シロヤマブキの育て方

MENU
TOP>バラ科>シロヤマブキ
スポンサードリンク

シロヤマブキ(白山吹)

シロヤマブキ
科名バラ科
属名シロヤマブキ属
学名Rhodotypos scandens
別名白山吹
みずやり水を好む
場所外の日なた
難易度中級者向け
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
開花
植え
肥料
スポンサードリンク

栽培の特徴

落葉低木。樹高は2m程度。切花として利用されます。ヤマブキとは全くの別種。立ち姿が似ているので名付けられました。春の花が冬に結実して種子が出来ます。種子を撒くと発芽して株が増えます。
●花の寿命は短い。数日で落ちる。ただ果実は非常に長く残る。

水やりと肥料

庭植えした場合は、自然雨だけで十分です。ただしシロヤマブキは若干水気の多い状態を好みますので、水切れに注意します。
肥料
寒肥として二月に肥料をやります。堆肥・油粕など有機物を混ぜ込んであげます。

植え付け・植えかえ・種蒔き

肥沃な土を好みます。植え付けのときは腐葉土・バーク堆肥など有機物を入れて肥沃にしてから植えます。植え付け時期は10月から春までの中で真冬を以外。暖地ならば真冬でも大した寒さではないので植えつけても苗へのダメージは少ないのでOKです。
●鉢植えでも育てられます。
スポンサードリンク

管理場所・日当たり

寒さに強く、北海道から九州まで育てられます。

日当たりか半日陰の場所で、西日のあたらない場所を好みます。西日は熱いだけでなく、大抵の植物の光合成のピーク時間が午前中であり、西日は水分を取られるばかりで、植物の生育にとって良いものではないからです。

その他

病害虫はほとんどつかない。ウドンコ病がつくことがあるらしい。
切り戻し
シロヤマブキは古い枝は垂れ下がり、株元から勢いのある枝が伸びきます。4年か5年で古い枝ばかりになり、株が古くなってきます。そういうときはバッサリと根元まで切り戻してしまいます。すると株元から新枝が出て株が若返ります。
剪定
シロヤマブキは上記のように古い枝が増えてきます。何年かに一回バッサリと切り戻してもいいですが、毎年落葉時期に適当に古い枝をさばいてもOK。
●剪定時期は落葉時期の1月から2月か、開花後の5月です。
スポンサードリンク

特徴・由来・伝承


本州の中国地方の石灰岩地に自生する。自生しているものは絶滅危惧種。シロヤマブキ自体は全国の植物園などで見られる。朝鮮半島から本州に掛けて自生していることから、「日本と大陸が陸続きだった」証明でもある。
自生地で絶滅危惧となったのは、園芸目的による採取。
ヤマブキとは違う
シロヤマブキはバラ科シロヤマブキ属(一属一種)で、ヤマブキはバラ科ヤマブキ属。ちょっと違います。花びらの枚数も葉っぱの生え方も違います。白いだけかと思っていました。
スポンサードリンク

不具合報告はこちら

情報が間違っている場合は報告をお願いします。
▼内容

バラ科の仲間


バラ科の仲間の一覧はこちらから
スポンサードリンク
管理用リンク
管理用