センペルビュームの育て方

MENU
TOP>ベンケイソウ科>センペルビューム
スポンサードリンク

センペルビューム(センペルビウム)

センペルビューム
科名ベンケイソウ科
属名センペルビウム属
別名センペルビウム
みずやり水控え目
場所外の半日蔭
難易度初心者向け
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
開花
植え
肥料
スポンサードリンク

栽培の特徴

耐寒性が強く、霜に当たろうと、雪が積もろうと枯れない多肉植物です。寒さに当たると紅葉することも人気の理由です。品種が多く、コレクターは何種類も集めて育てています。

水やりと肥料

土が乾いていたら水をたっぷりとやります。多肉植物ですから、乾燥に強く、水をやりすぎると枯れてしまいます。センペルビュームを枯らせる理由は大抵「水のやりすぎ」です。腐ってきたら、水のやりすぎたと思って下さい。
春と秋にゆっくり効く緩効性化成肥料を少量か、液肥を少しあげます。肥料をあげないからといって枯れることはありません。

●土がカラカラになるまで絶対に水をやらない。
●葉っぱにシワが寄ってから水をやるくらいでもOK

植え付け・植えかえ・種蒔き

水はけの良い土を好みます。市販されている花と野菜の土に鹿沼土を混ぜて水はけをよくして利用するか、ホームセンターに売られている「多肉植物の土」を使うと便利です。

管理場所・日当たり

日当たりを好みますが、真夏の直射日光には葉っぱが焼けてしまいますので、真夏だけは半日陰へと移動させます。
少々の雨に当たる程度なら大丈夫ですが、梅雨や秋の長雨に晒されると根腐れすることがありますので、出来れば春・秋・冬は軒下で日が当たる場所で管理します。日当たりが悪いと、ヒョロヒョロと伸びて格好が悪くなります。

特徴・由来・伝承

多種あり、形状や性質が若干違いますが、育て方は同じです。気温が下がり寒さに当たると紅葉します。カラーリーフプラントともいえます。初心者でも管理が簡単ですが、水をやりすぎて枯らします。

寒さに強い多肉植物って珍しいです。
スポンサードリンク

不具合報告・質問などはこちら

情報が間違っている場合は報告をお願いします(「てにをは」のミスでも)。また、質問や提案などなんでも投稿してください。 また投稿した文章はサイト内で使用することがあるので、そのことをご了承ください。
▼内容

ベンケイソウ科の仲間


ベンケイソウ科の仲間の一覧はこちらから
スポンサードリンク
管理用リンク
管理用