カネノナルキ(金の成る木)の育て方:水やり・日当たり・管理場所などまとめ

MENU
TOP>ベンケイソウ科>カネノナルキ
スポンサードリンク

カネノナルキ(フチベニベンケイ・花月・金のなる木)

カネノナルキ
科名ベンケイソウ科
属名クラッスラ属
学名Crassula
別名フチベニベンケイ・花月・金のなる木
みずやり水控え目
場所日の当たる室内
難易度初心者向け
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
開花
植え
肥料
スポンサードリンク

栽培の特徴


カネノナルキは日光を非常に好みますが、かといって日陰で育てたからと言って枯れるということもありません。とても育てやすい植物で、葉っぱの肉厚さを見れば分かるとおり、水分を溜め込む機能も備えていて、少々水をやり忘れたからといって枯れるということもありません。初心者向きの観葉植物と考えてください。
まとめ
水やりは乾燥気味に。
●冬はさらに水やりを控える。
肥料は控えめ。生育期に肥料をやると大きくなる。
●大きく育つと花が咲きやすい。
●霜に当たると枯れる。
●冬は室内、春から秋は戸外が基本。
●2年か3年に一回植え替えをする。

水やりと肥料


水のやりすぎに注意
カネノナルキは多肉植物で、乾燥に強い性質です。その代わり、ジメジメした状態が長く続くと雑菌が繁殖して根が腐って枯れてしまいます。カネノナルキの水やりのコツはとにかく「乾燥気味」。土が乾いてから数日経って水をやる程度。葉っぱから水が切れて、シワが寄ってから水をやっても十分です。そのくらいの「メリハリ」をつけて水をやる方が健康です。
●カネノナルキが枯れる原因の一位は間違いなく「水のやりすぎ」です。
●9月10月あたりから水やりを減らします。気温・日光が弱くなり生育が鈍くなるからです。
●冬は生育が止まります。冬はさらに水を控えます。月に一回か二回程度です。ただしあくまで目安。土の状態と葉っぱの状態をよく見て水をやってください。
●冬でも完全に生育が止まっているわけではありませんから、完全に水を切ってはいけません。
●1mを超える大きな株は8月9月に水を控えることで開花しやすくなる?とも言われます。植物は危機を感じると開花し実を残して子孫を残そうとするため。

肥料
基本的には肥料を多く必要とする植物ではないです。ですが生育時期に肥料をやって育てることで大きくなって開花しやすくなります。4月から9月の生育時期に薄い液体肥料を二週に一回やるか、一ヶ月に一回、少なめの緩効性固形肥料をやります。
スポンサードリンク

植え付け・植えかえ・種蒔き


冬に霜がおりない地域であれば戸外の庭植えで育ちますが、それ以外の地域では鉢植えにするのが普通。鉢植えにして冬は室内で管理するようにします。カネノナルキは縁起物の植物なので、枯らすとどうも気分が悪いです。
●霜が降りる地域でも0度以下にならないならば、霜よけがあれば越冬する、かもしれない。

用土
多肉植物の土という専用の土か、サボテンの土があるので、それで植えるのが便利で安上がりです。自作する場合は
赤玉土腐葉土
赤玉土(小粒)4 川砂4 腐葉土2
赤玉土(小粒)5 腐葉土3 パーライト2

などの組み合わせで作ります。まーやっぱり多肉植物の土が便利です。適切な肥料も入っていますしね。地植えにする場合は、庭土に川砂やパーライト、腐葉土を入れて水はけ良くしてから植えてください。
植え替え
2年か3年に一回、植え替えをします。鉢の中に根が行き渡り、根が詰まると生育不良を起こします。これを防ぐために、植え替えをしなくてはいけません。生育時期(4月から8月)、鉢から株を取り出して、古い土を三分の一ほどとして新しい土で植え替えてください。根腐れしている場合は、土を「全て」落とし、古い変色した腐った根を切って落とします。それから日陰で切り口を綺麗に乾かしてから、植え直してください。
●株に対して大きな鉢に植えていると、根腐れしやすい。根腐れした場合は前より少し小さめの鉢に植え替えると根腐れを防げます。

増やし方……
葉挿しをして増やすことが出来ます。葉っぱを切って、一旦日陰で放置して、切り口を乾かします。乾かさないですぐに土に挿しておくと、切り口から腐ってしまうことがあります。土に挿しておくと根が出て成長します。いくらでも増えてしまうのでふやし甲斐の無い植物です。鉢が場所をとって仕方ないですww。
●葉挿し、植え替え、ともに5月から8月の暖かい時期に行ってください。
スポンサードリンク

管理場所・日当たり


春から秋は戸外で管理し、冬は室内で管理するのが基本。
基本的に一年中、日当たりで管理
日当たりを好みますが、少々日が当たらなくても枯れることも無く成長しますので、玄関に放置している家も見かけます。
●真夏の直射日光でも葉焼けしないのですが、室内からいきなり夏の直射に当てると葉焼けします。春から戸外で日光に当てて管理して慣らしてください。
●葉っぱに白い斑入りのカネノナルキは真夏の直射日光に当てると葉焼けします。

日光が少ないと徒長する
日の少ない場所だと徒長してニョキニョキ伸び、玄関のスペースを占領してしまうので、邪魔なときは適当に枝を落としてやりましょう。ただ、愛着があってなかなか剪定出来ない人が多いようです。
●日当たりが悪いと葉っぱの緑が濃くなり、間延びする。かといって枯れるわけではないなら問題はない。

耐寒温度は0度
0度で枯れます。霜に当たると枯れます。霜は気温が4度以下で発生するので、実際には0度ではなく最低気温が5度以下になる前に室内に取り込みましょう。冬は室内の日当たりで管理します。一般的な家庭では0度以下になることはほとんどないです。特にリビングなど昼間は人が生活している場所ならば夜中でも5度以下になることはほとんどないです。ただし外気に近い、出窓などは夜中に0度以下になることがあるので注意してください(強い寒気が来たら部屋の中央へ移動させる)。
スポンサードリンク

その他

コナカイガラムシ
白いフワフワした虫が発生したらコナカイガラムシです。カイガラムシは基本的にどんな植物にも発生します。発生したら対応した農薬を散布するか、数が少ないのであれば、ティッシュで削ぎ落とすか、歯ブラシ削ぎ落とし、殺して捨てます。
●放置しているとあっという間に増える。
●カイガラムシの糞からすす病が発生する。とにかく早めに駆除する。

カネノナルキに花が付かない理由
●肥料が多い・水のやり過ぎ
肥料が多いと栄養を葉を伸ばすことにまわして、どんどんと大きくはなるものの花がつかないということになります。ある程度の大きさになっても花が咲かないときは、肥料を与えず、水も控えましょう。
カネノナルキに限らず植物にとって「花を咲かせる」というのは子孫を残すためのものです。栄養がたっぷりあるときは花を咲かせる必要がありません。すこし危機を煽ってやると花を咲かせやすいので、夏以降は肥料を絶ち、水も減らしましょう。本によっては水も一切やらないように書いてあります。

●日光に当てる
カネノナルキは多種あり、花の咲きづらい品種もあります。一般的に流通しているカネノナルキは日光に当てなくても咲きますが、咲きづらい品種は日光にしっかりと当てないと咲きません。

特徴・由来・伝承

金のなる木の新芽に五円玉を通していると、そのまま大きくなり、「お金がなっている」と言って園芸店が売ったことが始まりではないかなと思います(もしくは元々そういう遊び方をした?)。実は花の名前は販売業者や輸入業者が市場に出す際に勝手に「商品名」として勝手に名前をつけることが多く、その名前が一旦馴染むと、学名や正式な名前よりも一般的になってややこしいことになりがちです。
スポンサードリンク

不具合報告・質問などはこちら

情報が間違っている場合は報告をお願いします(「てにをは」のミスでも)。また、質問や提案などなんでも投稿してください。 また投稿した文章はサイト内で使用することがあるので、そのことをご了承ください。
▼内容

カネノナルキの日記

ベンケイソウ科の仲間


ベンケイソウ科の仲間の一覧はこちらから
スポンサードリンク
管理用リンク
管理用