アビスの育て方

MENU
TOP>チャセンシダ科>アビス
スポンサードリンク

アビス(シマオオタニワタリ)

アビス
科名チャセンシダ科
学名Asplenium
別名シマオオタニワタリ
みずやり水控え目
場所外の日蔭
難易度中級者向け
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
開花
植え
肥料
スポンサードリンク

栽培の特徴

直射日光に弱いために、一年中日陰か、半日陰で育てます。乾燥に強いものの、生育期に水が不足すると、新芽が傷んだり、上手く成長しなくなりますので、乾燥には気をつけてください。

成長した葉は乾燥に強いので、新芽部分に霧吹きをかけてやるのがコツです。

シダ類なので花は咲きません。

水やりと肥料

春から秋にかけて気温が高い時期は生育する時期ですので、水を非常にほしがります。槌が乾燥していたらしっかりと水をやり、出来れば葉っぱにも霧吹きで水をかけてやってください。アビスは中心部分を囲むように葉っぱが出てきます。この中心部分に水が少ないと葉っぱがゆがんで生えてきます。
冬は生育がとまりますので、水を控えてください。土が乾いてから数日たって水をやる程度です。頻繁に水をやると根が腐って枯れます。
肥料は生育期に液肥を月に二回か三回やってください。

●5月~9月は水をしっかりと。できれば葉水も。
●冬は水を控える。

管理場所・日当たり

直射日光が苦手で、直射日光に当たると、茶色く変色してしまいます。
葉焼けして変色したようであれば、すぐに日陰に移動してください。
春~秋は戸外でも大丈夫ですが、生育温度は7度と、寒さに弱いために室内に取り込んでください。室内で管理する場合は暖房の温風に当たらないように気をつけましょう。冷暖房の風は非常に乾燥しています。乾燥に弱いアビスに直に風が当たると、痛んで枯れます。
スポンサードリンク

その他

とても湿気を好みますので、ナメクジが発生しやすく、ナメクジが新芽を食べてしまうので、とても悲しい思いをします。

そこでナメクジ誘引剤でナメクジを駆除しましょう。

カイガラムシが発生した場合は、幼虫のうちに薬品で駆除してください。成虫になると薬品が効きづらいので、歯ブラシなどでこそぎ落としてください。

特徴・由来・伝承

胞子を葉の裏につけるシダ植物の一種。オオタニワタリとほとんど同じ。アビスはシマオオタニワタリの品種の一つ。通常のシマオオタニワタリよりも小さくまとまります。画像はシマオオタニワタリです。着生植物で、木や岩の上に根を張る。

ジェームズキャメロン監督の映画「アビス(abyss)」とは「深淵」という意味です。つづりも違います。
スポンサードリンク

不具合報告はこちら

情報が間違っている場合は報告をお願いします。
▼内容

チャセンシダ科の仲間


チャセンシダ科の仲間の一覧はこちらから
スポンサードリンク
管理用リンク
管理用