クワズイモの育て方

MENU
TOP>サトイモ科>クワズイモ
スポンサードリンク

クワズイモ(出世芋)

クワズイモ
科名サトイモ科
属名アローカシア属
別名出世芋
みずやり水控え目
場所室内
難易度中級者向け
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
開花
植え
肥料
スポンサードリンク

栽培の特徴

耐寒温度は5度と、観葉植物としては充分な強さなので、冬は室内で管理するのには枯れることはないです。

春以降温度があがり生育期に入ると、戸外の半日陰(一日のうち数時間だけ日が当たる場所)で管理してもOK。あまり長期間室内にいると、日光不足になるかもしれません。
まとめ
●水をやりすぎない。
●室内で管理。ただずっと室内だと日光不足になるので、たまには日に当てる。
●冬も室内。

水やりと肥料


土が乾いたら水を
土が乾いたら、水をたっぷりとやります。鉢の底から水が染み出すくらいにしっかりと水をやってください。また空中の湿度が高い状態を好みます。年間を通して、葉っぱに霧吹きで水分を補給してあげてください。
●特に春から夏に掛けて霧吹きをすると良く成長します。
●常時、土が濡れているようだと腐ってしまいます。

冬の水やり
冬は水を控えます。水をやりすぎると根が腐ってしまいます。土が乾いてから数日たって水をやる程度にしてください。水が多いと根も腐りますが、耐寒性も下がります。冬も霧吹きをしてあげてください。

肥料
成長期である春~秋にかけて二週間に1回程度、液体肥料をやってください。肥料をやった方がスクスクそだちますが、大きくなって欲しくない場合は控えましょう。

葉っぱの先から水が
水をやると翌日くらいに、吸い上げた水が葉先から出て来ます。これは異常なことでは無くクワズイモでは当たり前のことです。床が濡れては困る場合は何かマットなどを敷いてください。
スポンサードリンク

植え付け・植えかえ・種蒔き

一番適した時期は5月前後ですが、根詰まりが酷いようなら冬を避けていつでも植え替えをしてください。

用土は観葉植物の土を利用します。市販されているものが便利です。
●普通の培養土には腐葉土が入っているので、匂いがします。

管理場所・日当たり


寒さに弱い
熱帯の植物で暑さに強く寒さに弱いです。弱いといっても耐寒温度は5度と比較的強く、暖地だと庭植えで越冬し、霜が降りる地域でも、根で越冬して春には新芽を出すこともあります。とはいえ、基本的には冬は室内の日当たりで管理します
木漏れ日を好みます
熱帯の大きな樹の根本などで生活する植物で、直射日光をガンガン浴びるタイプではありません。春以降も木漏れ日の挿すような柔らかな日差しを好みますので、室内ならば、カーテン越しの日当たり。戸外ならば、半日陰や明るい日陰で管理します。夏は特に直射日光が強く、そのまま浴びせると葉っぱが焼けてしまいますので、戸外の日陰か室内の直射日光が当たらない場所で管理します。
スポンサードリンク

その他

クワズイモは成長が早く、葉っぱが大きくなりますので、台風などの強風に晒されると、ひっくり返り、最悪の場合、鉢が木っ端微塵なんてこともあります。
注意しておきたいこと
風の強い時期は室内に取り込んでしまうことも大事ですが、購入するときに、植物部分に対して鉢の小さいアンバランスなものや、地面との接地面がやたらと小さいものを選ばないのも大切です。あまりにデザイン重視だと後々悲しい結末を迎えることもあります。

特徴・由来・伝承

クワズイモは成長が早いので「出世芋」と呼ばれ、縁起物として「開店祝い」や「事務所開き」などの新しいことを始めるときのギフトとして贈ります。

クワズイモの根には毒があり、食べるとお腹を壊してしまいます。水に晒しても毒抜きが出来ません。おかげでクワズイモには虫が付きにくいです。

弘法大師が空腹に苦しんでいた際、農夫に「ヤマイモ」を下さいと言ったが、農夫が渋った。弘法大師が去った後を見ると、ヤマイモが食べられないクワズイモになっていた。

この伝承が残る足摺岬にはクワズイモの群生地があります。

スポンサードリンク

不具合報告・質問などはこちら

情報が間違っている場合は報告をお願いします(「てにをは」のミスでも)。また、質問や提案などなんでも投稿してください。 また投稿した文章はサイト内で使用することがあるので、そのことをご了承ください。
▼内容

サトイモ科の仲間


サトイモ科の仲間の一覧はこちらから
スポンサードリンク
管理用リンク
管理用