ヒマワリ・コングの育て方

MENU
使い方 TOP

ヒマワリ・コング

nophoto
サイト運営の協力のお願い(植物の画像の投稿)
科名キク科
属名ヒマワリ属
学名Helianthus annuus kingkong
みずやり水を好む
場所外の日なた
難易度上級者向け
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
開花
植え
肥料
スポンサードリンク

栽培の特徴

この項目の修正・提案をする
育て方の概要
ヒマワリ・コングは大型…3m以上に育ちつつ、30cmくらいの花がたくさん咲く、「大型多輪」という独特な性質のヒマワリ。環境が良いと5mくらいになるらしいが、日本の狭い庭では日当たりも悪いし、根も深く伸ばせないので、予定通りに大きくは成りにくい。それでも大型で多輪は目立つ。ポットで苗を作ってから植える。発芽率がいいから大丈夫です。本気で大きく育てたいなら、日光にしっかり当てて、1m掘り返して根が深く伸びるようにしてやる。
大きさ・草丈・樹高
3mから5m
まとめ
●育て方の詳細はヒマワリを参考にする。
●開花まで80日。
●移植は不可。
●日光が大事。日当たりが悪いと大きくならない。
肥料がないと大きな花にならない。
●庭植えが普通。プランター・鉢植えにするんなら小輪多花の品種で。
●植え付けは5月から7月。8月でも開花に間に合うかも。
●支柱がないと折れるし危ない。

スポンサードリンク

水やりと肥料

この項目の修正・提案をする
水やり
庭植えの場合も水やりはする。葉っぱがしおれないように水をやり、それでも不足するようならば株元にマルチングをして乾燥を防ぐ。
肥料
大きな花を咲かせるのは肥料が必要。生育期間は緩効性肥料を月に一回やる。

植え付け

この項目の修正・提案をする
植え替え時期
5月から7月に苗を植える。3ヶ月ほどで開花して収穫できる。
用土
一般的な花と野菜の培養土で植えるか自作する場合は赤玉土小粒6腐葉土4を混ぜたものを使う。庭土に3割か4割ほど腐葉土か堆肥を混ぜて土を作る。
植え付け・植え替え
庭植えの場合は、最低でも50cm、大きく育てる場合はもっと深い穴…1mほどを掘って、掘り出した土に腐葉土か堆肥を3割か4割混ぜて、株を入れて、隙間に土を入れて、最後に水をやって完成です。株と株は80cmから1m空ける。株間を空けたほうがお互いを干渉せず大きく育ちやすい。
支柱も必ず立てる。支柱を建てないと大きく育ったら危険。
鉢植えにすると小さくなるので、大型品種を植えるなら普通は庭植え。鉢植えにするなら、もっと枝分かれして、よく開花する品種を植えたほうがいい。
参考種まきなど詳細な情報は「ヒマワリ」のページを参考にしてください。

管理場所・日当たり

この項目の修正・提案をする
日当たりで育てる
日光を好み、日光にあたるほどによく生育する。出来れば一日中日光が当たると大きく育つ。できれば密生させないほうが、病気も予防できる。

その他

この項目の修正・提案をする
一輪だけ開花させたほうが、その一輪が大きくなるので、脇芽のツボミは摘んだほうがいい。花がうつむいたら種子が熟したサイン。そのとき必要ならば収穫する。こぼれダネで翌年も出る。
その他の病害虫や管理方法の詳細、雑記などは「ヒマワリ」のページを参考にしてください。
スポンサードリンク

不具合報告・質問などはこちら

情報が間違っている場合はお知らせください(「てにをは」のミスでも)。また、追加したほうがいいと思う情報、調べて欲しいこと、あなたが知っているけど書いていない情報など、感想、要望など下のフォームから投稿してください。 また投稿した文章はサイト内で使用することがあるので、そのことをご了承ください。(利用規約・プライバシーポリシーはこちら)
▼内容

ガーデニングアプリを作りました!

SNS Button…友達にお知らせしてください

TWEET Facebook はてブ Google+ Pocket

ブログや掲示板に紹介してください

キク科の仲間


キク科の仲間の一覧はこちらから
スポンサードリンク
管理用リンク
管理用