ゲンペイカズラの育て方

MENU
TOP>クマツヅラ科>ゲンペイカズラ
スポンサードリンク

ゲンペイカズラ(源平蔓・ゲンペイボク)

ゲンペイカズラ
科名クマツヅラ科
属名クレロデンドロン属
学名Clerodendrum thomasoniae
別名源平蔓・ゲンペイボク
みずやり水控え目
場所外の半日蔭
難易度中級者向け
TWEET Facebook はてブ Google+ Pocket
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
開花
植え
肥料
スポンサードリンク

栽培の特徴


生育サイクル
春から成長し夏に花が咲いて、冬になると寒さに当たって落葉することもありますが、また春には芽を吹きます。冬は室内で管理する方が確実です。鉢は夏に出回ります。
ツル性なので絡むものが必要
鉢植えの場合だとフェンス状のものに絡めています。植え替える場合はアサガオを巻き付ける行灯(アンドン)の支柱を用意して植え替えしましょう。
花が終わるとガクが紫に
花が終わると白かったガクが紫に色づきます。

水やりと肥料

土が乾いたら水をしっかりと
春から秋は土が乾いていたら水をしっかりとやります。春と秋は晴れた日は毎日、夏は毎日朝と夕方の二回、水をやります。過湿にすると根が腐りますので、土が濡れているのであれば水はやらないでください。
冬は寒さで休眠状態なので、葉っぱがあっても水は控えます。土が乾いてから数日経って水をやる程度に控えます。
市販の鉢は窮屈
店頭に売られているゲンペイカズラは地上部に対して若干小さい鉢に植えられているために、水切れが早いです。特に生育期は水の吸い上げの力が強いので注意しましょう。
春から秋に肥料
春から秋の生育期に緩効性肥料を二カ月に一回あげてください。
スポンサードリンク

植え付け・植えかえ・種蒔き

用土観葉植物の土で
水はけのよい土を好みます。市販されている観葉植物の土の利用をお勧めします。他の植物にも使えるので便利です。
植え替えは春に行います
鉢の底から根がはみ出していたり、水をやってもやっても水切れするようであれば植え替えをします。ほぼ毎年することになります。

管理場所・日当たり

霜に当たると枯れます
耐寒温度は5度。霜に当たると枯れる植物です。寒さに当たって落葉することもありますが、完全に枯死していなければ春にはまた芽吹きます(ただし霜や凍結にあうと枯れます)。
出来るだけ日当たりで管理
日光を好み、日当たりが悪いと花つきも悪くなります。しかし葉っぱに白い模様が入った品種は真夏の直射日光に葉っぱが焼けて変色することがありますので、真夏は半日陰に移動させてください。冬も出来るだけ日当たりで管理します。

特徴・由来・伝承

なにが源平か?
ゲンペイカズラのゲンペイは源氏と平家の源平です。ゲンペイカズラは熱帯アフリカ原産の熱帯性つる性植物で、他の植物にまきついて成長します。花のコントラストが印象に残る夏によく流通する植物です。
ゲンペイカズラの花は真っ白なガクと真っ赤な花から出来ていて、この紅白が源氏と平家をイメージすることからゲンペイカズラと名がつきました。
実は紅白歌合戦の紅白というのも源氏と平家から来ています。源氏が白旗を平家が赤旗を掲げて合戦をしたことからと言われています(紅白の由来に関しては諸説あります)。
クレロデンドロン=運命の木
学名のクレロデンドロンはギリシャ語で運命の木という意味です。
スポンサードリンク

SNS Button

TWEET Facebook はてブ Google+ Pocket

不具合報告はこちら

情報が間違っている場合は報告をお願いします。
▼内容

クマツヅラ科の仲間


クマツヅラ科の仲間の一覧はこちらから
スポンサードリンク
管理用リンク
管理用