ナスタチュームの育て方

MENU
TOP>ノウゼンハレン科>ナスタチューム
スポンサードリンク

ナスタチューム(金蓮花・キンレンカ)

ナスタチューム
科名ノウゼンハレン科
学名Tropaeolum majus
別名金蓮花・キンレンカ
みずやり水控え目
場所外の日なた
難易度初心者向け
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
開花
植え
肥料
スポンサードリンク

栽培の特徴


春に苗を植えて、初夏から秋にかけて花を楽しんで、冬には枯れて無くなる一年草です。比較的乾燥している状態を好みます。水をやりすぎると蒸れて痛んだりします。
花ガラを摘んでください
花がしぼんだものを花ガラと呼びます。ナスタチュームはしぼんだ花に種子をつけようとしてそちらに栄養をまわします。花ガラをそのままにしておくと次の花が咲きにくくなります。
こぼれダネで翌年も
こぼれダネで翌年も芽を出すことがあります。
まとめ
●見た目に反して乾燥気味を好み、過湿だと腐る。
●夏の暑さに弱いが、夏を越すと秋にまた咲く。
●育てるのは簡単。普通の土に植えて、普通に水をやればいい。
●こぼれダネで翌年咲く事もあるが、基本的に一年草扱い。

水やりと肥料

見た目に反して乾燥を好む
ウネウネというかヒョロヒョロというべきか、ひ弱そうに見えるナスタチュームですが、実は過湿を嫌い、乾燥を好みます。
水は土が乾いてから
土が乾いていたら水をたっぷりとあげます。ナスタチュームはどちらかというと乾燥を好む植物で、水をやり過ぎると根腐れを起こしたり、葉っぱが蒸れて腐ってしまいます。葉や茎がグズグズになっていたら、水のやり過ぎや葉の茂りすぎによる蒸れを疑ってください。土が濡れているうちは水はやらないようにしましょう。
肥料は不要
肥料はほとんどあげません。花が咲いている時期に液体肥料を月に一回程度あげます。肥料をあげすぎると葉っぱが茂りすぎて花が少なくなり、真夏になると葉の茂りすぎで風通しが悪くなって傷みの原因になります。
スポンサードリンク

植え付け・植えかえ・種蒔き

水はけのいい土に植えます。市販の培養土をそのまま使うか、市販の培養土に赤玉土を一割ほど混ぜて水はけを良くしてから植えるといいです。

管理場所・日当たり

日光を好むが夏の蒸れに弱い
日光を好み、日が少ないと葉っぱがひょろ長く伸びてひ弱になり、花が付かなくなります。日の当たる場所を選んで植えてください。ですがナスタチュームは真夏の直射日光と暑さで蒸れて傷んでしまいます。出来れば真夏だけは半日陰に移動したり、ヨシズなどで日を遮光してやると良いですが、よほど環境が悪くない限りは生育が衰えて花が咲かなくなっても枯れることはありません(地域や環境によります)。枯れずに夏を越えれば、夏の暑さで株が弱っていたナスタチュームも秋以降涼しくなれば復活してもう一度花を咲かせてくれます。

特徴・由来・伝承

柔らかな葉っぱに色鮮やかな花を咲かせるツル性植物。背が高くならないのでグランドカバーに使われたり、ツル性で長く伸びるので、ハンギングに使われたりと春から秋に掛けて庭を彩る園芸植物です。

最近では食べられる植物として、エディブルフラワーという扱いを受けることがあります。葉っぱや花、実を食べることが出来ます。葉っぱや花はサラダに入れて、実は摩り下ろして薬味にします。
スポンサードリンク

不具合報告・質問などはこちら

情報が間違っている場合は報告をお願いします(「てにをは」のミスでも)。また、質問や提案などなんでも投稿してください。 また投稿した文章はサイト内で使用することがあるので、そのことをご了承ください。
▼内容

スポンサードリンク
管理用リンク
管理用