リュウビンタイの育て方

MENU
TOP>リュウビンタイ科>リュウビンタイ

リュウビンタイ

リュウビンタイ
科名リュウビンタイ科
学名Marattiaceae
みずやり水を好む
場所室内
難易度中級者向け
TWEET Facebook はてブ Google+ Pocket
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
開花
植え
肥料
スポンサードリンク

栽培の特徴


観葉として楽しむシダ植物
ネットでも流通するシダ植物。ただしシダ植物の胞子がアレルギーを起こすことがありますので、注意してください。
スポンサードリンク

水やりと肥料

土が乾いていたら水をしっかりと、鉢底から染みだす位にやってください。リュウビンタイはシダ類で湿った環境を好みます。あまり乾燥させないようにしてください。
空気中の湿度が高い状態を好む
霧吹きで葉っぱや鉢に剥き出しになっている根塊にも水を掛けてあげてください。
受け皿の水は捨ててください
鉢に受け皿を敷いている場合、そこに水が溜まっていると腐って病気の元になりますので、必ず水を捨ててください。

植え付け・植えかえ・種蒔き

水はけのよい土を好み、花と野菜の土(培養土)ではなく、観葉植物の土で植え付けをします。植え替えは春から秋にかけて行います。もっとも適している時期は梅雨です。

管理場所・日当たり

自生地は山の中のジメジメした場所。岩に張り付いていたり、木の根本で生育しています。
室内の明るいところで
強い直射日光が当たると葉っぱが焼けてしまいますので、室内の明るいところで管理します。
冷暖房の風は当たらないように
冷暖房の風は乾燥しています。これが直に当たると乾燥でリュウビンタイが枯れてしまいます。直に当たらなければ大丈夫ですが、冷暖房を掛ける季節は霧吹きで水を掛けてあげてください。
耐寒温度は5度
耐寒温度は5度。暖地で無ければ冬は室内で管理してください。出窓は意外と夜間に寒くなりますので、最低気温がマイナス3度以下になる日は出窓ではなく室内の暖かい場所で管理してください。

特徴・由来・伝承

リュウビンタイはリュウビンタイ科のシダ類で、古代の雰囲気がある観葉植物としてよく流通しています。リュウビンタイは漢字で書くと「竜鱗」。花は咲きません。
スポンサードリンク

SNS Button

TWEET Facebook はてブ Google+ Pocket
管理用リンク
管理用