ポニーテールの育て方

MENU
TOP>リュウゼツラン科>ポニーテール
スポンサードリンク

ポニーテール(トックリラン・ノリナ)

ポニーテール
科名リュウゼツラン科
別名トックリラン・ノリナ
みずやり水控え目
場所日の当たる室内
難易度初心者向け
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
開花
植え
肥料
スポンサードリンク

栽培の特徴

日光を好みます。日光が不足すると葉っぱの色が悪くなり、艶がなくなりますので気をつけてください。室内で管理すると明るい方にポニーテールが伸びようとして幹が曲がってしまいます。ポニーテールは根元がドッシリとしているので、ひっくり返ることはありませんが、不恰好だと思ったら、時おり鉢を回して曲がらないように調節してあげます。

水やりと肥料

乾燥に強い植物ですので、土が乾いてから水をしっかりとあげてください。ただ水が不足してくると葉っぱが枯れてきますので、その場合は水やりの頻度を増やしてください。
冬は水を吸い上げる力が落ちますので、土が乾いてから数日たって水をやってください。

植え付け・植えかえ・種蒔き

鉢底から根がはみ出しているようであれば、植え替えが必要です。ポニーテールは形状が特殊なので、植え替えるに当たって鉢植えの口がポニーテールの株より一回りか二周りか大きいものを探さないといけません。
ポニーテールを大きな鉢に植え替えると、どんどんと大きくなります。室内で育てている場合、それが邪魔にならないかどうか考えて植え替えましょう。大きくなって困る場合は、同じ大きさの鉢に新しい土で植え替えてください。
スポンサードリンク

管理場所・日当たり

意外と寒さに強く耐寒温度は3度です。観葉植物としては寒さに強いほうですが、当然霜に当たると枯れますので、春~秋にかけて戸外で管理していた場合も霜が降りる前に室内に取り込んでやら無くてはいけません。

その他

春以降は秋までは戸外で管理することも出来ます。日光があたると葉っぱの色もよくなりますし、生育も良くなります。ですが、室内から球に日差しの強い戸外に出すと傷んでしまいますので、まずは明るい日陰で一週間、半日陰一週間、そして日当りへと移動させて慣らしてください。

特徴・由来・伝承


ポニーテールはトックリランの中でも根元が膨らんでいないものです。ポニーテールとトックリランは同じ種類の植物で、トックリランの幹を挿し木して作ったものです。挿し木して作ると根元があまり膨らみません。よってポニーテールはトックリランよりも乾燥に弱い蛍光があります。
葉っぱの生える部分に着目してポニーテール。幹の根元のふくらみに着目してトックリラン、と呼ばれる観葉植物です。トックリランの幹は文字通りトックリのように膨らんでいて、これは水分を貯蔵する機能を持っています。そのため乾燥に強く、反面過湿に弱いです。水をやり過ぎると腐って枯れてしまいます。
ノリナという別名は旧属名がノリナだった名残です。
スポンサードリンク

不具合報告はこちら

情報が間違っている場合は報告をお願いします。
▼内容

リュウゼツラン科の仲間


リュウゼツラン科の仲間の一覧はこちらから
スポンサードリンク
管理用リンク
管理用