シレネ・ユニフローラの育て方

MENU
TOP>ナデシコ科>シレネ・ユニフローラ

シレネ・ユニフローラ

シレネ・ユニフローラ
科名ナデシコ科
学名Silene uniflora
みずやり水控え目
場所外の半日蔭
難易度中級者向け
TWEET Facebook はてブ Google+ Pocket
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
開花
植え
肥料
スポンサードリンク

栽培の特徴


斑入りの可愛いカラーリーフプランツ。花も咲き、花も可愛い。寒さに強いが、夏の暑さに若干弱い。夏の暑さに弱いと言っても、夏越え出来ないほどではなく、気をつければ十分問題なく可能(ただし暖地は夏越えは無理)。秋に植えて、冬はカラーリーフ、春は開花、夏を越えられれば、そのまま毎年楽しめる便利な植物。
写真はシレネユニフローラ・ドレッツバリエガータ。育て方は他の「ユニフローラ」でも同じ。
性質とか
草丈は低く、生育もそれほど速くない。刈り込むと復活まで時間がかかるので、適宜、邪魔なものを刈る程度にしておきましょう。
まとめ
●乾燥に強く過湿に弱い。
●痩せ地を好む。
●暖地では夏の暑さで枯れる。
●草丈は低く、成長が遅い。
スポンサードリンク

水やりと肥料

どちらかというと乾燥に強く過湿に弱いです。鉢植えの場合、水をやりすぎると腐って枯れてしまいますので、土を見て濡れているようならば、水をやらないようにします。庭植えの場合は、自然に降る雨でほぼ十分です。あまりに日照りが続く場合は、水をやる程度です。
●乾燥気味に管理するのがコツ。
●夏に水切れが起きやすいならば、日陰に移動させてください。
●梅雨や秋の長雨の時期はできるならば軒下など雨の当たらない場所に移動させる。
●受け皿を敷いている場合、水が溜まらないように捨てる。水が腐って病気の元になる。

肥料
痩せ地を好む植物で、ほぼ不要。庭植えの場合は不要で、鉢植えの場合は緩効性肥料を秋から開花時期までやります。それも控えめにするのがコツ。

植え付け・植えかえ・種蒔き


弱アルカリ性の土を好みますが、中性ならば問題なく育ちます。植え付けには一般的な花と野菜の培養土で十分。庭植えする場合は、必ず苦土石灰をまいて中和させます。用土を自作するならば赤玉土腐葉土3川砂1を混ぜたものを使用します。
●雨は弱酸性で、庭の土は必然的に弱酸性になっていきます。シレネ・ユニフローラは弱アルカリか中性じゃないといけないので、必ず苦土石灰で中和しましょう。
●市販されている培養土は「中性」に調整してあります。
●鉢植えの場合。鉢底にアミを敷いて、その上に3センチほど軽石を敷き、苗を植えます。
●痩せ地を好む。石垣などが適しています。

植え替え
春か秋に2年に一回程度植え替えをします。根詰まりを起こす場合は毎年植え替えをします。一回り大きな鉢に植え替えるか、株分けして小さくしてから植え替えをします。
株分け
植え替えの時に株分けも可能です。株分けをする時にナイフを使うならば、ナイフは使う前に火で炙って消毒しましょう。

管理場所・日当たり

明るい場所を好みますが、多少の半日陰程度ならば問題なく育ちます。むしろ夏の高温多湿が苦手なので、庭植えの場合は、年間を通して半日陰になるような夏に涼しい場所を選んで植えましょう。シェードガーデンに利用されます。
寒さには強い
マイナス10度まで耐えるので、かなりの寒冷地でも戸外で越冬が十分可能です。
夏の暑さに注意
高温多湿に若干弱いので、夏は日当たりではなく、半日陰の場所が好ましいです。
●関東ならば夏を越えるし、冬も戸外で越冬。
●暖地では夏に枯れるもの。

その他

アブラムシが発生するが、全体的には害虫は発生しづらい植物。

特徴・由来・伝承

ナデシコ科のシレネの一種。シレネには仲間が非常に多く、見た目も全然違う。斑入りのバリエガータが有名。ちなみにバリエガータは斑入りという意味で、品種名が学名には頻出する名前。
最近、ガーデニングに利用されるようになった。
スポンサードリンク

SNS Button

TWEET Facebook はてブ Google+ Pocket

ナデシコ科の仲間


ナデシコ科の仲間の一覧はこちらから
管理用リンク
管理用