ペチュニアの育て方

MENU
使い方 TOP

ペチュニア(衝羽根朝顔)

ペチュニア
サイト運営の協力のお願い(植物の画像の投稿)
科名ナス科
属名ペチュニア属
学名Petunia
別名衝羽根朝顔
みずやり水を好む
場所外の日なた
難易度初心者向け
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
開花
植え
肥料
スポンサードリンク

栽培の特徴

栽培の特徴
この項目の修正・提案をする
ペチュニアは春から秋のガーデニングの定番
一般的には苗が4月前後に出るのでそれをプランターや庭に植えます。春・夏・秋と直射日光にも負けずワンワンと咲き乱れ、寒さに弱いために冬には枯れてしまいます。
労力に対して得られる満足が大きい!
人気の秘密はよく咲くこと。花がら摘み、摘芯肥料、日光、土など条件をそろえれば更によく咲きます。初心者向けの夏のガーデニング材。
まとめ
水やりは普通。土が乾いたら水をやる。夏は朝夕二回やる。ただし温暖化のせいで夏は水切れが起きやすい。
●日当たりで管理。日光が少ないと花が咲かない。半日陰でも咲くが、やっぱり日当たり。
肥料が切れると花が止まる。肥料は追加するもの。
●霜が降りる頃には枯れる。それでおしまいの一年草
●摘芯すると脇芽が出てよく花が咲く。というか摘芯しないとダメ。
●花がら(咲き終わった花)はこまめに摘み取って捨てましょう。
●古い土で絶対に植えない。古い土で植えると生育不良を起こす。
●昨年ナス科植物を植えた場所には植えない。連作障害を起こします。
●鉢植え・プランターはできるだけ大きなものに植える。でないと夏に非常に水切れしやすい。

スポンサードリンク

水やり

水やり
この項目の修正・提案をする
鉢植えの水やりは土が乾いてから
土が乾いていたら水をタップリとあげます。鉢やプランターの場合は鉢底から水がしみ出すくらいにあげてください。生育が早く、気温が高いとよく水を吸い上げます。水切れすると生育が鈍くなるので注意。ただし土が長期間濡れていると根腐れすることがありますので土が濡れているようなら水はやらないでください。
●夏は朝と夕方の二回、水やりしないと水切れする。
●水をやるときは鉢底から水が出るまでシッカリとやる。
●植えた鉢が小さいと土が少なく、夏に水が全く追いつかないことがある。その場合は半日陰に移動する。

庭植えの水やり
土が濡れている間は水をやらないようにします。庭植えでも水やりは必要です。特に夏は庭植えでも水切れして萎れてしまいます。4月5月は晴れたら水やり、梅雨の間は水やり不要。梅雨明け以降は庭植えでも朝夕の二回、しっかりと水をやります。
水やりが面倒ならば自動水やりタイマーとホースでの水やりを検討します(熱射病対策にもなる)。
梅雨には注意
ペチュニアは育てやすく、丈夫なのですが、梅雨・長雨に過湿で痛みがちになりますので、もしも鉢植えで管理しているのでしたら、軒下に移動させたほうがいいです(枯れる訳じゃないのですが、あまりに長い雨に晒されると腐ってしまうことが…)。
逆に梅雨が終わって夏になると水分の蒸発が早いので、朝と夕方の二回、しっかりと水をやってください。
●生育が早くて、梅雨で多少ダメージを負っても取り返す。どちらかというと、水のやり忘れのほうが多い。
この項目の修正・提案をする
花に水を掛けないようにしましょう
花に水が掛かると花が傷んでしぼみますので、土にそそぐようにして花に水が掛からないように水をやると良いです。ですが水やりで傷む以上の勢いで毎日咲き乱れますので、気にせず上からバシャーっと水をやってもかまいません。
●葉っぱに水をかけることでハダニの予防にもなるので、葉っぱに水をかける方がよい。

肥料

肥料
この項目の修正・提案をする
肥料を必ず追加してください
花が咲いている期間は1週間に一回、液肥をあげてください。ペチュニアは、とにかく咲き続けるので肥料が切れると途端に花が止まります。植え付けのときの培養土にも肥料は入っていますが不足します。肥料はリン・窒素・カリがバランスよく入っているものを使います。窒素に偏っていると花が咲きません。
●ペチュニアの専用肥料がありますのでそれがオススメ。
●培養土や専用土の土は一ヶ月ほどでペチュニアが使い切る。それ以降は肥料を追加しないと花が咲きづらい。
●ペチュニアを販売している会社の見本の画像って信じられないくらいに花が咲いていますよね。摘芯も多少はありますが、最大の違いは肥料じゃないかと。肥料を多めにやると目に見えてよく開花・成長します。ただし、肥料を増やすのは気温が高くなってからね。
●上には「液体肥料を週に一回」としているが、そこにプラス緩効性肥料を一ヶ月に一回やるといい。固形肥料+液体肥料。普通の二倍です。そのくらい「肥料食い」です。
●株元の葉っぱが黄色くなるのは、生理現象もあるがマグネシウム不足もある。マグネシウムは葉緑素の材料。苦土石灰を追加することで回復する。

鉢・プランターへの植え付け・植えかえ

鉢・プランターへの植え付け・植えかえ
この項目の修正・提案をする
植え付け時期
ペチュニアの苗の植え付け時期は4月から6月7月あたり。4月は植え付けできるが、霜にあたると一発で枯れる。4月は地域によっては霜が降りるし、年によっても霜が降りる(霜が降りるような気温でも枯れる)。無難なのは5月以降の植え付け。
●植え付けてしまった場合は、軒下や室内に取り込むことで寒波を避ける。

用土
一般的な培養土でもいいし、ペチュニアの専用の土というのもあります。これらで植えるのが簡単で安上がりです。自作する場合は赤玉土腐葉土4に緩効性化成肥料を混ぜたものを使います。
●一般的な培養土やペチュニア専用土には最初から肥料や成分が入っていて、殺菌・中和してあります。

連作障害に注意
ナス科の植物(ナス・トマトカリブラコアなどなど)は連作障害が起こります。去年、ペチュニアを含むナス科の植物を植えた場所にペチュニアを植えたり、同様にナス科の植物を植えたプランターの土を去年のままに苗を植えると、連作障害を起こして成長が阻害されます。
新しい土で植えるか、庭植えする場合は別の植物を一年ごとに交互で植えるなどして連作障害を避けてください。
鉢植えやプランターまで変える必要はありませんよ。土だけです。
●連作障害を起こすと、虫が付いたり成長が著しく遅くなるのですが、枯れないために問題に気づかなかったり、「不良品の苗」と思いがち。近所のペチュニア・カリブラコアと見比べてみましょう。
●半年に一回、新しい土に植え替えをすることで連作障害を防ぐことも出来るらしい。越冬+連作障害対策で、育て続けることも出来る。でも、それより毎年苗を買い替えたほうが安上がり。
●庭の土に腐葉土や堆肥を3割か4割ほど混ぜるとかなり連作障害を緩和できるが、お金もかかるし、そこまでして毎年ペチュニアなどのナス科植物を植え無くちゃいけないってことはないので、植物を入れ替えて育てるべき。

ブランド苗

この項目の修正・提案をする
高いブランド苗がオススメ
80円前後の安い苗より300円以上の苗を植えた方が、大きく成長します。その差は歴然。同じペチュニアとは思えないくらいです。ガーデニングの熟練者ほどその違いを知っているので、高いブランド苗を買います。これはペチュニアに限らず他の植物でもです。同時期の花材のインパチェンスのブランド苗もオススメです。
●品種の差も大きいが、同じ品種でも個体差がある。特に栄養系でない場合は個体差が大きい傾向がある。栄養系は品質が安定している。

参考挿し芽で増やすことも可能です。
ペチュニア・カリブラコアを挿し芽で増やす

この項目の修正・提案をする
大きめの鉢に植え替えましょう
植え替えは大抵の植物は「一回り大きな鉢に」植え替えるというのが基本ですが、ペチュニアの苗は4月5月の時点でポットに対して三回りくらい大きな鉢、それも少し背の高い鉢がおすすめです。大きな鉢を使うのは生育旺盛ですぐにわーっと大きく広がりあっという間にはみ出すほど成長するからです。少し背の高い鉢を使うのは、成長しすぎて鉢のふちからはみ出た枝葉が少し垂れ下がってくるからです。植え替え直後に大きな鉢の中央にちょこんとおさまった一株のペチュニアがあっという間に鉢からはみ出るほど大きく生育し山盛りの花を毎日咲かせる様は見ものです。
●プランターには植えないほうがいい。土が足りないので。
●根は少しほぐすと根が広がりやすい。土は落とさないほうがいい。
●直径30cmの鉢でも昨今の温暖化の夏の暑さで水切れし、朝夕の水やりでも追いつかないかもしれない。できるだけ大きな鉢に植えること。出来るのであれば庭植えする方が好ましい。庭植えする場合は連作障害に注意する。
●プランターでも育てられますが、65cmのプランターに3つか2つの株を植えると、土が不足して夏に水切れを起こします。直径30cmの鉢に1苗がよいです。どうにもプランターに植える場合は、出来るだけ大きなプランターにして苗は2つにしてください。

庭植えの植え付け

この項目の修正・提案をする
植え付け時期
無難なのは5月以降。多少遅くてもペチュニアは生育が早いので気にしないでもいい。4月でも植え付けは可能だが、地域によって・年によっては霜が降りることがあって、霜が降りると枯れる。鉢植えだと移動させられるが、庭植えだと移動できないので霜が来るなら霜よけをする。
用土
庭の土に腐葉土・堆肥を3割ほど混ぜ、緩効性化成肥料を足して、苦土石灰で中和します。苦土石灰の「苦土」はマグネシウムのことで、マグネシウムは葉緑素生成に必要で、マグネシウムが不足すると葉っぱが黄色くなります。
もしくは一般的な培養土や専用の土で植え付けをします。
庭への植え付け
30cmほどの深さの穴をほって、そこに苦土石灰を混ぜます。苦土石灰は化学反応をすると熱を持つので、反応が終わってから他のものを混ぜます。苦土石灰を混ぜてから二週間後に、その土に腐葉土か堆肥を3割ほど混ぜて、肥料を混ぜます。
あとは、苗を植え付けします。苗は少しほぐしたほうが根が広がりやすいです。株同士は30cm空けます。ペチュニアは基本的に「這う」ものです。立ち性のものありますし、コンモリしやすい品種もあるんですが、それでも「這う」ものなので庭の配置としては手前に植え付けるようにします。

種まき

この項目の修正・提案をする
秋に種をまいて、発芽させて春に苗を植えるか、春に撒いて、そのまま普通に苗にする。
発芽温度は20度から25度。秋(9月10月)か春(4月5月)に気温がそのくらいになったら、ポットや育苗箱に撒いて発芽させる。種をまいて、土をうっすらかぶせるか、全く被せない。明るさを感じないと種子は発芽しないので、土を深くかぶせると発芽しない。明るい日陰で乾燥しないように管理すると、一週間で発芽する。水やりは霧吹きでやるか、ジョウロの出るところを植え向きにして水の勢いを殺してかけるようにする。発芽後は15度から20度を維持して、半日陰で管理する。
用土は赤玉土小粒単用でもいい。種まき用の用土もあるのでそれでも。酸度調整済みのピートモスなら乾燥対策になり、水やりが楽になる。セルトレーでも。
●ペチュニアは種子が非常に小さく、上向きにしたジョウロでも流れるかもしれない。面倒なので、ペチュニアの種まきは普通、しない。
●6月に種まきしても8月の開花には間に合う。種まきから開花まで一ヶ月。ワサワサになるまで二ヶ月。暖地ならば7月に撒いても10月から開花する。8月は高温すぎて生育が鈍い。

こぼれダネでも
ペチュニアは種子が出来づらい品種が多いのですが、そういう品種でも出来づらいだけで種子はできます。種子がこぼれて、翌年の春に発芽して芽を出すことがあります。ただし、ブランド苗の場合は親の性質を受け継いでいるとは限らないです。

管理場所・日当たり

管理場所・日当たり
この項目の修正・提案をする
とにかく日光を好みますので、日当りのいい場所に植えてください。半日陰でも生育はしますが、花つきは悪くなります。
夏の暑さにも強い
他の植物に比べると夏の暑さにも強いです。真夏であっても日光に当てていてもそれで枯れることはありません。ですが35度を超えたあたりから花が開花しなくなり、生育も止まり、元気が無くなります。気温の上昇と共に水切れも起きやすくなるので、あまりに水切れするようであれば、真夏は半日陰に移動させます。
●夏が終わり、秋になり、霜が降りるまでには寒さで枯れます。
●高温には強いが、水切れは起こして枯れる。夏は水のやり忘れに注意。

本来は多年草ですが一年草扱い
ペチュニアは本来多年草なので、冬越しも出来ないわけでは無いのですが、日光を必要としながら、寒さに非常に弱いために相当な気遣いが必要です。それより翌年新しい苗を買ったほうが楽です。普通は一年草扱いです。
●自生地である南米では多年草です。日本では一年草扱いの植物です。
●軒下で管理すれば越冬した…というのはよくある。ダメ元でやってみましょう。

台風という意外な敵
台風で花や葉っぱがボロボロになることがある。が、復活が早いので多少のことは気にしない。ただ、大輪系の花びらがビリビリに破れて凹む。

夏の暑さと水切れ問題

この項目の修正・提案をする
2018年の夏の猛暑によって暑さに強いとされるペチュニアでも、水切れを起こして枯れやすくなっています。品種改良での品質の向上を温暖化が追い越しています。
置き場・地域によっては朝・夕に水やりをしても追いつかないことが増えています。水やりの頻度を増やすか、自動水やりを検討するか、ペチュニアではなくポーチュラカ(非常に乾燥に強い)を植えるか、夏のガーデニングは避けて多肉植物観葉植物を室内で育てるようにします。
●ペチュニアはもとから夏の高温時期は開花が止まるものでしたが、水切れでここまで枯れやすいことはなかった。

摘芯・切り戻し

摘芯・切り戻し
この項目の修正・提案をする
摘芯すると株が大きく育ちます
ペチュニアの芽の最初を摘んでやると、脇芽が出て、株が大きくなって花が増えます。これを摘芯といいます。アサガオやその他の植物でも、有効な手法です。

切り戻しもしましょう
ある程度花が咲いて、一段落したら、株全体を半分か三分の一に切り戻しをすることで、更に株が大きくなります。梅雨前に蒸れ対策を兼ねて、切り戻すと良いです。生育旺盛な植物なので、思い切ってバシバシ切っていって大丈夫です。

中心がハゲてませんか?
株の中心部がハゲてませんか??ペチュニアは放置しておくと徐々に中心部に葉っぱや花が少なくなって、何だかカッパ禿げのようになります。これを防ぐのにも摘芯・切り戻しです。摘芯すると全体がコンモリと仕上がります。種類によってはハゲにくいものもあります。
●酸性雨に当たると花の色が滲んでグチャグチャになります。でも、次々花が咲くのであんまり気にしません。

花がら摘み
ペチュニアの花はいったん咲き終わるとベシャーっとしぼみ、葉に貼りついてしまいます。葉の光合成に邪魔なばかりか、不潔です。咲き終わったらとにかくこまめに花がら(咲き終わった花の部分)を摘みとって捨てましょう。
花ガラ摘みをすると手がベトベトになる。カリブラコアはベトベトがないし、花ガラもほとんど発生せず、楽。
●ペチュニアの花ガラ摘みはやらなくてもいい(やらないから枯れるってこともない)が、花が大きいと花がそこらじゅうに落ちて汚い。そこで小輪系ペチュニアだと、花が落ちても気にならないので、おすすめ。この花がら摘みは品種によってはペチュニアでも不要とされる。
●大輪系は花ガラは摘む。八重系も摘む。花ガラが他のツボミにあたって、ツボミが枯れたりするし、見た目が悪い。小輪はもう、気にしない。摘むのが追いつかないし、小輪だから落ちてもさほど汚くない。なので小輪が人気。
●ペチュニアの品種によっては花ガラを摘もうとすると、茎が切れて予定以上に切れてしまう。そういうときはハサミで切るようにする。面倒ならカリブラコアをどうぞ。
●流通しているペチュニアは種子ができにくいが「全く出来ないわけじゃない」。種子がこぼれて増えている場所もあるが、日本の環境があっていないのだろう。これだけ流通している割に広がってない。

病害虫

この項目の修正・提案をする
ベトベトする
ペチュニアはベトベトの液を出して害虫避けをしている。なのでアブラムシが発生しにくい。そのかわり、ペチュニアってベトベトするんですよね。カリブラコアにはベトベトがない、そのかわりにペチュニアよりは害虫が発生しやすい。
うどんこ病
葉っぱに白い粉がふく。害虫は上記のベトベトで発生しにくいが、ウドンコ病は発生する。原因はカビ。カビの菌は土の中に常在しているので感染を防ぐことは出来ない。乾燥すると発生するが、ペチュニアの場合、弱っているときに発生する。梅雨時期に軒下で管理していると、乾燥+日光不足でうどんこ病が発生しやすい。ウドンコ病が発生したら、対応する薬剤を撒けば回復する。病変部分が多すぎるならば病変部分を切除して薬剤を散布する。ウドンコ病はペチュニアが健康であれば、自然と消えてしまいます。
ハダニ
ハダニは葉っぱから汁を吸う。発生すると葉っぱにカスリが入り、徐々に弱って枯れる。小さな虫なのでパッと見には発生の有無が分からない。ハダニはクモの仲間で糸を吐く。葉っぱや芽に白い糸が絡んでいたらハダニの発生を疑う。糸が見えるくらいならば、結構な発生量になっている。ハダニが発生したら対応する薬剤を散布する。乾燥すると発生しやすいので、水やりのときに葉っぱに水をかけることで予防できる。
●連作障害で抵抗力が下がると発生しやすい。

アブラムシ
アブラムシは茎や葉っぱや新芽から汁を吸う小さな虫。一度発生すると一気に増える。特に新芽の汁を吸い、新芽の成長が止まる。発生したら即、薬剤を散布する。もしくは前もってオルトランなどを散布する。アブラムシはどうにも発生する。
●連作障害で抵抗力が下がると発生しやすい。

エカキムシ
エカキムシはハモグリバエの幼虫の通称。葉っぱの中に卵を産み付け、幼虫になると葉っぱの中を食べまわる。すると食べた部分の色が薄くなり、葉っぱに絵を描いているように見える。この線の最後のところに幼虫がいるので、指で潰す。少量なら問題ないが、大量に発生すると徐々に弱って枯れる。ベニカファインスプレーを散布する。
病害虫と対応の農薬
アブラムシ→ サンヨール液剤AL・モスビラン液剤・オルトラン
ハダニ→ サンヨール液剤AL
うどんこ病→ サンヨール液剤AL
エカキムシ→ ベニカファインスプレー

ペチュニアは光化学スモッグに弱い
都市部でペチュニアを育てている人で、葉っぱに異変がある場合は光化学スモッグも疑う。

トラブルFAQ

この項目の修正・提案をする
花が咲かない
花が一切咲かないというのはほぼない。よほど病害虫が発生しているか、致命的な要因があったと思われる(日光不足・連作障害・根詰まり)。花が咲きづらい原因は、日光不足・肥料不足・根詰まり・病害虫。これらの原因がないのに咲かないならば摘芯して脇芽を出させればよく開花する。種苗会社のサンプル画像のように咲かせるには肥料が足りない、とも。あれと比べてはいけない。
葉っぱが黄色くなる
日光が当たらない株元に近い葉っぱは黄色くなるし、古い葉っぱは落ちていくもの。これは生理現象で問題はない。あまりに生育が良すぎてマグネシウムが足りなくなっても発生する。マグネシウムは葉緑素生成に必要で不足すると、ツル先の葉っぱは青くても株元の葉っぱは黄色くなる。とくに生育が早くなる高温時期に発生しやすい。苦土石灰をやれば回復する。
●庭植えの場合は植え付け時に苦土石灰を混ぜておく。鉢植えの場合は一般的な培養土には入っている。よく鉢植えやプランター上にしている植物の下葉が黄色くなっているのは苦土石灰が不足するからだが、根本的な原因は土不足。土に含まれるマグネシウムが足りないというよりは土全体が足りていないからマグネシウムが足りなくなる。苦土石灰を足せば回復する。

中央がハゲる
ペチュニアはツル性で、ニョキニョキ伸びた結果、株元は禿げる。ペチュニアの本来の性質から考えればこれが本来。品種改良されたものはなりにくいが、それでも「なりにくい」だけで、剪定して脇芽を出させてコンモリになるようにしてやらないといけない。

特徴・由来・伝承

特徴・由来・伝承
この項目の修正・提案をする
ペチュニアはブラジル先住民の言葉で「タバコ」を意味します。これはナス科のタバコ属に似ているためではないかと言われています。
南アメリカ原産で1767年にウルグアイからフランスへと渡ってからはヨーロッパで品種改良が繰り返され、大輪から小輪まで多種のペチュニアが品種改良により生まれました。
日本にはアサガオに似ていることから「ツクバネアサガオ」と呼ばれて入ってきたものの、当時は日本の気候に合っていなかったためにイマイチ人気が出ませんでした。
ところがサントリーが日本の気候に適した品種「サフィニア」を開発したところ人気が高まった。日本においてもっとも品種改良の競争の激しい種類です。

雑記

この項目の修正・提案をする
●肥料不足・日光不足・高温障害で花の色が変わる。色が鈍くなったり、色が抜けたり。
●ペチュニアは初心者向けだが、水やり・花ガラ摘みで手間がかかる。カリブラコアならば花ガラ摘みはしないでいいが、ハダニが発生しやすい。ポーチュラカならば水やりの頻度も少なくなるし、花ガラ摘みもなく、病害虫もほとんど発生しない。しかしポーチュラカには華やかさが足りない。
●ペチュニア・カリブラコアには専用の「土」「肥料」「薬」「ブランド苗」と品物が揃っていて、ビジネスが確立している。便利ではあるが、全部揃えると結構な金額になって、「俺は種苗会社の犬か」と自虐的にもなる。それでも便利ですよ。
スポンサードリンク

不具合報告・質問などはこちら

情報が間違っている場合はお知らせください(「てにをは」のミスでも)。また、追加したほうがいいと思う情報、調べて欲しいこと、あなたが知っているけど書いていない情報など、感想、要望など下のフォームから投稿してください。 また投稿した文章はサイト内で使用することがあるので、そのことをご了承ください。(利用規約・プライバシーポリシーはこちら)
▼内容

ガーデニングアプリを作りました!

「ペチュニア」に関する疑問・質問・日記

SNS Button…友達にお知らせしてください

TWEET Facebook はてブ Google+ Pocket

ブログや掲示板に紹介してください

ナス科の仲間


ナス科の仲間の一覧はこちらから
スポンサードリンク
管理用リンク
管理用