ユーフォルビア・ダイアモンドフロストの育て方

MENU
TOP>トウダイグサ科>ユーフォルビア・ダイアモンドフロスト
スポンサードリンク

ユーフォルビア・ダイアモンドフロスト(ユーホルビアダイヤモンドフロスト)

ユーフォルビア・ダイアモンドフロスト
科名トウダイグサ科
属名ユーフォルビア属
学名Euphorbia
別名ユーホルビアダイヤモンドフロスト
みずやり水控え目
場所外の日なた
難易度初心者向け
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
開花
植え
肥料
スポンサードリンク

栽培の特徴


花の時期が長いです。
直射日光にも比較的強く、特に手入れが必要がありません。
茎が折れると白い汁が出て、コレに触れるとカブれ人が多いので、手入れをする場合は手袋をしてください。
冬は基本的には室内に取り込んでください。耐寒温度が5度なので、霜にあたらなければ戸外で越冬も可能です。

水やりと肥料

土が乾いていたら水をしっかりとやります。春は二日に一回を目安にしてください。夏は毎日、水をやってください。

ユーフォルビアなので見た目よりも乾燥に強く、多湿に弱いので、水をやりすぎると根が腐ったり、葉っぱがグズグズになったりします。

花の時期が長いために、肥料を必要とします。液体肥料を週に1回と、緩効性の固形肥料も根元に置くといいです。肥料が切れると、葉っぱが黄色く変色します。肥料が切れたからといってすぐに枯れる訳ではありませんが、長く楽しむためには必要です。
スポンサードリンク

植え付け・植えかえ・種蒔き

市販されている土で植え付けします。蒸れに弱いので、水はけのよい土が好ましいです(例:赤玉土7腐葉土3)が、それほど気にする必要はありません。

管理場所・日当たり

日光を好みますので、日当りのいい場所で管理します。

<春>日当たりで管理します。見た目は繊細ですが、実は乾燥に強く頑健。
<夏>日当たりでも大丈夫ですが、あまりに暑いと傷んでしまいます。出来れば半日陰で管理します。
<秋>また春と同様に日当たりで管理します。霜が降りる前に室内に取り込むか軒下に移動させます。
<冬>霜の降りない暖地であれば戸外で越冬可能です。霜が降りる地域ならば、室内で管理するか軒下で管理すれば越冬して春からまた花を咲かせてくれます。

●2010年くらいの猛暑になると「直射日光に強く、暑さに強い」はずのこのダイアモンドフロストも暖地では暑さに耐えられなかったという報告もあります。あまりに暑い場合は半日陰に移動させてください。
スポンサードリンク

その他

花を絶え間なく咲かせたい場合は、しぼんだ花をコマメに摘んであげてください。花が終わると植物は種を作ろうとそちらに栄養を回し、次の花が咲きづらくなります。

ユーフォルビアは切り口から白い汁が出ます。これに触れるとかぶれる人もいますので、作業の際は手袋を着用しましょう。

特徴・由来・伝承

新タイプのユーフォルビア。花の時期が長いことが特徴です。
スポンサードリンク

不具合報告はこちら

情報が間違っている場合は報告をお願いします。
▼内容

トウダイグサ科の仲間


トウダイグサ科の仲間の一覧はこちらから
スポンサードリンク
管理用リンク
管理用