クラブアップルの育て方

MENU
使い方
TOP>バラ科>クラブアップル
スポンサードリンク

クラブアップル(姫林檎・イヌリンゴ・ミカイドウ・和林檎・クラブアップル)

クラブアップル
サイト運営の協力のお願い(植物の画像の投稿)
科名バラ科
属名リンゴ属
学名Malus pumila
別名姫林檎・イヌリンゴ・ミカイドウ・和林檎・クラブアップル
みずやり水を好む
場所外の日なた
難易度中級者向け
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
開花
植え
肥料
スポンサードリンク

栽培の特徴

栽培の特徴
この項目の修正・提案をする
観賞用リンゴについて
ここでは食べるリンゴの育て方では無く、ガーデニングで楽しむ観賞用リンゴの育て方について書いています。観賞用のリンゴは姫リンゴだとかクラブアップルという名前で流通しています。これらはスーパーで見かける食用リンゴの元となった品種です。ターシャ・チューダーの庭にも植わっていました。自家受粉が可能で一本で実が付きますが、二株以上で植えるか、種の近いカイドウを近くにうえて自家受粉するほうが実がよくつきます。
クラブアップルの○○というタグがついて販売しています。この○○というのが園芸品種名なのですが、これがたくさんあります。育て方は同じです。盆栽としても、庭樹としてもよく利用されます。樹高1メートルから二メートル前後です。
大きさ・草丈・樹高
3mから5m

生育サイクル
5月から6月前後に花が咲き、それが実になり秋には紅くなります。観賞用なので、市販しているリンゴのように甘くはなりませんが、砂糖と煮詰めてジャムにすれば食べられます。

水やりと肥料

この項目の修正・提案をする
肥料が切れると弱って病気になる
バラ科の植物というのもあってか、肥料を欲しがり、肥料が切れると株が弱くなり病害虫にやられてしまいます。そこでリン酸・カリ・窒素のバランスのよい緩効性肥料を土に混ぜ込んであげます。

肥料は春と秋に
春と秋に肥料をやってください。春は新芽の栄養に、秋は果実を付けた株の栄養補給になります。

植え付け・植えかえ・種蒔き

植え付け・植えかえ・種蒔き
この項目の修正・提案をする
植え替え・植え付け時期
植え替え・植え付けは秋から梅雨前に行います。落葉時期にするのが良いですが、真冬は避けます。まぁ、多少ずれても枯れることはないです。

鉢植えでもOK
鉢植えにする場合は、出来るだけ大きめの鉢(7号以上)に植えてください。鉢植えにすると水切れが起きやすいので庭植えがおすすめです。

用土
一般的な花と野菜の培養土か、自作する場合は赤玉土腐葉土4を混ぜたものを使います。

植え付け方法
鉢植えの場合…一般的な鉢植えと同じように植えます。鉢底の穴にアミをしいて土が流れ出ないようにして、軽石を2センチか3センチしいて、その上に株が飛び出さないで、深く沈まないように土を入れて、株を入れて、隙間に用土を入れて、最後に水をやってください。支柱をするといいです。また、苗木を植える場合は50センチに切り戻すといいです。
庭植えの場合…庭に深さ50センチ、直径80センチの穴を掘って、その掘り出した土に腐葉土か堆肥を4割混ぜて半分ほど戻して、株を入れて隙間に土を詰めて、最後に水をやって完成です。支柱をして倒れないようにします。苗木は50センチに切り戻すといいです。
自家結実しにくい
自家結実するが実がなりにくいので、近くに別のヒメリンゴを植えるか、カイドウを植え、花粉を人工授粉させる。

管理場所・日当たり

この項目の修正・提案をする
日当たりのいい場所で管理してください。
北海道から九州まで育てられる(自生地は北海道から北陸)。ただ涼しい場所を好むで、暖地中間地では夏に涼しい場所に移動させる。
本来は寒さに強く、寒い場所を好むのですが、幼木のうちは霜に弱いので、植え付ける場所は霜が当たらないところにします。もしくは冬は霜よけをしてやります。
●育ったクラブアップル(姫リンゴ)は寒さに強く、マイナス30度まで耐えますので日本であればどこでも冬越しに問題はありません。

真夏の直射日光と西日は避けたい
真夏の直射日光と西日は避けたい、ですが避けられないときはそのままにします。

剪定について

この項目の修正・提案をする
剪定は2月か3月に
クラブアップル(姫リンゴ)の葉っぱが落ちている真冬に剪定をしてください。短い枝に実がなるので長い枝を切り詰めて脇枝を出すと良い。毎年剪定する。

特徴・由来・伝承

特徴・由来・伝承
特徴・由来・伝承
この項目の修正・提案をする
画像はユーザー投稿の写真でクラブアップルの花とツボミ。花が短い枝に着くのが分かる。

バラ科の果実。古くからある観賞用の林檎。渋みがあって食べられない(あんまり美味しくないって意味で毒があるわけじゃない。果実酒などに加工して食べることはある)。園芸品種なのだが、親がなんなのかはハッキリしない。また、いつからあるのかも良く分からない。ただ、鉢植えや庭植えでよく見られる。

リンゴは歴史が古く紀元前6000年の地層から炭化したリンゴは発見されています。バラ科の植物なのでバラアレルギーの人はリンゴを食べるとアレルギー反応を示すことも。

リンゴといえばエチレンガス
リンゴの実が熟すとエチレンガスを発生させます。このエチレンガスは他の植物の開花を早めたり、果実を熟すのを早める効果があります。お花屋さんのショウケース(キーパー)には植物が発するエチレンガス(微量ながらも他の植物からも出る)を吸収する機械が設置されています。

アダムが食べたのはリンゴではない
聖書に登場する善悪を知る「禁断の果実」であるリンゴですが、聖書の舞台のメソポタミアには当時リンゴは生えていない。後になって布教のために変えられたといわれています。元はザクロだったとも。

クラブアップルの語源は
ターシャ・チューダーの庭にもクラブアップルの大木があり、毎年そこに大量の実がなります。ターシャが言うには「クラブアップルを食べると酸っぱくて苦虫をかみつぶしたような顔になる」――「クラビーな顔」になるからクラブアップルなんだそうです。ちなみにクラブというのは「カニ・シラミ」のこと。
スポンサードリンク

不具合報告・質問などはこちら

情報が間違っている場合はお知らせください(「てにをは」のミスでも)。また、追加したほうがいいと思う情報、調べて欲しいこと、あなたが知っているけど書いていない情報など、感想、要望など下のフォームから投稿してください。 また投稿した文章はサイト内で使用することがあるので、そのことをご了承ください。
▼内容

SNS Button…友達にお知らせしてください

TWEET Facebook はてブ Google+ Pocket

ブログや掲示板に紹介してください

バラ科の仲間


バラ科の仲間の一覧はこちらから
スポンサードリンク
管理用リンク
管理用