用土とペーハーの一覧

MENU
使い方
TOP>雑学>用土
スポンサードリンク

概要

この項目の修正・提案をする
自分でも書いてて訳が分からなくなることがあるので、一覧でまとめておかないといけないな、と思いました。
参考:ペーハーと植物

用土とPHの一覧

この項目の修正・提案をする
名称ph備考
赤玉土5~6弱酸性
鹿沼土4~5強酸性
腐葉土6~7中性
軽石中性
ピートモス強酸性中和処理したものもある
日向土(=ボラ土)5~6弱酸性
パーライト弱アルカリ
堆肥6~7中性
バーク中性
バーミキュライト6.5弱酸性
桐生砂6~7中性
蝦夷砂弱酸性
薫炭・木炭8~9弱アルカリ
ミズゴケ4.5~5強酸性
黒土5~6弱酸性
山砂5~6弱酸性真砂土のこと。
寒水砂アルカリ性飾り砂で栽培用ではない
ケト土弱酸性?
富士砂弱酸性
荒木田土5~6弱酸性
川砂6~7中性桐生砂のこと。
ゼオライト6~8中性

雑記

この項目の修正・提案をする
●植物は一般的に弱酸性か中性の土壌を好む。
●雨は空気中の二酸化炭素を吸収して「炭酸水」になって地上に降るため、土は徐々に自然と「弱酸性」になります。日本は比較的雨が多い地域なので、弱酸性になりやすい。
●大抵の植物は「弱アルカリを好む」と書いてあっても中性ならば問題ない。一般的な培養土は中和したものを売っているのでこれを利用すれば問題ない。
家庭菜園の野菜は酸性を嫌うので、植物は酸性を嫌うと思いがちですが、アルカリ性の方がむしろ駄目。大抵は弱酸性・中性なら問題ない。
●アルカリ性だと窒素成分をなくなってしまうので、成育しづらい。
ツツジ科植物などでは酸性の土でないと育たない。中性でもだめ。酸性の土を好む植物は酸性でないと肥料を吸い上げることができず枯れてしまう。
スポンサードリンク

不具合報告・質問などはこちら

情報が間違っている場合はお知らせください(「てにをは」のミスでも)。また、追加したほうがいいと思う情報、調べて欲しいこと、あなたが知っているけど書いていない情報など、感想、要望など下のフォームから投稿してください。 また投稿した文章はサイト内で使用することがあるので、そのことをご了承ください。
▼内容

用土の日記

雑学の仲間


雑学の仲間の一覧はこちらから
スポンサードリンク
管理用リンク
管理用