クローバーの育て方

MENU
TOP>マメ科>クローバー
スポンサードリンク

クローバー(シロツメクサ・Clover)

クローバー
科名マメ科
属名トリフォリウム属
学名Trifolium repens
別名シロツメクサ・Clover
みずやり水を好む
場所外の日なた
難易度初心者向け
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
開花
植え
肥料
スポンサードリンク

栽培の特徴


春に苗を植えるか、種を撒いて秋まで楽しむ、そんな感じです。元々が寒冷地の牧草として広まったので、暖地の夏は暑さで枯れてしまうことがありますが、根まで死んでいなければ秋にはまた芽吹きます。冬は地上部が枯死しますが、根が死んでいなければ、春にはまた芽が出てきます。
まとめ
●高温多湿に弱いため、地域と環境によっては夏に枯死する。
●寒さに強い。
肥料が多いと枯れる。
●窒素を土の中に取り込む性質がある。
●春の開花には寒さに当てることが必要。

最近、「四つ葉のクローバー」と称して、カタバミを売っていることがあります。カタバミはぱっと見はクローバーと同じで、しかも四つ葉なんですが、「クローバー」とは違います。
例:ラッキークローバー

水やりと肥料

鉢植えの場合、土が乾いていたら、水をタップリやってください。生育期は10度から20度ですので3月から5月。この時期は水を欲しがるので水切れしないようにします。庭植え(地植え)の場合は自然に降る雨だけで十分です。ただし乾燥して水切れしているようであれば水をやってください。
●鉢植えに水をやるときは、鉢の底の穴から水が出るくらいにしっかりとやってください。
●受け皿の水に水が溜まっていたら捨ててください。放置していると過湿・根腐れの原因になります。
●花に水をかけると花がしぼみます。
●ただし、葉っぱに水をかけることでアブラムシハダニ発生の予防になります。花が咲いているときは株元にそっと水をやって、咲いていないときは葉っぱに水をかけるようにします。

夏に注意
梅雨から夏は高温多湿で弱る時期です。水を控えてください。
空気中の窒素を取り込む
マメ科の植物は空気中の窒素を地中に蓄えます。窒素は植物が育つ植えで重要なモノなので、コンパニオンプランツとしてクローバーを植えるガーデナーもいます。ただ、窒素が一定量を越えるとマメ科の植物は自分で作った窒素で弱っていきます。
肥料
クローバーも窒素を土中にためるので窒素の多い肥料をあげると弱っていきます。生育期に元気がないのであれば市販の液肥を二週間に1回程度与えれば充分、もしくは一切与えません。一般的には何もあげません。
スポンサードリンク

植え付け・植えかえ・種蒔き



種を春に捲くか、苗を植えます。種を巻く場合は土を10センチ程度は掘り返しておきましょう。そこに種を捲いて水をやり、あとは放置。
鉢植えにする場合は、一般的な培養土赤玉土腐葉土4を混ぜたものを利用します。植え付け時の肥料は不要です。
●株同士は20センチ空ける。

植える前に考えて
クローバーが広がるとミミズが集まり、土がほぐれ植物が育ちやすくなります。クローバーは根に特殊な菌を飼っていて空気中の窒素を土に取り入れます。窒素は肥料にも含まれる植物の生育に必要な成分です。ミツバチを集めるので他の花の結実率があがり、いいことづくめ…な気もしますが…環境が合うと、繁殖力が異常に強く、引っこ抜いても根が残っていたり種がこぼれていたりして、一旦育てると逆に完全除去が難しいです。植え付ける前に少し考えましょう。
●繁殖力が強いからこそ、他の植物が生えないようなグランドカバーとして役に立ちます。

管理場所・日当たり

日当たりか半日陰で管理します。元々は寒冷地で育てるものなので、中間地や暖地では真夏の暑さに弱く、夏になると枯れてしまう。
出来るだけ長い間緑を楽しみたいのであれば、鉢植えを夏は半日陰に移動させるか、最初から半日陰に植え付けします。
●半日陰は木漏れ日がさすような場所か、一日に数時間だけ日が当たる場所のことです。

寒さには強い
体感温度はマイナス10度。ただし冬は地上部が寒さで枯れます。寒さに当てないと春に開花しませんから、戸外で管理してください。
スポンサードリンク

その他

アブラムシが発生します。予防として薬剤を散布しておくと良いです。カビが発生して腐っていきます。予防法としては「風通し」です。風通しの良いところで管理し、葉っぱを刈り込んで蒸れを防ぐことで、予防できます。発生したら腐った部分を切除して薬剤を散布します。

クローバーはグランドカバーとして芝生の変わりに植える人もいます。また、クローバーは土を耕し、地表部を覆い隠すことで雑草の繁殖を抑え、窒素分を地中に蓄えて、土地を豊にしてくれます。

特徴・由来・伝承

アイルランドでは三つ葉のクローバーのことをシャムロックと呼び、国の象徴として使われています。厳密に言うとシャムロックは葉っぱが三つに分かれる草の総称でクローバーを指しているとは限りません。シャムロックが特別な意味合いを持ったのは5世紀頃にアイルランドでキリスト教布教の際に、三つ葉のシャムロックは「三位一体」を体現していると説明したことが始まり。

日本ではシロツメクサと呼ばれています。これは江戸時代にオランダからのガラス器の梱包にこの植物が「詰め」物として使われたことから。

●クローバーの蜂蜜は世界で最も生産量の多い蜂蜜
●5つ葉のクローバーは金銭の幸運、二つ葉のクローバーを見つけると不幸になる、というジンクスがあります。
スポンサードリンク

不具合報告・質問などはこちら

情報が間違っている場合は報告をお願いします(「てにをは」のミスでも)。また、質問や提案などなんでも投稿してください。 また投稿した文章はサイト内で使用することがあるので、そのことをご了承ください。
▼内容

クローバーの関連記事

クローバーの日記

マメ科の仲間


マメ科の仲間の一覧はこちらから
スポンサードリンク
管理用リンク
管理用