ペチュニアの育て方

MENU
TOP>ナス科>ペチュニア
スポンサードリンク

ペチュニア(衝羽根朝顔)

ペチュニア
科名ナス科
属名ペチュニア属
学名Petunia
別名衝羽根朝顔
みずやり水を好む
場所外の日なた
難易度初心者向け
TWEET Facebook はてブ Google+ Pocket
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
開花
植え
肥料
スポンサードリンク

栽培の特徴


ペチュニアは春から秋のガーデニングの定番
一般的には苗が4月前後に出るのでそれをプランターや庭に植えます。春・夏・秋と直射日光にも負けずワンワンと咲き乱れ、寒さに弱いために冬には枯れてしまいます。
労力に対して得られる満足が大きい!
人気の秘密は水やりをやっていればよく咲くこと。摘芯肥料、日光、土など条件をそろえれば更によく咲きます。環境が悪くないのにペチュニアを枯らすには水のやり忘れしかないです。そのくらい簡単です。
本来は多年草ですが一年草扱い
ペチュニアは本来多年草なので、冬越しも出来ないわけでは無いのですが、日光を必要としながら、寒さに非常に弱いために相当な気遣いが必要です。それより翌年新しい苗を買ったほうが楽です。普通は一年草扱いです。
まとめ
●水やりは普通。日当たりで管理。日光が少ないと花が咲かない。
肥料が切れると花が止まる。肥料は追加するもの。
●霜が降りる頃には枯れる。それでおしまいの一年草。
●摘芯すると脇芽が出てよく花が咲く。というか摘芯しないとダメ。
●古い土で絶対に植えない。古い土で植えると生育不良を起こす。
●昨年ナス科植物を植えた場所には植えない。連作障害を起こします。
スポンサードリンク

水やりと肥料


水は土が乾いてから
土が乾いていたら水をタップリとあげます。鉢やプランターの場合は鉢底から水がしみ出すくらいにあげてください。土が長期間濡れていると根腐れすることがありますので土が濡れているようなら水はやらないでください。
梅雨には注意
ペチュニアは育てやすく、丈夫なのですが、梅雨長雨に痛みがちになりますので、もしも鉢植えで管理しているのでしたら、軒下に移動させたほうがいいです(枯れる訳じゃないのですが、あまりに長い雨に晒されると腐ってしまうことが…)。
夏になると水分の蒸発が早いので、朝と夕方の二回、しっかりと水をやってください。
花に水を掛けないようにしましょう
花に水が掛かると花が傷んでしぼみますので、土にそそぐようにして花に水が掛からないように水をやると良いです。ですが水やりで傷む以上の勢いで毎日咲き乱れますので、気にせず上からバシャーっと水をやってもかまいません。
肥料を必ず追加してください
花が咲いている期間は1週間に一回、液肥をあげてください。ペチュニアは、とにかく咲き続けるので肥料が切れると途端に花が止まります。培養土にも肥料は入っていますが不足します。肥料はリン・窒素・カリがバランスよく入っているものを使います。窒素に偏っていると花が咲きません。
スポンサードリンク

植え付け・植えかえ・種蒔き



連作障害に注意
ナス科の植物(ナス・トマトカリブラコアなどなど)は連作障害が起こります。去年、ペチュニアを含むナス科の植物を植えた場所にペチュニアを植えたり、同様にナス科の植物を植えたプランターの土を去年のままに苗を植えると、連作障害を起こして成長が阻害されます。
新しい土で植えるか、庭植えする場合は別の植物を一年ごとに交互で植えるなどして連作障害を避けてください。
鉢植えやプランターまで変える必要はありませんよ。土だけです。
連作障害を起こすと、虫が付いたり成長が著しく遅くなるのですが、枯れないために問題に気づかなかったり、「不良品の苗」と思いがち。近所のペチュニア・カリブラコアと見比べてみましょう。

80円前後の安い苗より
300円以上の苗を植えた方が、
大きく成長します

その差は歴然。同じペチュニアとは思えないくらいです。ガーデニングの熟練者ほどその違いを知っているので、高いブランド苗を買います。これはペチュアに限らず他の植物でもで、同時期の花材のインパチェンスのブランド苗もオススメです。
スポンサードリンク

管理場所・日当たり


とにかく日光を好みますので、日当りのいい場所に植えてください。半日陰でも生育はしますが、花つきは悪くなります。
夏の暑さにも強い
他の植物に比べると夏の暑さにも強いです。真夏であっても日光に当てていても枯れることはありません。ですが35度を超えたあたりから花が止まり、生育も止まり、元気が無くなります。気温の上昇と共に水切れも起きやすくなるので、あまりに水切れするようであれば、真夏は半日陰に移動させます。

その他


摘芯すると株が大きく育ちます
ペチュニアの芽の最初を摘んでやると、脇芽が出て、株が大きくなって花が増えます。これを摘芯といいます。アサガオやその他の植物でも、有効な手法です。
切り戻しもしましょう
ある程度花が咲いて、一段落したら、株全体を半分か三分の一に切り戻しをすることで、更に株が大きくなります。梅雨前に蒸れ対策を兼ねて、切り戻すと良いです。
中心がハゲてませんか?
株の中心部がハゲてませんか??ペチュニアは放置しておくと徐々に中心部に葉っぱや花が少なくなって、何だかカッパ禿げのようになります。これを防ぐのにも摘芯・切り戻しです。摘芯すると全体がコンモリと仕上がります。種類によってはハゲにくいものもあります。
酸性雨に当たると花の色が滲んでグチャグチャになります。

病害虫と対応の農薬
アブラムシ→ サンヨール液剤AL・モスビラン液剤
ハダニ→ サンヨール液剤AL
うどんこ病→ サンヨール液剤AL
スポンサードリンク

特徴・由来・伝承

ペチュニアはブラジル先住民の言葉で「タバコ」を意味します。これはナス科のタバコ属に似ているためではないかと言われています。
南アメリカ原産で1767年にウルグアイからフランスへと渡ってからはヨーロッパで品種改良が繰り返され、大輪から小輪まで多種のペチュニアが品種改良により生まれました。
日本にはアサガオに似ていることから「ツクバネアサガオ」と呼ばれて入ってきたものの、当時は日本の気候に合っていなかったためにイマイチ人気が出ませんでした。
ところがサントリーが日本の気候に適した品種「サフィニア」を開発したところ人気が高まった。日本に置いてもっとも品種改良の競争の激しい種類です。
スポンサードリンク

SNS Button

TWEET Facebook はてブ Google+ Pocket

不具合報告はこちら

情報が間違っている場合は報告をお願いします。
▼内容

ペチュニアの関連記事

ペチュニアの日記

ナス科の仲間


ナス科の仲間の一覧はこちらから
スポンサードリンク
管理用リンク
管理用