グッドスマイルの育て方

TOP >キク科>ヒマワリ>>管理

グッドスマイル

グッドスマイル
科名キク科
属名ヒマワリ属
学名Helianthus annuus
みずやり水を好む
場所外の日なた
難易度初心者向け
画像の投稿
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
開花
植え
肥料
スポンサーリンク

目次

  1. グッドスマイルの育て方
  2. 水やりと肥料
  3. 植え付け
  4. 管理場所・日当たり
  5. その他

グッドスマイルの育て方

文章の修正育て方の概要
グッドスイマイルはヒマワリの品種。ビッグスマイルより小さく、枝分かれもし、葉っぱが小さくて、花がよく目立つ。花びらは濃い黄色で中央は黒。摘芯して枝分かれさせると次々開花して長く花を楽しめる。露地植えで丈が45cm、花の直径15cm。鉢植えにすると小さくなる。ポットに植えると丈が18cmで花の直径10cm前後。草丈が一般家庭でも丁度いい。開花までは種まきから最短で50日か55日。

花粉が出ず、服を汚さない。花の直径は環境によってかなり違う(日光・肥料など)。花粉がなくて種子ができないので、来年こぼれ種で出てくることもない。20度から25度で発芽。最低気温15度以上で順調に生育。
大きさ・草丈・樹高
45cm。枝分かれさせれば横幅30cm。枝分かれしないなら一本立ち。
まとめ
●育て方の詳細はミニヒマワリヒマワリを参考にする。
●育てる環境(株間・日光・肥料)によって大きさはかなり違う。
●開花まで種まきから最短で50日から55日。
●移植は不可。
●日光が大事。日当たりが悪いと大きくならないし、開花も鈍い。
●肥料はあったほうがいいが、多いと徒長して風で折れたり、花の形がゆがむ。
●植え付けは5月から7月。8月でも開花に間に合う。

スポンサーリンク

水やりと肥料

文章の修正水やり
庭植えの場合も水やりはする。葉っぱがしおれないように水をやる。水やりの頻度は環境によって全く違うが、日当たりで育てた場合、5月6月は晴れたら毎日、7月8月は朝夕二回、毎日水をやることになる。それでも不足するようならば株元にマルチングをして乾燥を防ぐが、半日陰に移動させる。
肥料
生育期間は緩効性肥料を月に一回やるか、週に一回ほど液体肥料をやる。無くても生育は良いし、枯れるわけじゃないし、開花もする。花を大きくしたいなら肥料を。ただし肥料が多いと大きく伸びて倒れやすくなるので、肥料は控えめにするのがコツ。様子を見て調節するといいです。

植え付け

文章の修正植え替え時期
5月から7月に苗を植える。2ヶ月ほどで開花する。
用土
一般的な花と野菜の培養土で植えるか自作する場合は赤玉土小粒6腐葉土4を混ぜたものを使う。庭土に3割か4割ほど腐葉土か堆肥を混ぜて土を作る。
庭植え
庭植えの場合は、30cmほど掘り出した土に腐葉土か堆肥を3割か4割混ぜて、株を入れて、隙間に土を入れて、最後に水をやって完成です。株と株は10cmから15cmほど空ける。密生させると日光を取り合って、負けたほうが小さくなってしまう。枝分かれさせるならば株間は30cmとる。
鉢植え・プランター植え
鉢底の穴に網を敷いて、その上に軽石を2センチから3センチ敷き、その上に用土を入れて、苗を植えるか、種子を撒く。種子の上には1センチほど土をかぶせる。株同士は密生させると花が小さくなる。水やりが大変なので庭植え推奨。
参考種まきなど詳細な情報は「ヒマワリ」のページを参考にしてください。

管理場所・日当たり

文章の修正日当たりで育てる
日光を好み、日光にあたるほどによく生育する。出来れば一日中日光が当たると大きく育つ。できれば密生させないほうが、病気も予防できる。

その他

文章の修正その他の病害虫や管理方法の詳細、雑記などは「ヒマワリ」のページを参考にしてください。もしくは「ミニヒマワリ」のページを参考にしてください。
スポンサードリンク

記事の紹介

関連記事

ミニヒマワリ
キク科 ヒマワリ
ヒマワリ
キク科
スマイルラッシュ
キク科 ヒマワリ
ヒマワリの品種・系統のまとめ
ヒマワリの管理 ヒマワリ
大雪山
キク科 ヒマワリ
アメリカンジャイアント
キク科 ヒマワリ
赤ちゃんヒマワリ
キク科 ヒマワリ
バレンタイン
キク科 ヒマワリ
小夏
キク科 ヒマワリ
ヒマワリの病気・害虫・害獣のまとめ
ヒマワリの管理 ヒマワリ

人気記事

アキランサス
ヒユ科
植えてはいけない植物
ガーデニング基礎知識(中級編)
繁殖力が強い植物
ガーデニング基礎知識(中級編)
10月のクリスマスローズの管理
クリスマスローズの管理
9月のシクラメンの管理・手入れ
シクラメンの管理
スポンサーリンク