ナスタチュームの育て方

MENU
使い方 TOP

ナスタチューム(金蓮花・キンレンカ)

ナスタチューム
サイト運営の協力のお願い(植物の画像の投稿)
科名ノウゼンハレン科
学名Tropaeolum majus
別名金蓮花・キンレンカ
みずやり水控え目
場所外の日なた
難易度初心者向け
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
開花
植え
肥料
スポンサードリンク

栽培の特徴

栽培の特徴
この項目の修正・提案をする
春に苗を植えて、初夏から秋にかけて花を楽しんで、冬には枯れて無くなる一年草です。比較的乾燥している状態を好みます。水をやりすぎると蒸れて傷んだりします。
花ガラを摘んでください
花がしぼんだものを花ガラと呼びます。ナスタチュームはしぼんだ花に種子をつけようとしてそちらに栄養を回すので、花ガラをそのままにしておくと次の花が咲きにくくなります。また、花ガラを放置していると腐って病気の元にもなりますので、花ガラは取り除くようにします。
こぼれダネで翌年も
こぼれダネで翌年も芽を出すことがあります。
この項目の修正・提案をする
まとめ
●見た目に反して乾燥気味を好み、過湿だと腐る。
●日当たりを好むが、真夏の直射日光と暑さに弱いので、夏だけは半日陰に移動させます。
●夏の暑さに弱いが、夏を越すと秋にまた咲く。
●育てるのは簡単。普通の土に植えて、普通に水をやればいい。
●こぼれダネで翌年咲く事もあるが、基本的に一年草扱い。
●花が咲き終わったら、花茎の根元から切り取る。
スポンサードリンク

水やりと肥料

水やりと肥料
この項目の修正・提案をする
見た目に反して乾燥を好む
ウネウネというかヒョロヒョロというべきか、ひ弱そうに見えるナスタチュームですが、実は過湿を嫌い、乾燥を好みます。
●水をやりすぎると徒長する。日光不足でも徒長しますので、状況を考えて判断材料にしてください。
この項目の修正・提案をする
水は土が乾いてから
土が乾いていたら水をたっぷりとあげます。ナスタチュームはどちらかというと乾燥を好む植物で、水をやり過ぎると根腐れを起こしたり、葉っぱが蒸れて腐ってしまいます。葉や茎がグズグズになっていたら、水のやり過ぎや葉の茂りすぎによる蒸れを疑ってください。土が濡れているうちは水はやらないようにしましょう。
この項目の修正・提案をする
肥料は不要
肥料はほとんどあげません。花が咲いている時期に液体肥料を月に一回程度あげると次の花が咲きやすくなります。肥料をあげすぎると葉っぱが茂りすぎて花が少なくなり、真夏になると葉の茂りすぎで風通しが悪くなって傷みの原因になります。

植え付け・植えかえ・種蒔き

この項目の修正・提案をする
植え付け時期
春から夏。霜が降りなくなってから植えるようにします。ホームセンターなどで定番の春から夏のガーデニング材で苗がよく出回っています。それを買って植えるか、種まきをします。
用土
水はけのいい土に植えます。市販の培養土をそのまま使うか、市販の培養土に赤玉土を一割ほど混ぜて水はけを良くしてから植えるといいです。
この項目の修正・提案をする
植え付け・植え替え
鉢植えの場合……大体20センチ間隔で1苗を植えます。なので5号か6号鉢に1苗くらい。苗の土は崩さず、根はほぐさないで植えます。鉢底の穴をアミで塞いで土が出ないようにしてから軽石を2センチから3センチほど入れて、軽石の上に土を入れ、株を入れて、隙間に土を入れていき、最後に水をやります。鉢底から水が出るまで水をやってください。
●ナスタチュームの苗を買ったら、できるだけ速く植えましょう。
●ナスタチュームは直根性でよく育ってからの移植はできない。

種まき
種まきは4月下旬頃、土に適当にまいているだけでも発芽します。発芽温度は15度から20度。ただし発芽しても霜に当たると枯れるので、早く発芽させてもしばらく室内で管理しなくちゃいけなくなる。まく前に一晩、水につけて、皮をむくと発芽率が上がる。
●何株が育てる程度なら、普通は苗を植える。その方が楽だし、安上がり。ただし、一面にナスタチュームを咲かせたいなら種まき。
●ガーデナーはそれでも種から育てたがる。

管理場所・日当たり

管理場所・日当たり
この項目の修正・提案をする
日光を好むが夏の蒸れに弱い
日光を好み、日が少ないと葉っぱがひょろ長く伸びてひ弱になり、花が付かなくなります。日の当たる場所を選んで植えてください。ですがナスタチュームは真夏の直射日光と暑さで蒸れて傷んでしまいます。出来れば真夏だけは半日陰に移動したり、ヨシズなどで日を遮光してやると良いですが、よほど環境が悪くない限りは生育が衰えて花が咲かなくなっても枯れることはありません(地域や環境によります)。枯れずに夏を越えれば、夏の暑さで株が弱っていたナスタチュームも秋以降涼しくなれば復活してもう一度花を咲かせてくれます。

病害虫と剪定など

この項目の修正・提案をする
病害虫
ハダニ・ハモグリバエ
ハダニは乾燥すると発生しやすいです。葉っぱに水をかけてやるとある程度予防できます。見つけたら薬剤を撒きましょう。
ハエモグリバエはエカキムシのこと。葉っぱに白い線がウネウネと走っていたら、中に幼虫がいます。葉っぱごと取り除くのが簡単。
花ガラ摘み
花が終わったものを花ガラといいます。ナスタチュームは花がしぼむと種子を作ろうとして、栄養を種子に回します。そのために次の花が咲きづらくなるので、花がしぼんだら摘むようにします。花の茎の根本から摘んでください。

特徴・由来・伝承

この項目の修正・提案をする
柔らかな葉っぱに色鮮やかな花を咲かせるツル性植物。背が高くならないのでグランドカバーに使われたり、ツル性で長く伸びるので、ハンギングに使われたりと春から秋にかけて庭を彩る園芸植物です。

最近では食べられる植物…エディブルフラワーとしてテレビで扱われることもある(アメトーークで「みやぞん」が言っていたことも)。葉っぱや花、実を食べることが出来ます。味はカラシのよう。葉っぱや花はサラダに入れて、実は摩り下ろして薬味にします。
スポンサードリンク

不具合報告・質問

この場所には質問フォームがあったのですが、管理人の都合で質問・疑問に対処できないので現在は休止中。ほんとすいません。

SNS Button…友達にお知らせしてください

TWEET Facebook はてブ Google+ Pocket

ブログや掲示板に紹介してください

スポンサードリンク
管理用リンク
管理用