サンダーソニアの育て方

MENU
TOP>ユリ科>サンダーソニア
スポンサードリンク

サンダーソニア

nophoto
科名ユリ科
属名サンダーソニア属
学名Sandersonia aurantiaca
みずやり水控え目
場所外の半日蔭
難易度上級者向け
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
開花
植え
肥料
スポンサードリンク

栽培の特徴

生育サイクル
珍妙な塊茎からは想像の付かない愛らしい花。風で折れてしまいそうです。サンダーソニアの生育サイクルは春に植え付け、夏に咲き、秋には掘り上げて冬は日陰で保存しておいてまた春に植え付けるというものです。
庭植えの場合は必ず掘り上げます。鉢植えの場合はそのままで室内管理でもOK。
葉っぱが枯れるまではむしらないで
花が終わり、葉っぱだけが残りますが黄色く変色してしまうまでは切らないでください。その葉っぱで球根の翌年の栄養分を溜め込んでいます。切花にする場合も出来るだけ葉っぱを切らないようにします。
花は摘んでしまう
しぼんだ花はその後、種子が取れますが発芽率が悪く現実的ではないので、しぼんだら花は摘んでしまいます。種子が出来ると球根が弱り、翌年の花つきにも影響します。
夏の高温多湿に弱い
サンダーソニアは夏の高温多湿に弱く、夏は風通しのよい涼しい半日陰に移動させます。
スポンサードリンク

水やりと肥料

水のやりすぎに注意
サンダーソニアは過湿に弱く、水のやりすぎに注意して下さい。土が乾いてから水をやるようにします。
鉢植えの場合は植えっぱなしで冬に室内管理も
鉢植えだと植えっぱなしのままで、冬は室内に取り込んで管理する事も可能です。その場合は一切水をやらないでください。冬は休眠していて、水をやると腐ってしまいます。

植え付け・植えかえ・種蒔き

種子も取れるが発芽率が非常に悪い
種子が取れるのですが、このサンダーソニアの発芽率の悪さは有名です。花を摘まないでいると種子が出来て、あたりに飛び散ります。発芽率も悪いですが、種子から花が咲くまで成長するのに3年か4年掛かりますし、冬に掘りあげないと枯れてしまいます。また花後に種子が出来ると株が弱ります。一般的には球根で増やします。
用土水はけのよい特殊なもの
赤玉土腐葉土2川砂2という水はけの良い特別な配合の土を利用します。サンダーソニアの自生地の土は酸性なので赤玉土が鹿沼土になっても構いませんし、腐葉土がピートモスに成っても構いません。
球根の先から芽が出る
球根からヒョロっと伸びた足の先から芽が出ます。この咲が腐っていると芽が出ません。植えるときはこの先が上になるように、球根全体を横にして植え付けをします。芽は先のりょうほ
スポンサードリンク

管理場所・日当たり

日光を好む
春は日当たりのよいところで管理します。夏は高温多湿で弱ってしまうので、風通しのよい半日陰で管理するようにします。
雨の当たらないところで
梅雨の長雨に晒されると蒸れて枯れてしまいます。必ず軒下で管理するようにします。
庭植えの場合は冬前に堀り起こす
庭植えにした場合、そのまま植えっぱなしにしていると球根が枯れてしまいます。必ず掘りあげて、まず日陰で乾燥させてから、オガクズやバーミキュライトの中に入れて暖かい場所で管理します。
鉢植えの場合は冬に植えっぱなしで室内管理
鉢植えの場合は、植えたままで室内の暖かい場所で管理しておきます。水は一切やらないでください。

特徴・由来・伝承

原産地は南アフリカ。発見1851年。名前は発見者の「ジョン・サンダーソン」。ユリ科(イヌサフラン科)の球根植物。多年草。塊茎(カイケイ)。
切花としてよく流通しています。透明感のあるオレンジ色の提燈型の花がぶら下がっている様子は、他に見られない造形で、フラワーアレンジでもよく利用されます。とくに立ち姿が秀逸。クリスマス・ベル、チャイニーズ・ランタンリリーといった別名も。
流通量がまだ少ない
種子からなかなか出来ない、夏の高温多湿に弱いなどの理由もあって、サンダーソニアの球根はまだ流通量が少ないです(かなり増えた方ですが)。まだ一般的なガーデニング材ではなく、よくガーデニング泥棒に盗まれます。
スポンサードリンク

不具合報告はこちら

情報が間違っている場合は報告をお願いします。
▼内容

ユリ科の仲間


ユリ科の仲間の一覧はこちらから
スポンサードリンク
管理用リンク
管理用