オレガノの育て方

MENU
TOP>シソ科>オレガノ
スポンサードリンク

オレガノ(ハナハッカ・花薄荷)

オレガノ
科名シソ科
属名ハナハッカ属
別名ハナハッカ・花薄荷
みずやり水を好む
場所外の日なた
難易度中級者向け
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
開花
植え
肥料
スポンサードリンク

栽培の特徴


頑健で育てやすいハーブですが、夏の多湿に弱い
オレガノは耐寒性がありますが、その反面、夏の湿気に弱く、梅雨から夏に掛けては注意が必要です。この時期は雨が当たらない場所に移動させるか、元々風通しのいい場所に植えておくかしましょう。
冬は霜に注意
耐寒性があるといっても霜や雪には弱いので、霜が降りる地域では冬は室内に取り入れるか、軒下などの霜の当たらない場所で管理してください。
葉がよく茂るのに病気
オレガノはこれといった手入れも必要でないので、環境が合えば毎年咲いてくれます。春から夏にかけてよく茂るのですが、その旺盛な繁茂が原因で風通しが悪くなり、葉っぱが蒸れて腐ってきます。梅雨前に切り戻しをして、風通しをよくしましょう。

水やりと肥料

水のやりすぎに注意
水は年中乾燥気味が好ましいです。乾燥には比較的耐性があり、湿気に弱いです。梅雨などは雨が当たらないようにしてください。水が多いと腐ってしまいます。
肥料は控えて
オレガノは肥料をあまり必要としません。肥料を多く与えると香が少なくなったり、茎がヒョロヒョロと長く伸びて風で倒れやすくなったり、枯れることもあります。肥料は控えめにしてください。

植え付け・植えかえ・種蒔き

種を撒く場合は春と秋に撒きます。植える場合は梅雨と夏を避けた春と秋に植えます。オレガノを種から撒いた場合は一年目には花が咲きません。花が咲き種を収穫できるようになるのは二年目以降です。
根詰まりで株が弱る
数年育てていると根詰まりを起こします。鉢植えから根っこがはみ出ているようであれば、植え替えを考えてください。オレガノは根の張りが早く、鉢植えの場合は毎年植え替えをします。用土はハーブ用の土を利用します。
スポンサードリンク

管理場所・日当たり

オレガノは日当たりか半日陰で育てます。日当たりの方が香りが強くなりますし、よく茂りますが、真夏の多湿・蒸れを思うと風通しの方を優先した方が賢明。鉢植えならば移動が可能なのでその都度、場所を変えます。

その他

環境に合うか合わないか?
そこが問題だ

オレガノは気候があう地域だったり、環境の合った庭の場所さえあれば楽です。手間もかからず、フォルムもかわいい。大きくなりすぎることも無い。オレガノ・ケントビューティーなど人気の植物ですから、何度と無く挑戦する人は多いですが、「何回か挑戦したらあきらめる」と決めてから取り掛からないとストレスになります。まぁ、場所を代えて三回くらいでしょうね。参考までに。

特徴・由来・伝承

シソ科のハーブ。寒さには強い多年草。ただ夏の高温多湿に弱く、この時期に枯れることが多いです。
名前の由来
オレガノという名前はギリシャ語で「山の喜び」を意味する言葉「オロス・ガロス」が由来。和名はハナハッカ。植物そのものよりも香が有名で、オレガノという言葉は植物ではなく、その香を指していることが多いです。
古くから利用されるハーブ
オレガノのハーブティーには頭痛や葉の痛み、生理痛を和らげる鎮痛作用があるといわれています。エジプトでは古くから入浴後にオレガノの精油でマッサージをするなどしてこのハーブの効用を利用していました。ヨーロッパには中世以降に伝わり、花束や匂い袋などに利用しました。

花も美しいですが、葉っぱの色合いを楽しむものが最近は流通しています。
スポンサードリンク

不具合報告・質問などはこちら

情報が間違っている場合は報告をお願いします(「てにをは」のミスでも)。また、質問や提案などなんでも投稿してください。 また投稿した文章はサイト内で使用することがあるので、そのことをご了承ください。
▼内容

オレガノの関連記事

シソ科の仲間


シソ科の仲間の一覧はこちらから
スポンサードリンク
管理用リンク
管理用