サボテンの育て方

MENU
TOP>サボテン科>サボテン
スポンサードリンク

サボテン(仙人掌・覇王樹・シャボテン)

サボテン
科名サボテン科
別名仙人掌・覇王樹・シャボテン
みずやりたまにやる程度
場所日の当たる室内
難易度中級者向け
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
開花
植え
肥料
スポンサードリンク

栽培の特徴


水のやりすぎに注意!
サボテンは乾燥に強いのですが、成長が遅いので水をやり過ぎると根が腐ってしまいます。

意外と育てるのは難しい
サボテンは手間がかからず、育てやすい…というイメージがありますが、水のやりすぎで腐らしたり、逆に水をやらなさすぎてミイラ化したりと、意外と初心者は管理に苦慮します。

管理場所は
日当りのいい、雨の当たらない場所。戸外に置く場合は屋根のある場所か、ビニールなどで雨除けをしてやるといいですが、面倒です。
冬は室内の日の当たる場所に置いてください。
まとめ
●サボテンは水加減が初心者には難しい。
●品種によって育て方が違うので、品種が分かるようにラベルは絶対に捨てない。
●水をやりすぎて枯らす。水は控える。

水やりと肥料

水をやりすぎると枯れてしまいますが、水が不要な植物というわけではなくて、水はしっかりと必要です。
水やりは控えめに
春~秋に生長しますので、春~秋は、土が乾いて2、3日経ってから(大体二週間に1回程度)、水をやってください。水をやるときは鉢底から水が漏れるくらいにしっかりとやってください。ただし、受け皿をしていて、そこに水が溜まっていたら必ず水を捨ててください。
冬は水を控えて
冬は成長が鈍くなりますので、水を頻繁にやると枯れてしまいます。目安は一ヶ月に1回程度。土がちょっとでも濡れているようであれば、水はやらないでください。
●真夏に生育が止まる品種もあります。品種名で育て方を調べましょう。
●品種の書いたラベルは絶対に捨てない。


水やりが微妙で難しい
水をやらなくていい、育てるのが簡単、というのは誤解です。実は意外と水の具合が難しく、初心者が挑戦すると枯らしてショックを受けます

水やりの極意
鉢を持ち上げて、その重さを覚えるようにします。表面上は土が乾いていても、内部に水がしっかりと残っていることがあります。重さを覚えることで、軽いから水をやる、重いからまだやらないと判断できるようになると失敗が減ります。
もしくは、割り箸を刺して濡れているかどうかで判断します。

サボテンには二種類ある
サボテンは冬に休眠するタイプと夏に休眠するタイプがあります。詳細はサボテン各品種で違いますので、詳細は省き、簡単に説明します。夏休眠タイプは夏に水をやるとすぐに腐ってしまいます。水は一切やらないで半日陰で管理します。冬休眠タイプは上記にあげた水遣りで構いません。
スポンサードリンク

植え付け・植えかえ・種蒔き

あまり大きな鉢に植え替えない
サボテンを大きな鉢に植え替えると、水やりの水が土に残りやすくなって、根ぐされの原因になります。植え替えるときは本体より一回り大きい程度に抑えてください。
用土はサボテンの専用土を利用します。

管理場所・日当たり

日のあたる場所で雨が当たらない場所が適しています。そんな場所がない場合は室内の日当たりへ。出来るだけ日光にはあててください。
寒さにも強い場合は冬も戸外で越冬しますが、室内で管理するのが無難です。
●品種によっては寒さに当てると花が咲くものがあります。(というか寒さに当てないと花が咲かない)
●品種のラベルは絶対に捨てない。

その他

サボテンにはカイガラムシが付くことがあります。カイガラムシは見つけたら早めに駆除してください。幼虫のときは殺虫剤が効きますが、成虫になると薬品が効きづらくなります。
種類
サボテンにはすばらしい数の品種があり、ここでは書ききれないので、属名だけでも書いておきます。後で記事を追加してまとめようと思っています。

スクレロカクタス属
ストロンボカクタス属
スルコレブチア属
セレウス属
ソエレンシア属
ソリシア属
ツルビニカルプス属
ディスコカクタス属
テロカクタス属
トリコセレウス属
ドリコテレ属
ナバヨア属
ネオバクスバアミア属
ネオポルテリア属
ノトカクタス
パキセレウス属
パロジア属
ピルホカクタス属
ピロソセレウス属
フェロカクタス属
フライレア属
ブラジリカクタス属
ペディオカクタス属
ヘリアントセレウス属
ペイレスキア属
ペレキフォラ属
ホマロケファラ属
ポラスキア属
ホリドカクタス属
マツカナ属
マミロプシス属
マミラリア
ミルチロカクタス属
メロカクタス属
ユーベルマニア属
リッテロセルス属
レウクテンベルギア属
レブチア属
ロビビア属
ロホホラ属
ワインガルチア属
スポンサードリンク

特徴・由来・伝承

日本に持ち込まれた際に、その樹液を石鹸として使っていたために「シャボン(石鹸)」→シャボテン→サボテンと呼ばれるようになったと言われています。

多肉植物全般を指して「サボテン」と呼ぶことがあります。

ところで最近、電磁波を吸収する電磁波サボテンというのを見かけますが、電磁波を吸収する性質が本当にあるかどうかという科学的根拠も学術的論文もありません。

水を必要としない、というのは誤解であくまで水を蓄える能力が高いだけで、水をやらずに放置していると枯れます。あくまで乾燥に強いだけです。あと意外と花が咲きます。環境さえ整えば難しくありません。
スポンサードリンク

不具合報告・質問などはこちら

情報が間違っている場合は報告をお願いします(「てにをは」のミスでも)。また、質問や提案などなんでも投稿してください。 また投稿した文章はサイト内で使用することがあるので、そのことをご了承ください。
▼内容

サボテンの関連記事

サボテン科の仲間


サボテン科の仲間の一覧はこちらから
スポンサードリンク
管理用リンク
管理用