ダンコウバイの育て方

MENU
TOP>クスノキ科>ダンコウバイ
スポンサードリンク

ダンコウバイ(檀香梅・鬱金花)

ダンコウバイ
科名クスノキ科
属名クロモジ属
学名Lindera obtusiloba Blume
別名檀香梅・鬱金花
みずやり水を好む
場所外の半日蔭
難易度中級者向け
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
開花
植え
肥料
スポンサードリンク

栽培の特徴

樹高は5、6mまで生育する。落葉広葉樹。雌雄異株でメスなら実がなります。ただ魅力は早春の花と秋の紅葉。
まとめ
●育てやすい。
●乾燥に弱く、多少ジメジメした場所を好む。半日蔭が適しています。
●3月に黄色い花が咲く。
●紅葉の黄色も綺麗。モミジと並ぶ秋の紅葉の代表。透明感がある黄色は人気。
●店では売ってないのでネットショップでどうぞ。

水やりと肥料

乾燥にちょっと弱い
多少湿った場所を好みます。水はけがあまりによかったり(つまり水持ちが悪い)、日差しが株もとによく当たる場所では乾燥で枯れこんできます。そういうところでは、水やりを増やすか、根元に腐葉土を敷きこんだり、グランドカバーを生やすなどして蒸散を防ぎます。
●普通は一旦植えたら、放置で、真夏の乾燥時期に水をやる程度にします。

肥料
冬に寒肥として周囲に穴を掘って、堆肥を腐葉土を混ぜ込んでやります。肥沃な土を好みます。
スポンサードリンク

植え付け・植えかえ・種蒔き

冬に植えるのが適しているが、真夏の乾燥期以外なら大丈夫。
土は水はけがよく、肥えた土…まぁ、常識的な範囲の水はけで普通に肥えていれば大丈夫です。
庭に植える前に、土に堆肥を腐葉土をすきこんでおきます。土に石がある場合は、出来るだけ取り除いておきましょう。
●土を掘った時に水が染み出すような場所では根腐れをおこします。そういった場所は避けます(多少ジメジメした場所を好むといっても、そんな土では腐ります)。
●植える時に麻布がついているなら、外すとよいが外さなくてもいい。ナイロンや針金が巻いてあるならこれは外す。
●植え付け後、しばらくは生育の調子が悪いのが普通です。長い目で見ましょう。

●秋に赤い実が出来ます。これを収穫して3月に蒔くと発芽して株を増やすことが出来ます。
スポンサードリンク

管理場所・日当たり

日本に自生する植物
関東以南、関東以西で自生しています。北海道南部の庭でも生育するらしいです。半日蔭を好みます。寒暖に強く、芽吹きやすく、育てるのは難しくありません。
乾燥に弱く半日蔭が適しています
ダンコウバイは乾燥に若干弱いです。多少ジメジメしている場所を好みます。日向だと場合によっては乾燥で枯れこむかもしれません。半日蔭が無難です。

その他

剪定
ダンコウバイは株元から数本が立ちあがる形になります。邪魔になった枝や古い枝をさばく程度にしておいて、自然に生えるようします。その方が綺麗になります。剪定は落葉時期にしてください。
●芽吹くのが早いので、多少強く剪定しても戻ります。

病害虫
アブラムシカイガラムシがたまに発生する。オルトランを蒔いておくとよいが、ほとんど病害虫は発生しない。
スポンサードリンク

特徴・由来・伝承


檀香はビャクダン(白檀)の香りのこと。実に強い香りがある。実は10月ごろに赤く熟す。葉っぱにも多少、香りがあり、もむと匂う。幹や枝を折るとやはり匂いがする。雌雄異株でその強い香りを放つ実をつけるのは当然メス株のみ。花が似た時期に黄色い花を咲かせるアブラチャンよりは大きめで、枯れ枝に突然黄色い花を咲かせるので目立つ。秋には黄色く紅葉する。
●学名のLinderaはスェーデンの植物学者「Linder」から。
●鬱金花は花色から。
スポンサードリンク

不具合報告・質問などはこちら

情報が間違っている場合は報告をお願いします(「てにをは」のミスでも)。また、質問や提案などなんでも投稿してください。 また投稿した文章はサイト内で使用することがあるので、そのことをご了承ください。
▼内容

クスノキ科の仲間


クスノキ科の仲間の一覧はこちらから
スポンサードリンク
管理用リンク
管理用