グニユーカリの育て方

MENU
TOP>フトモモ科>グニユーカリ
スポンサードリンク

グニユーカリ(ユーカリグニー)

グニユーカリ
科名フトモモ科
属名ユーカリノキ属
学名Eucalyptus gunnii
別名ユーカリグニー
みずやり乾かし気味に
場所外の日なた
難易度初心者向け
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
開花
植え
肥料
スポンサードリンク

栽培の特徴

寒さに強く(マイナス10度でも問題なし)、育てやすいです。一つ、問題は根が浅くて強風で倒れることがあること。グニユーカリは本来25mに育つ巨木。でも、夏の暑さに若干弱く、表面上には見えませんが、根っこには夏の暑さと過湿のダメージが蓄積されていて、生育にブレーキが掛かってそれほど大きくなりません。でもコンパクトにまとめるためには、摘芯が必要です。
まとめ
●乾燥に強い反面、過湿に弱い。水をやり過ぎると根腐れする
●コンパクトにするには摘芯が必要
●寒さに強い(マイナス20度でも)
●苗の時は霜に当たると枯れる
●夏の暑さと過湿に若干弱く、晩夏から枯れこむことがあるが、枯死するほどではない。
初心者向き。生育が早すぎて剪定が必須。放置していると大きく育つ。
スポンサードリンク

水やりと肥料

乾燥に強く、若干過湿に弱いです。庭植えにしたら、よほどの日照りでもない限りは水はやらなくても大丈夫です。

鉢植えにした場合は、乾燥気味に水遣りをします。土が濡れているなら水はやらず、土が乾燥してから数日経ってから水をやるようにします。受け皿に水が溜まっていたら、水は捨ててください。
肥料
鉢植えの場合、植え付け時に緩効性肥料をやれば、それで十分。庭植えの場合は、植え付け時に緩効性肥料を混ぜ込んで起き、不足してきたら生育期に肥料を根元にやる。

植え付け・植えかえ・種蒔き

庭植えでも鉢植えでも
グニユーカリは根が浅いので、庭植えしても鉢植えにしても、大差ありません。そこで管理するのには鉢植えが便利です。

用土は市販の花と野菜の培養土で植えるか、ハーブ用の培養土を利用します。生育してからの移植はしない方がいいです。鉢植えで植え替えをする時は一回りお大きな鉢を用意して、古い鉢からスポっと抜いて、新しい鉢に入れて土を足すようにして、土を崩さず、根を傷めないようにします。
●根は浅いですが、根は広がります。他の植物の生育を邪魔することがあります。
スポンサードリンク

管理場所・日当たり

日当たりを好みます。日陰・半日陰は向いていません。室内では育ちません。寒さには強くマイナス20度まで耐えますから、よっぽどです。
苗・幼木は注意
苗のうちは霜に当たると枯れることがあります。生育していないのに寒さに当たると危険です。苗木な軒下で管理してください。

その他

剪定はいつでも
花を楽しむ植物ではないので、剪定はいつ行っても問題はありません。ただし夏は高温多湿で弱るので、真夏の剪定は避けてください。

大きくなりすぎないように丁度イイ大きさになったら、摘芯するのと、樹形を整える程度に抑えます。また、あまりに密生して風通しが悪いようなら内部をすくように捌きます。
樹高は――
本来は25mに生育しますが、真夏の高温多湿でダメージがあり、そのままにしておくと5mくらいまでしか生育しません。それでも日本の住宅では厳しいので、摘芯して高さを抑えましょう。最小で50cmくらいまで抑えられます。
スポンサードリンク

特徴・由来・伝承


グニユーカリは葉っぱの白いシルバーリーフ。庭に植えるとアクセントになる。コアラが食べるでおなじみのユーカリの一種。フラワーアレンジメントのグリーンとしてもよく使われます。グニユーカリは非常に匂いが強いです。人によっては気分が悪くなることも。
育てやすい
寒さに強くて、夏の暑さに若干弱いといっても、日当たりで管理していて完全に枯れこむことはほぼ無いです。
スポンサードリンク

不具合報告はこちら

情報が間違っている場合は報告をお願いします。
▼内容

フトモモ科の仲間


フトモモ科の仲間の一覧はこちらから
スポンサードリンク
管理用リンク
管理用