白雪姫の育て方

MENU
TOP>トウダイグサ科>白雪姫
スポンサードリンク

白雪姫

白雪姫
科名トウダイグサ科
属名ユーフォルビア属
みずやり水控え目
場所外の日なた
難易度中級者向け
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
開花
植え
肥料
スポンサードリンク

栽培の特徴


正式にはユーフォルビアの白雪姫。トウダイグサ科でポインセチアにも近種。白雪姫は園芸品種名です。

短日植物で、日が短くなる9月以降に花芽が出来ます。9月以降に剪定をすると花芽まで落としてしまいますので、9月以降は剪定しないでください。

ポインセチアに近い管理方法になりますが、ポインセチアより寒さに弱いです。

水やりと肥料

土が乾いていたら水をしっかりとやります。土が濡れているうちは水をやらないようにします。

受け皿に水が溜まっていたら水を捨ててください。

市販されている白雪姫の土に肥料が入っていて、もともとあまり肥料を必要としていませんので、購入した年は肥料は必要ありません。春以降に二カ月に一回固形肥料をあげるか、月に二回か三回ほど液肥をあげます。
スポンサードリンク

植え付け・植えかえ・種蒔き

植え替えは4月以降に行います。寒いうちは植え替えをしないようにします。

管理場所・日当たり

日当たりで管理します。霜に当たると枯れてしまいます。また寒さには弱いので、花芽がついて咲き始めた10月・11月以降は室内で管理します。

短日植物で、夜も明るい室内で管理していると花芽がつきません。店頭で購入した場合はすでに花芽がついているのでそのまま室内で管理していいのですが、以前から育てている場合は、9月以降、花芽が付くまでは戸外で管理しておきます。

寒さに弱く10度以上で管理します。5度前後の気温に一日置いておくと、紅葉し落葉します。

その他

ユーフォルビアの仲間なので、茎を折ったり切れたりすると、白い乳液が出ます。この汁に触れるとかぶれます。
スポンサードリンク

特徴・由来・伝承

白雪姫はユーフォルビアの仲間です。外見はユーフォルビア・ダイアモンドフロストと似ていますが、開花時期が違います。

エルサルバトル原産。

長い間「ダイアモンドフロスト」と同じようなものだと思っていたのですが、育て方が全然違うのですね。お客さんに嘘を教えていました。申し訳ないです。
スポンサードリンク

不具合報告はこちら

情報が間違っている場合は報告をお願いします。
▼内容

トウダイグサ科の仲間


トウダイグサ科の仲間の一覧はこちらから
スポンサードリンク
管理用リンク
管理用