ウチョウランの育て方

MENU
TOP>ラン科>ウチョウラン
スポンサードリンク

ウチョウラン

nophoto
科名ラン科
属名ハクサンチドリ属
学名Orchis graminifolia
みずやり水控え目
場所外の半日蔭
難易度中級者向け
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
開花
植え
肥料
スポンサードリンク

栽培の特徴

ウチョウランは本州・四国・九州で湿った岩壁に僅かにたまった土やコケに根を張るラン科植物。地生ランです。種子は非常に細かく、しかもラン菌がいないと発芽・生育できないという特殊な性質です。一般家庭ではなかなか生育→交配といったことは出来ませんが、愛好家が多く、サイトを検索すると沢山出てきますので詳細はそちらで。ここでは一般家庭向きに絞った内容にします。

水やりと肥料

雨に当てない、水はそっと土に注ぐ
水を好むのですが、水をやりすぎると根が腐ってしまいます。土が乾くまでは水を控えます。他のランの場合だと葉っぱから水を吸収するので葉っぱにも水を掛けたり霧吹きで給水するのですが、ウチョウランはこれらの水が茎と葉の境目の窪みにたまると、腐って病気になってしまいますので、水は土にそっと注いでください。

季節による水やりの違い
冬は水をほとんどやりません。生育が止まり、水をやると水が腐ってしまうからです。しかし水を完全に止めると乾燥で枯れてしまいます。そこで大体、月に一回程度、鉢底から水が染み出す位にやります。
霜が降りなくなり気温が18度前後になったら、水をやりはじめます。土が乾いたら水をやります。
夏・秋土が乾いたら水をやります。乾燥が激しいので、水が切れないようにします。

ちょっと待って!!
ウチョウランの栽培のコツは水やりです。しかし水やりは環境や土の配合次第で全く違ってきます。基本は「土が乾いたら水をやる」なのですが、風通しが悪いとそれでも腐ってしまったり、配合次第では乾燥しすぎることもあります。水をやる前に土とウチョウランの状態をよく見てから判断しましょう。

肥料は春から秋にかけて
薄い液肥を二週間に一回か二回、真夏を除いた春から秋にかけてあげてください。
スポンサードリンク

植え付け・植えかえ・種蒔き

ウチョウランの用土鹿沼土赤玉土・ボラ土・ミズゴケのそれぞれを単用したものや、鹿沼土1 ボラ土1 バーミキュライト1や赤玉土3鹿沼土6川砂1を混ぜたものなど、それぞれの考えや感覚――というか個人の環境で変化します。どれが正解ということもありません。よく分からない場合はウチョウラン用土がネットで販売しているので取り寄せるのが吉。

管理場所・日当たり

直射日光に弱い
明るいところを好むのですが、強い直射日光に当たると葉焼けを起こします。年間を通して室内の日当たりで管理するか、春から秋は半日陰で冬は室内の日当たりで管理します。ただし真夏に室内で管理する場合は、窓越しであっても直射日光がきついのでカーテン越しにするか、日光が直に当たらないように取り込みます。

特徴・由来・伝承

山野草の一種で地生ラン。地生ランというのは土に生えるラン科植物のこと、なんて書くと植物が土に生えるのが当たり前なのに、わざわざ「地生ラン」って書くのはおかしい!と思った人もいるはず――そのとおりです。ラン科植物は大抵、木や岩などに着生して育つもので、土に根を生やすランの方が珍しいのです。

ウチョウランは日本に自生するランですが、開発による生育環境の変化や「山野草マニア」による乱獲などで野生種は絶滅危惧種です。しかし人工栽培によってかなり市場にも沢山流通していますので、他のラン(胡蝶蘭デンファレ・シンビジュウムなど)ほどではないですが、見かけるようになりました。
スポンサードリンク

不具合報告・質問などはこちら

情報が間違っている場合は報告をお願いします(「てにをは」のミスでも)。また、質問や提案などなんでも投稿してください。
▼内容

ラン科の仲間


ラン科の仲間の一覧はこちらから
スポンサードリンク
管理用リンク
管理用