チョコレートコスモスの育て方

MENU
使い方
TOP>キク科>チョコレートコスモス
スポンサードリンク

チョコレートコスモス(ビデンスアトロサンギネア)

チョコレートコスモス
サイト運営の協力のお願い(植物の画像の投稿)
科名キク科
属名コスモス属
学名Cosmos-atrosanguineus
別名ビデンスアトロサンギネア
みずやり水を好む
場所外の半日蔭
難易度上級者向け
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
開花
植え
肥料
スポンサードリンク

栽培の特徴

栽培の特徴
この項目の修正・提案をする
チョコレートコスモスは春と秋に苗モノが出回ります。そのときに植えて楽しんだ後、どうやって冬と夏を越えるか?が課題になります。夏越え・冬越えともに初心者には難しいので、「枯れたら仕方ない」という気持ちで春と秋に植えて楽しむものと割り切った方が気楽です。
草丈
40cmから50cm
まとめ
●霜に当たると枯れるが、根が生きていれば春にはまた芽吹く。
●日光が大好きだが、夏の暑さに弱い。涼しいところへ。
●短日植物の名残で、電灯が当たっていると花が咲きづらい。
水やりは普通。冬はちょっと控えめに。

水やり

水やり
この項目の修正・提案をする
乾燥に強い
庭植えの場合は、自然に降る雨だけで十分。ただし、庭植えでもあまりに乾燥する時期は水やりをしてください。
鉢植えの場合、4月~11月の生育期は、土が乾いたら水をたっぷりとあげてください。鉢底から水が出てくるくらいにシッカリ水をやります。チョコレートコスモスはどちらかというと乾燥に強く、土が湿気た状態を嫌います。秋や春は土を触ってみて濡れている様であれば水はやらないでください。
●水をやるときは、鉢底から水が出るくらいにやってください。
●水やりの頻度が多すぎると根腐れしますし、病気になりやすくなる。
●受け皿の水は捨ててください。
●夏は蒸発が早く水切れするので、毎日水をやります。

この項目の修正・提案をする
冬は水やりを控える
冬は地上部がなくなってしまいますが、根は生きています。春にはまた芽吹くので、冬も水をやってください。庭植えの場合は自然な雨で十分です。水をやり過ぎると根が腐ります。土が乾いてから数日待って水をやりましょう。
球根部を掘り上げると乾燥で枯れてしまうので、植えたままで管理しましょう。

肥料

肥料
この項目の修正・提案をする
肥料
生育期に液肥を10日に1回程度あげます。肥料が多すぎると花が少なくなりますので、肥料が多いと思ったら、肥料を控えてください。
●夏(7月から9月)は肥料をやらない。

植え付け・植えかえ・種蒔き

植え付け・植えかえ・種蒔き
この項目の修正・提案をする
用土
市販されている花と野菜の土で植え付けをします。自作する場合は赤玉土腐葉土4を混ぜて物を使いましょう。
植え替え・植え付け手順
鉢底の穴に網を敷いて、その上に2センチから3センチほど軽石を敷きます。その上に用土を入れて苗を入れて、隙間に用土を詰めて行きます。植え替え株・苗は土は落とさず、根はほぐさないで一回り大きな鉢に植え替えします。鉢を揺らすと隙間ができるので用土を入れて、隙間ができなくなるまで続けます。最後に水をやって完成です。
●植え替えはチョコレートコスモスにダメージがあるので、植え替えてしばらくは開花が止まることがありますが、しばらくすると回復します。
●鉢植えの場合は6号鉢以上に植える。
●植替えは毎年。

管理場所・日当たり

管理場所・日当たり
この項目の修正・提案をする
夏は涼しいところへ
チョコレートコスモスは夏の暑さに少し弱いので、夏(7月から9月)は半日陰に移動させたほうがいいです。日光を好み、真夏の直射日光が当たっても葉焼けということはないのですが、暑さで根が傷んで枯れることがあります。

この項目の修正・提案をする
日当たり
チョコレートコスモスは日光を好みます。日光が当たっていないと花つきが悪くなり、徒長(=ひょろ長くなる)します。春と秋は戸外の日当たりで管理します。
●日光が不足すると花がつかなくなります。つぼみがついても開花しないようになります。

短日植物
チョコレートコスモスは短日植物の名残なのか、夜も街頭が煌々(コウコウ)と光っている場所に植えると花が咲きづらくなります。夜も光が差すような場所は避けた方が花つきが良くなります。
●全く咲かないのではなく、「咲きづらくなる」だけなので、気にしないなら気にしないでも。


耐寒性はそこそこあって、0度まで耐えることができますが、霜に当たると枯れてしまいます。ただし地上部が枯れているだけで、根まで枯れていなければ春にまた芽吹きます。
●地面が凍ると根が枯れます。腐葉土やワラを被せてマルチングをすれば土までは凍結しません。
●冬は地上部が枯れていて変化はないですが、鉢植えの場合は水やりをしないと乾燥で枯れてしまいます。忘れないように、水をやってください。

病害虫

この項目の修正・提案をする
うどんこ病
うどんこ病が発生しやすいです。春と秋に発生しやすく風通しを良くすると予防できます。傷んだ葉っぱを整理して、密生しているようなら間引きましょう。発生してしまったら薬剤を散布します。
アブラムシ
アブラムシはどうにもこうにも発生します。見つけ次第捕殺し、薬剤を散布します。他の植物から移ってくるので、周囲の雑草を刈ると多少は予防になります。
ホコリダニ
高温乾燥が続くと発生します。新芽が縮みます。薬剤を散布してください。

特徴・由来・伝承

この項目の修正・提案をする
原産地はメキシコ。大正時代には日本に渡来しています。黒に近い茶褐色という花としては本来人気の無さそうな渋い色合いですが、小ぶりであることと、茎と花のバランスの繊細さと、何よりもほのかにチョコレートの香りがすることが、切花としてもガーデニング材としても人気の理由です。

渋色のアレンジをするときはよく入っていますね。

りぼん連載の春田なな作のマンガ「チョコレートコスモス」(2007年~2008年)のもとになった花です。
スポンサードリンク

不具合報告・質問などはこちら

情報が間違っている場合はお知らせください(「てにをは」のミスでも)。また、追加したほうがいいと思う情報、調べて欲しいこと、あなたが知っているけど書いていない情報など、感想、要望など下のフォームから投稿してください。 また投稿した文章はサイト内で使用することがあるので、そのことをご了承ください。
▼内容

「チョコレートコスモス」に関する疑問・質問・日記

SNS Button…友達にお知らせしてください

TWEET Facebook はてブ Google+ Pocket

ブログや掲示板に紹介してください

キク科の仲間


キク科の仲間の一覧はこちらから
スポンサードリンク
管理用リンク
管理用