ローズマリーの効能

MENU
TOP>雑学>ローズマリーの効能
スポンサードリンク

概要


ローズマリーの葉に含まれる成分は「モノテルペン炭化水素・カンファー・ボルネオール・シネロール・リナロール・ベルベノール・フェノール酸・カルノシン酸(ロスマリネシン)・トリテルペル酸・サポノサイド・タンニンなど」です。
血行がよくなる
ローズマリーには血行を促進する効果があり、それが「若返り」とか「脳活性」などの薬効を生んでいます。しかし、高血圧の人や妊娠中の人は、悪い影響がありますので、使用・摂取は控えないといけません。
薬効
集中力や記憶力の増進
抗菌
抗真菌
消化促進
抗酸化
老化防止
血行促進
スキンケア
ヘアケア
空気浄化など
スポンサードリンク

ローズマリーと記憶と脳

ローズマリーは強い香りがあり、脳が活性化します。シェークスピアのハムレットでオフィーリアが「いつまでも忘れないで」と渡したり、ロミオとジュリエットでもローズマリーが象徴的に登場します。

ただし、シェークスピアの時代のイギリスはエリザベス一世の時代で、このエリザベス一世が「ハーブ大好き女王様」でした。すると当然、ご機嫌をとるためにイギリスでハーブが一層重んじられます。シェークスピアがローズマリーやハーブを物語に取り込んだのは、そういう背景が大きいです。

実はそもそも「香り」には「記憶」を思い起こさせる性質があります。故郷の匂いや、昔嗅いだ匂いを嗅ぐと、その頃の思い出が蘇りやすいというのが心理学で証明されています。ローズマリーには記憶力を増進させる薬効があるのですが、そもそも香りそのものに記憶や脳に働きかける性質があるのです。
●脳の刺激になるので、時差ぼけにも効果がある。
●興奮するので、軽いうつ病なら和らぐ。
●受験勉強や仕事の集中力アップにも。
●アルツハイマーの症状の緩和にも効果がるとも。

抗酸化力・ハンガリーウォーター


ローズマリーには活性酸素を抑制する「抗酸化の薬効」があります。化粧水などで塗るだけで無く、食べたり飲んでも効果があります。
ハンガリ水
ローズマリーとアルコールを蒸留したリキュールの一種。ハンガリーと名が付いていて、ハンガリー王妃由来のリキュールと言われるのですが、無関係ではないかと言われています。
●神経痛だった女王がこのハンガリーウォーターで病気が治り、若さを取り戻してポーランドの王子にプロポーズされた、という伝承があります。史実かどうかは疑問。あ、結婚は史実ですよ。

一方、ドイツの「ヒルデガルト・フォン・ビンゲン」という修道女で医学・薬草学の祖で作曲家でもある女性によって、生み出されたとも言われています。

まーヨーロッパにローズマリーは生えていますけども、ローズマリーはそもそも地中海の植物ですから、ビンゲンが発明したとしても、そもそもハンガリーで無くとも、他の地域で原型みたいなものがあって、それを整えたのがビンゲンで、名前がハンガリーウォーターになったんじゃないかと個人的には思っています。

このハンガリーウォーターは若返りの水と言われています。

アレルギー

ロズマリン酸が抗菌作用・抗ウィルス作用があり、花粉症などのアレルギー症状を和らげる効果があります(症状をやらわげるだけで治療ではないです)。

血行を促す

血行が良くなります。なんで血行が良くなるかっていうと、心臓がドクドクと強く脈打つようになるからです。筋肉痛・筋肉疲労に効果があります。記憶力の増進や脳が活性されて集中力がアップするのもこれが理由です。ただし、それがよくないこともあります。

ローズマリーを含んだシャンプーで洗うとフケが無くなり、抜け毛が減り、育毛にも効果があります。
●興奮し、血行が良くなりすぎるので、高血圧の人はローズマリーはダメ。
●妊娠中の人もダメ。授乳中もダメ。
スポンサードリンク

SNS Button

TWEET Facebook はてブ Google+ Pocket

雑学の仲間


雑学の仲間の一覧はこちらから
管理用リンク
管理用