トレニア・クラウンの育て方

MENU
TOP>ゴマノハグサ科>トレニア・クラウン
スポンサードリンク

トレニア・クラウン

トレニア・クラウン
科名ゴマノハグサ科
属名ツルウリクサ属
みずやり水を好む
場所外の日なた
難易度初心者向け
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
開花
植え
肥料
スポンサードリンク

栽培の特徴


育て方はトレニアを参考にしてください。
春から夏、秋までのガーデニング材。草丈が低い。
まとめ
●乾燥に弱い。
●水切れに注意。
●水切れするようならば、夏は半日陰に移動させる。
花ガラを摘む。
●春は1日一回、水をやる。
●夏は朝と夕方の二回、水をやる。
●昼間は水をやらない。
●生育期は肥料をやる。
●半日陰でも日向でも育つ。
●夏の直射日光にも葉焼けはしないが、乾燥でカリカリになったり、色が褪せたりするので、その場合は半日陰に移動する。

水やりと肥料

トレニアは乾燥に弱く、水切れを起こしやすいです。
比較的他のガーデニング植物よりも、多少ジメジメした環境を好みます。水が切れるとシオシオのカラカラになってしまいます。春は毎日、晴れたら一回水をやります。夏は朝(午前中)と夕方の二回、しっかりと水をやります。昼間に水をやると、水が沸騰して根を傷めます。
西日に注意
特にプランターなどは横から日が当たって蒸発が激しく、乾燥気味になります。特に西日が当たると乾燥します。あまりに水やりが追いつかない場合は、真夏だけ半日陰や日陰に移動してください。
●西日に弱いのはあくまで「乾燥」を引き起こすから。トレニアは直射日光に強く、真夏でも葉焼けはしない。

肥料
一週間に一回、液体肥料をやります。肥料が切れると花が止まります。チッソが多い肥料は避けてください。チッソが多いと葉っぱばかりが茂って花が咲かないです。
スポンサードリンク

植え付け・植えかえ・種蒔き



水はけのよい土を好みます。赤玉土腐葉土3を混ぜたものか、市販の花と野菜の土を植え付けします。市販の培養土が簡単で結局、安上がりです。

庭植えする場合、酸性土壌を嫌うので苦土石灰を混ぜて中和して、腐葉土を混ぜ込んでから植え付けをします。

管理場所・日当たり

半日陰でも日向でも
耐陰性があって、少々の日陰でも育ちます。半日陰でも花はちゃんと咲いてくれます。でも、日当たりが悪いと悪い分だけ花つきが悪くなりますので、出来るだけ日当たりで育てます。真夏の直射日光でも葉焼けしない強い子です。ただし、あんまり高温になると…例えばコンクリートの照り返しがあるとか…それはもうトレニアどうこうではなくて、植物の育つ環境ではありませんから、そう言う場所でしたら移動させてください。

その他

花ガラをつむ
トレニアは花が終わるとしぼんで、ポロリと落ちます。その花の終わったものを花ガラと呼びます。花ガラを放置していると病気の元になるかもしれませんし、何よりみっともないので、摘んでしまいます。摘む時は花びらだけでなく花を摘みます。
また、花が終わると株は種子を作ろうとして、エネルギーをそちらに回し、次の花が咲きづらくなりますので、花ガラをちゃんと摘むことで次の開花が促進されて、どんどん咲きます。

ただ、夏の作業になります。日射病にきをつけて、健康を優先しましょう。

特徴・由来・伝承

這性のトレニアで、大株に育つ新しいガーデニング品種。真っ白い花弁にピンクと黄色い模様の入っています。トレニアとしては珍しい色合いです。
種での販売が主でしたが、苗モノも出てきていますので、苗から庭にしたほうが簡単に楽しめます。
スポンサードリンク

不具合報告・質問などはこちら

情報が間違っている場合は報告をお願いします(「てにをは」のミスでも)。また、質問や提案などなんでも投稿してください。 また投稿した文章はサイト内で使用することがあるので、そのことをご了承ください。
▼内容

ゴマノハグサ科の仲間


ゴマノハグサ科の仲間の一覧はこちらから
スポンサードリンク
管理用リンク
管理用