れます(一発で枯れなくても何回か霜にあたると枯れます)。

また雨に長く当たると腐りやすいので、栽培に適した春や秋でも庭植えには適していません。鉢植えで季節ごとに管理場所を変えるようにします。
●一年中、雨よけをするか、雨の当たらない軒下などで管理する。雨にあたると腐る。

特徴・由来・伝承


葉っぱが毛に覆われていて、モフモフしています。これが高温多湿に弱い原因かも。

南アフリカ原産のトリコロル種とオウァーレ種の交雑種。多年草で潅木。自生地では25センチくらいの「木」になります。
スポンサードリンク

不具合報告はこちら

情報が間違っている場合は報告をお願いします。
▼内容

スポンサードリンク
管理用リンク
管理用