カプリッチオ・ネオ(カリブラコア)の育て方

MENU
TOP>ナス科>カプリッチオ・ネオ(カリブラコア)
スポンサードリンク

カプリッチオ・ネオ(カリブラコア)

カプリッチオ・ネオ(カリブラコア)
科名ナス科
属名カリブラコア属
みずやり水を好む
場所外の日なた
難易度初心者向け
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
開花
植え
肥料
スポンサードリンク

栽培の特徴


カリブラコア園芸品種。育て方はカリブラコアと同じ。このページでは簡単な育て方について書きます。詳細はカリブラコアを参考にしてください。カプリッチオ・ネオは花が小さく、咲き乱れる。春から秋の霜が降りるまで開花します。カリブラコアがそもそも咲き乱れるものですから、開花させるためにしっかりと肥料をやってください。肥料が切れると開花が止まります。
まとめ
●水切れしないように。
●開花中は一週間に一回液体肥料を。
花ガラ摘みをすると次の開花しやすい。
●日当たりで管理。

水やりと肥料

鉢植えの水やり…水切れしないように
土が乾いていたら水をやります。水をやる時は鉢の底の穴から水が出るくらいにしっかりとやります。
水をやりすぎると根が腐って枯れてしまいますが、余程に水をやりすぎない限りはそこまではならないです。それより5月以降は水切れしないように気をつけます(梅雨は別ですが)。

庭植えの水やり…水切れしないように
自然な雨だけじゃ不足します。土が乾いているなら水をやるようにします。
肥料
一週間に一回、液体肥料をやります。肥料が切れると開花が止まりますので、肥料が切れないようにします。肥料は窒素が多いものではなく、リンが多いものをやってください。
スポンサードリンク

植え付け・植えかえ・種蒔き

カリブラコアは連作障害を起こします。去年、ナス科の植物を植えた場所に植えると生育不良を起こします。
鉢植えの場合
一般的な培養土か、カリブラコア・ペチュニアサフィニアの専用土ってのがありますので、それを利用します。自作する場合は赤玉土腐葉土4を混ぜたものを使います。ただし、自作する場合の方がお金も手間もかかります。土は必ず新しいものを利用してください。

庭植えの場合
一週間前に庭の土を掘り返し、腐葉土を混ぜて、一握りの石灰と化成肥料を混ぜておきます。そこに植えます。株と株は20センチ以上離します。
スポンサードリンク

管理場所・日当たり

日当たりで管理します。
真夏の直射日光には弱りますが、花が鈍くなる程度で枯れることはありません。ただし、梅雨の長雨に当たると腐って枯れるかもしれません。鉢植えで移動できるのであれば、軒下に移動させます。

その他

アブラムシハダニカイガラムシなどが発生します。
水やりの時に葉っぱに水をかけてやると予防ができますが、花に水がかかると花が滲んでしぼんでしまいます。
花を摘む
花を摘むことで次の開花が促されます。
スポンサードリンク

不具合報告はこちら

情報が間違っている場合は報告をお願いします。
▼内容

ナス科の仲間


ナス科の仲間の一覧はこちらから
スポンサードリンク
管理用リンク
管理用