ニコチアナの育て方

MENU
使い方
TOP>ナス科>ニコチアナ
スポンサードリンク

ニコチアナ

nophoto
サイト運営の協力のお願い(植物の画像の投稿)
科名ナス科
属名タバコ属
学名Nicotiana
みずやり水を好む
場所外の日なた
難易度初心者向け
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
開花
植え
肥料
スポンサードリンク

栽培の特徴

栽培の特徴
この項目の修正・提案をする
育て方の概要
ナス科で一年草宿根草があるが、冬に枯れる事が多いので一年草扱い(暖地では冬越しすることもある)。夏の暑さには強く、夏のガーデニング材と考えれば開花時期も長く、よく開花し、夕方には甘い香りがして、実は結構優秀なやつ。今後は流通が増えるかもしれないが現在(2018年)のところは流通はほとんどない(と思う…見たこと無いから)。
大きさ・草丈・樹高
草丈30cmから1m…品種による
まとめ
●土が乾いたら水をやる。
●生育時期は肥料をやる。肥料が切れると開花が止まる。
●春に植えて秋に枯れる「一年草」と考えるならば初心者向きの園芸材としてかなり優秀。
●花がしぼんだら摘む。摘むことで次の花が咲きやすくなる。
●日当たりで管理。
●雨には当てないほうがいい。特に梅雨は。

水やりと肥料

水やりと肥料
この項目の修正・提案をする
水やりのコツ
庭植えの場合は一旦根付いてしまえば自然に降る雨だけでほぼ十分。日照りの時に水をやる程度です。
鉢植えの場合は土が乾いたら水をやります。水をやるときは鉢底から水がしみ出すくらいにしっかりとやります。若干、過湿に弱いので土が濡れている間は水やりをしないでください。根腐れを起こします。水をやったら、次には土が乾くまで水をやらない…メリハリのある水やりをしましょう。受け皿の水は捨ててください。
夏の水やり
夏は早朝か夕方に水やりをします。昼間に水をやると水が沸騰して根を傷めます。
肥料
庭植えでも鉢植えでも生育期間中は肥料をやります。緩効性肥料を一ヶ月に一回か、液体肥料を一週間に一回やります。開花が多く、肥料が切れると開花が途切れますので、肥料は必ずやります。
●特にリンの多い肥料をやるとよく開花する。

植え付け・植えかえ・種蒔き

植え付け・植えかえ・種蒔き
この項目の修正・提案をする
植え替え・植え付け時期
植え付けは苗は4月から7月あたりの間。種まきも4月から5月。ただし、霜に当たれば枯れるので、霜が降りなくなってから植えるようにする。冬を越せた場合は春に植え替えをする。
用土
肥えていて、水はけが良く、水持ちもよい土を好みます。多少、酸性の土を好みます(弱酸性)。一般的な培養土は中性に調整してあるので、ここにピートモスを1割ほど足すか、赤玉土中粒か小粒5腐葉土3ピートモス2か、赤玉土中粒か小粒3ピートモス3バーミキュライト2を混ぜたものを使います。
ブルーベリーツツジの土は「酸性」で弱酸性じゃないので、これは流石に酸度が強すぎ。
●多分、普通の培養土でもそんな問題はないと思われる。弱酸性が好ましいだけで、中性の土だと枯れるってことはない。寄せ植えにしている人もいるから。上に書いたのはあくまで細かいことを言えばって話。

連作障害を起こす
ナス科植物と連作障害を起こす。ナス科というと夏の植物の定番カリブラコア類・ペチュニア類が入るので注意。過去にナス科植物を2年か3年以上植えていないところに植えないこと。鉢植えにする場合でも古い土を流用しないこと。必ず新しい土で植える。
●連作障害を起こすと、生育不良になり、病害虫にかかりやすくなる。

植え付け方法
鉢植えの場合は、一株あたり直径20センチくらいの鉢を用意します。号数にして6号か7号。根を少しほぐしてから植えます。鉢底の穴をアミで塞いで土が出ないようにしてから軽石を2センチから3センチほど入れて、軽石の上に土を入れ、株を入れて、隙間に土を入れていき、最後に水をやります。鉢底から水が出るまで水をやってください。

庭植えの場合は、30cmの深さの穴を掘って、掘り出した土に腐葉土か堆肥を3割、ピートモスを1割ほど混ぜて、株を入れて、隙間に土を入れて、最後に水をやって完成です。株間は20cmほど空ける。
●庭植えも鉢植えも植え付け時に緩効性肥料を混ぜる。一般的な培養土には最初から肥料が入っているので不要。
●丈の高い品種は支柱を立てて、風で倒れないようにする。

種まき
4月5月に種まきをします。発芽温度は20度から25度。上記の用土を入れた育苗箱や鉢に種まきをして土を被せず、上から抑える程度にする(ニコチアナの種子は光にあたって発芽するので完全に土をかぶせると発芽しない)。発芽まで乾燥しないように水をやってください。霧吹きでやるといいです。日陰で管理します。たくさん生えたら間引いて減らしてください。本葉が4枚以上になったら庭や鉢に植え替える。
●苗の流通が少ないので、今(2018年)のところは種まきが多い。
●昨年の種子を採取して、それを春にまくことも可能。

管理場所・日当たり

管理場所・日当たり
この項目の修正・提案をする
日光を好む
激烈に日光を好みます。日光不足になると徒長しますし、なにより開花が止まります。半日陰でも育ちますが、やっぱり日当たり。とにかく日当たり。高温多湿に若干弱いですが、高温よりは問題は多湿。梅雨時期は雨の当たらない場所に移動させるのが好ましい。ちなみに花は雨に当たるとクシャってなってしまいますので、鑑賞のためにも軒下・ベランダの雨の当たらないところが好ましいです(特に梅雨のときは)。
●真夏に日当たりで管理していて、どうにも水切れする場合は半日陰に移動させます。

寒さに弱い?
10度以下で生育が止まり、5度以下で枯れる。霜に当たれば一発で枯れる。霜の降りない暖地では戸外で越冬する。秋には枯れる一年草と割り切ればいいと思う。
●しかし、5度というと室内で越冬できなくもない温度。今後は室内で越冬させるガーデナーが出てくるかも。まぁ、その前に流通量が少なすぎ。認知度も低すぎ。

その他

その他
この項目の修正・提案をする
病害虫
アブラムシ・オオタバコガ・モザイク病
モザイク病というのは葉っぱ縮んで生育不良を起こすウィルス病です。このウィルスを運んでくるのがアブラムシ。アブラムシの発生は植物を育てる上で仕方ないことなので、見つけ次第、捕殺&薬殺で。
オオタバコガは西日本で発生しやすい害虫。夜に飛んできて卵を産み付け、幼虫がツボミや花を食べる。私はあんまり実害を聞いたこと無いけど。
剪定
終わった花は摘む。摘むことで次の花が咲きやすくなるし、脇芽が出て花が増える。花ガラ摘みが一番の仕事。やったら結果が出る仕事だからやりがいはあるでしょ。
●面倒なら、花が一段落したところで、全体を半分に刈り込んでもいいです。
●草丈を小さく抑えたい場合は、もっと根本近くで切ります。

特徴・由来・伝承

この項目の修正・提案をする
星型の花が咲くナス科植物。アメリカ・ポリネシア・オーストラリアの熱帯・亜熱帯に自生する。タバコ属(ニコチアナ属)で、煙草もこの属にあるので、タバコの仲間。花を楽しむ場合はニコチアナと呼ぶ。「木立ちタバコ」と呼ばれる低木になるものもある。夕方には甘い香りがする。
規制対象にあったニコチアナ
明治37年(1904年)にタバコ専売法によってタバコ属であるニコチアナの栽培が禁止されました。JTの保護というか、税収入のためですね。で、このタバコ専売法のためにニコチアナは流通できませんでした。それが「観賞用ならOK」となったのがなんと1985年。割と最近の話なんですね。流通していない…というか、これだけ優秀なガーデニング材が世間にイマイチ知られていないのは、そういう事情があるのです。
スポンサードリンク

不具合報告・質問などはこちら

情報が間違っている場合はお知らせください(「てにをは」のミスでも)。また、追加したほうがいいと思う情報、調べて欲しいこと、あなたが知っているけど書いていない情報など、感想、要望など下のフォームから投稿してください。 また投稿した文章はサイト内で使用することがあるので、そのことをご了承ください。
▼内容

SNS Button…友達にお知らせしてください

TWEET Facebook はてブ Google+ Pocket

ブログや掲示板に紹介してください

ナス科の仲間


ナス科の仲間の一覧はこちらから
スポンサードリンク
管理用リンク
管理用