フランネルフラワー・ホワイトフェアリーの育て方

MENU
TOP>セリ科>フランネルフラワー・ホワイトフェアリー
スポンサードリンク

フランネルフラワー・ホワイトフェアリー

フランネルフラワー・ホワイトフェアリー
科名セリ科
属名アクチノータス属
学名Actinotus helianthi L
みずやり水控え目
場所外の日なた
難易度上級者向け
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
開花
植え
肥料
スポンサードリンク

栽培の特徴


秋から春に楽しんで、夏には枯れる
直射日光の当たる場所で管理すれば、長い間楽しめます。フランネルフラワーホワイトフェアリーは寒さに強いのですが、暑さに弱く、また酸性の土でないと枯れてしまうので、寒冷地以外では夏には枯れてしまいます。本来は多年草で、条件さえ揃えば花がよく咲く嬉しい花です。
終わった花は摘んでください
終わった花を摘んでやると、次のつぼみが出てきますので、出来れば、花ガラを毎日摘んでやってください。

中心部が緑の白い花→花の中心が茶色に→花びらが黄色に→花が散って種を作る
という順番で花は枯れますので、花びらが黄色になってきたら茎から切り取ってください。

●雨は避けてください。乾燥気味を好む植物です。
スポンサードリンク

水やりと肥料

水はけのいい土に植えなくてはいけないので、水やりは小まめにやらないといけません。水はけの悪い土に植えると、蒸れて枯れやすいので気をつけてください。

水切れが分かりずらい
水が不足して、葉っぱがダラリとなっても、水をやれば割と復活するので諦めずに水をやってください。ただ、フランネルフラワーは日頃から葉っぱが若干ダラリとしているので、わかりづらいかもしれません。出来れば毎日観察して、どの状態が健康がチェックしておくといいでしょう。

水やりのコツ
鉢植えの場合、毎日鉢を持ち上げて重さを覚えておきます。これで水が切れたかどうか判断します。

3週間か二週間に1回液肥を上げます。
スポンサードリンク

植え付け・植えかえ・種蒔き

酸性の土でないと枯れます
フランネルフラワーは「酸性の土」でないと枯れてしまいます。水はけのいい、酸性の土、でないといけないので、普通の土で植えると確実に枯れます。そこで同じような条件を好むブルーベリーの土・サツキツツジの土を代わりに使うと便利です。

徐々に酸性の土が弱酸性に
徐々に酸性度が下がってきて株が弱ってきます。そこで酸性の土で毎年植え替えてやります。

管理場所・日当たり

日光を好みます。秋から春までは戸外の日当たりで管理します。

夏は半日陰か日陰へ
夏の高温に弱く、枯れてしまいますので、夏は半日陰か日陰に移動させます。

その他

樹形が乱れてくる8月に蒸れ対策を兼ねて切戻しをします。枝の先から5センチほど切ります。新しいツボミが出やすくなりますので2ヶ月くらい経つと、切る前よりずっと大きくなります。
スポンサードリンク

特徴・由来・伝承

フランネルのような質感であることからフランネルフラワーと呼ばれるオーストラリア原産の多年草です。
スポンサードリンク

不具合報告はこちら

情報が間違っている場合は報告をお願いします。
▼内容

セリ科の仲間


セリ科の仲間の一覧はこちらから
スポンサードリンク
管理用リンク
管理用