コモンセージの育て方

MENU
TOP>シソ科>コモンセージ
スポンサードリンク

コモンセージ

コモンセージ
科名シソ科
属名アサギリ属
学名Salvia officinalis
みずやり水控え目
場所外の日なた
難易度中級者向け
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
開花
植え
肥料
スポンサードリンク

栽培の特徴

一株植えておけば増える
花も咲き、香りが強く、夏越しさえうまく行けば簡単に増えます。種撒きするまでもなく一個苗があれば挿し木でいくらでも増えます。

生育サイクル
春に芽吹いて花を咲かせ、夏を越して秋を越え、冬は霜に当たって落葉しますが、春にはまた芽を出します。植え付けは春。種蒔きは春と秋です。コモンセージは発芽が一定でなく、性質もバラけていて生育が遅いので、種蒔きには向いていません。コモンセージでの種蒔きは一般的にはしません。苗を植えつけます。

高温多湿に若干弱い
高温多湿に弱く、梅雨の長雨と夏のムレで、枯れ混むことがありますが、前もって刈り込んでおくことで風通しをよくして、夏越しさせるのは難しくはありません。

冬には落葉
霜に当たると落葉して枝だけになります。根本から三分の一だけ残して刈ってください。
スポンサードリンク

水やりと肥料

乾燥に強く、多湿に弱いです。水をやりすぎると根が腐って枯れてしまいます。

生育期には肥料
春と秋に緩効性の固形肥料をほどこすか、春と秋に二週間に一回程度液肥をやります。夏は暑さと湿気で株が弱りますので肥料はやらないでください。弱っているコモンセージに肥料をやると逆効果です。また冬は落葉して休んでいますので、肥料はやりません。

植え付け・植えかえ・種蒔き

水はけのよい肥沃な土を好みます。市販されているハーブの専用土で植え付けをしてください。

庭植えするときは
庭植えする場合は前もって苦土石灰を混ぜ込んで中和させておきます。庭の土が水はけが悪いならば川砂か赤玉土を混ぜて水はけをよくし、腐葉土を混ぜておきます。
スポンサードリンク

管理場所・日当たり

日光を好むのですが、真夏の直射日光と高温と多湿を嫌うので、庭植えにして日向で管理している場合は、夏だけはヨシズなどで半日陰の環境を作ってあげてください。

一度増えてしまえば、挿し木でいくらでも
花が咲けばその後に種子が出来て、こぼれダネで株も増えますが、もっと手っ取り早いのは挿し木です。夏を避けた春と秋に、枝を切り取り土に挿しておくと根が出てきます。

虫が付かないのです
コモンセージは香りが強く虫がつきません。それだけでなく、近くに植えた植物にも虫が付きづらくなります。アブラナ科の植物に蝶がタマゴを産み付けるのを防ぐ効果があります。

その他

花は春の新芽に芽吹く
花芽は昨年伸びた枝から出た新芽につきますので、新芽が出て以降は切り戻し剪定をしないでください。
スポンサードリンク

特徴・由来・伝承

セージが庭にある家には死人が出ない
セージが庭にある家には死人が出ない――なんていう諺(コトワザ)があるくらい古来から薬用として利用されてきたハーブの一種。セージとサルビアは同じ属の植物で、ハーブ目的のものをセージ、観賞用のものをサルビアと呼ぶ(とは限らないですが、まぁそんな区分けです)。

セージには多種ありますが、単にセージと書くとコモンセージを指します。コモンセージは薬用サルビア・ガーデンセージとも呼ばれます。常緑低木です。

ブロードリーフセージ
頑健で枯れないブロードリーフセージという種類があります。ブロードリーフセージは葉っぱが大きく、薬効がセージと同じで収穫量が多くなるという利点がありますが、あんまり「かわいくない」です。
スポンサードリンク

不具合報告はこちら

情報が間違っている場合は報告をお願いします。
▼内容

シソ科の仲間


シソ科の仲間の一覧はこちらから
スポンサードリンク
管理用リンク
管理用