ベゴニアセンパフロレンスの育て方

MENU
TOP>シュウカイドウ科>ベゴニア
スポンサードリンク

ベゴニア(四季咲きベゴニア・センパフロレンス)

ベゴニア
科名シュウカイドウ科
属名シュウカイドウ属
学名Begonia
別名四季咲きベゴニア・センパフロレンス
みずやり水控え目
場所外の半日蔭
難易度中級者向け
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
開花
植え
肥料
スポンサードリンク

栽培の特徴


ベゴニアセンパフロレンス
ここで書かれているのはベゴニアのセンパフロレンスです。本来は多年草ですが、一般的には秋には枯れる一年草扱いの植物です。
●厳密な意味ではベゴニアには沢山の種類があります。センパフロレンスはガーデニングの定番です。
●センパフロレンスといっても、花色もたくさんあり、八重咲き、銅葉(ブロンズ色というか茶色の葉っぱ)などあります。
●銅葉はおしゃれ。でも銅葉を嫌う人もいます。銅葉は夏場になると色が薄くなり緑がかってきますが、季節的なもので気にすることはありません。
夏の暑さにも強い定番ガーデニング材
ベゴニアは、よく学校の花壇に植えられているように、強い植物で、コンクリの照り返しにも耐えます。ベゴニアは葉っぱは分厚く、少々の水切れもなんのその。出来れば葉っぱに水が掛からないように水やりをして欲しいですが、気にしない人は気にしません。傷むよりも生育スピードが速いからです。
ローコスト・ローメンテナンス
苗が大量に流通していて安い。その上、手間が掛からない。大きくなりすぎず、病気に強く、暑さに強く、花も良く咲く。葉っぱがテカテカして気持ち悪いと嫌う人もいますが、なんだかんだいっても、夏・秋のガーデニングでは外せない定番です。

水やりと肥料


乾燥に強く、水のやりすぎに注意
ベゴニアの葉っぱが肉厚なのを見れば分かるように、保水力があるので、水をやりぎると腐って枯れてしまいます。

水が切れかけると葉っぱが光沢を持ってくるので目安にしてください。水遣りはベゴニアの葉がテカテカになってからやっても大丈夫です。

ベゴニアの葉は水に弱い
葉っぱに水が掛かると葉っぱがグズグズに腐ってきます。そこで水をやるときは、上からバシャーっと掛けるのではなくて、土に注ぐようにやってください。
ま、あんまり気にしないでも
ただ、春~夏の生育時期は成長スピードが速く、水の蒸発量も多いのであまり気にしません。鉢植え管理の場合、受け皿に溜まった水は捨てて下さい。根腐れの原因になります。
気温の上昇とともに水やり頻度増やしていきます。あくまで土が乾いたら水をやるという程度です。水をやりすぎると根が腐ってしまいます。
生育スピードも上がり蒸発量も多いので、水やりは毎日行います。鉢植えの場合は1日二回、朝と夕方にみずをやります。昼に水をやらないのは水が沸騰して根を傷めるためです。
気温の低下にあわせて水やり頻度も減っていきます。
霜に当たると枯れてしまう一年草として管理することが多いですが、鉢植え管理にして室内に取り込めば春にはまた花を楽しめます。ですが冬は成長スピードが落ちています。土が乾いてから数日たって水をやる程度に控えて下さい。受け皿に溜まった水は捨てて下さい。

肥料
花が咲いている春から夏は液体肥料を一週間に1回程度か、緩効性肥料を一ヶ月に一回ほどあげてください。肥料が無くても枯れることはありませんがあったほうが花付が良いです。
スポンサードリンク

植え付け・植えかえ・種蒔き

春先にHCや花屋さんなどにベゴニアの苗が出回りますので、これを植えます。ベゴニア・センパフロレンスは冬には枯れるので、庭植えでも鉢植えでも便利な方で。
用土は普通の培養土
市販されている花と野菜の土で植え付けをします。最近はベゴニア専用土も見かけます。専用土は通常の培養土よりも水はけがよくしてありますが、普通の培養土で十分です。

何処に植えても大丈夫です。冬越しをするのならば鉢植えにしないといけません。
●センパフロレンスは挿し木・挿し葉で増えるが普通はしない。

管理場所・日当たり

日当たりで育てます
ベゴニアは日当たりを好みますが、少々日当たりが悪くても生育は大丈夫です。品種によっては葉焼けを起こすことがありますが、ここで扱っているベゴニア(センパフローレンス)は、真夏の暑さに耐える夏の庭には貴重なガーデニング材です。
●日光が少ないと花つきが悪くなります。花が咲かないベゴニアセンパフロレンスはみすぼらし過ぎ。
●センパフロレンス以外のベゴニアの場合、葉焼けすることがあります(レックスベゴニアやリーガスベゴニアなど)。その種類の育て方を参考にしてください。
●ベゴニアは品種が非常に沢山あります。「ベゴニア館」としてベゴニアだけを栽培展示する植物園もあるくらいです。品種によって求める環境がかなり違います。
●ここで書かれているのは画像の「センパフロレンス」だけです。
半日陰・日陰なら植えない方がいいです
半日陰ではなく、夏の暑さで庭の花が休んでしまいがちな日当たりで管理した方が得です。
スポンサードリンク

その他

ベゴニアはほとんど病気にかかりませんが、多湿・風通しが悪い・日当たりが悪いなどの条件が重なると、灰色カビ病やウドンコ病になります。逆に言うと日当たりが良くて風通しが良くて、水のやりすぎじゃなければ、病気は発生しません。

仮にベゴニアが病気になってきたら、病気箇所を切除し、廃棄、消毒します。病気が治まらないときは、かなり大胆に刈り込みます。ほとんど葉っぱがなくなっても、しばらくすると復活します。

特徴・由来・伝承

名前の由来は植物学に精通していたフランス領アンティル諸島総督ミシェル・ベゴン。植物学者シャルル・ブリュミエールがベゴニアを1700年に書物の中で紹介しました。そのブリュミエールをフランス王ルイ14世に紹介したのがミシェル・ベゴンです。

●木立性(センパフローレンスなど)・根茎性(レックスベゴニア)・球根性ベゴニアとありますが、ここでは一般的に流通している……木立性ベゴニア(四季咲き)について述べています。
●ちなみに北朝鮮の金正日が好んだ「金正日花」とは球根性の一品種。
●ベゴニアの仲間の葉っぱは全て左右非対称(アシンメトリー)。
スポンサードリンク

不具合報告・質問などはこちら

情報が間違っている場合は報告をお願いします(「てにをは」のミスでも)。また、質問や提案などなんでも投稿してください。 また投稿した文章はサイト内で使用することがあるので、そのことをご了承ください。
▼内容

ベゴニアの関連記事

ベゴニアの日記

シュウカイドウ科の仲間


シュウカイドウ科の仲間の一覧はこちらから
スポンサードリンク
管理用リンク
管理用