矮性サルスベリの育て方:植え付けて一年は水切れに注意!

TOP >ミソハギ科>サルスベリ>>管理

矮性サルスベリ

矮性サルスベリ
科名ミソハギ科
属名サルスベリ属
学名Lagerstroemia indica
みずやり水控え目
場所外の日なた
難易度初心者向け
画像の投稿
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
開花
植え
肥料

矮性サルスベリの育て方

文章の修正育て方の概要
矮性サルスベリミソハギ科の落葉低木。品種改良で矮性になったもの。矮化剤を使っているわけじゃないので、樹高は庭植えにしても最大で2m程度。冬は落葉し、春に芽吹いて、夏に開花し、秋には紅葉する。紅葉も綺麗で鑑賞価値がある。花が目の高さあたりで咲くのが最大のメリット。庭植えでもいいし鉢植えでもいいが、水切れすると花が咲かなくなるので庭植え推奨は変わらない。詳細はサルスベリを参考に。
樹高2m
まとめ
●矮性サルスベリはミソハギ科の落葉低木。
●冬は落葉、春に芽吹いて、夏に開花して秋に紅葉する。
●庭植えにしたら自然に降る雨でほぼ十分だが、植え付けて一年は水切れしやすい。
●鉢植えの場合は、土が乾いていたら水をやる。夏は水切れしやすいので注意する。
●冬に剪定する。夏に切り戻す。剪定・切り戻しをするとよく枝分かれして開花する。
●2月と9月に肥料を。

参考リンク
詳細な育て方はサルスベリを参考に。

品種

文章の修正
品種
矮性サルスベリ
矮性サルスベリ・ペチートプラム
矮性サルスベリ・ペチートレッド
矮性サルスベリ・ペチートスノー
矮性サルスベリ・ウィズラブ
矮性サルスベリ・チカソー
矮性サルスベリ・チカレッド
矮性サルスベリ・ポコモック

矮性サルスベリの水やり

文章の修正庭植えの水やり
庭植えの場合は根付いてしまえば自然に降る雨だけでほぼ十分。日照りの時に水をやる程度です。植え付けして一年は根が張っていないので水を吸い上げる力が弱く、水切れが起きやすいです。
●夏に日照りなのに水をやらないでいると開花が止まる。

鉢植えの水やり
鉢植えの場合は土が乾いたら水をやります。水をやるときは鉢底から水がしみ出すくらいにしっかりとやります。受け皿の水は捨ててください。
●冬は生育が鈍くなっているので土が乾いてから数日経って水をやります。

矮性サルスベリの肥料

文章の修正庭植えの肥料
サルスベリはよく生育し、よく開花するので、その分だけ肥料を欲しがる。
2月と9月に緩効性化成肥料をやります。2月の肥料は春以降の生育のための肥料で、9月の肥料は夏までに消費した栄養を補給するための肥料。
●油粕1:骨粉1を混ぜたものを使う。

鉢植えの肥料
春から秋の生育時期(4月から9月)に肥料…化成肥料か油粕1:骨粉1を混ぜたものをやる。

植え付け・植えかえ

時期・用土

文章の修正植え付け・植え替え時期
新芽が出る前(3月4月)か、落葉する10月11月に植え付け・植え替えをする。
用土
一般的な花と野菜の培養土で植えるか自作する場合は赤玉土小粒6腐葉土4を混ぜたものを使う。庭土に3割ほど腐葉土か堆肥を追加して混ぜて用土として使う。

鉢植えの植え替え

文章の修正鉢植えの植え替え
鉢植えの場合は、現在の鉢より一回り大きな鉢か同じ大きさの鉢を用意します。株の古い土を三分の一ほど落としておきます。鉢底の穴をアミで塞いで土が出ないようにしてから軽石を2センチから3センチほど入れて、軽石の上に土を入れ、株を入れて隙間に土を入れていく。鉢を揺らすとまた隙間ができるので、また用土を入れて隙間をうめていき、隙間ができなくなるまで繰り返す。最後に水をやります。鉢底から水が出るまで水をやってください。

庭植えの植え付け

文章の修正庭植えの植え付け
庭植えの場合は、根鉢の二倍か三倍の深さと大きさの穴を掘って、穴に緩効性化成肥料を入れ、掘り出した土に腐葉土か堆肥を3割か4割混ぜて、半分ほど土を戻して、株を入れて、隙間に土を入れて、最後に水をやって完成です。

株の増やし方

文章の修正挿し木
元気の良い、葉っぱの綺麗な枝を20cmほど取り、切り口側の葉っぱを取り除き、水揚げをする。水揚げは水を貼ったコップにつけること。30分から1時間ほどで葉っぱの先まで水が行き渡り、シャキっとする。赤玉土単用の苗床を作り、そこに切り口を土に埋めておき、日陰で乾燥しないように管理していると発根する。発根材を塗ると成功率が上がる。発根したら鉢か庭に植え替える。

栽培可能地域

文章の修正九州南部・九州北部・中国・四国・関西・中部・関東南部・関東北部

管理場所・日当たり

文章の修正日当たりで
日当たりが悪いと花が咲かなくなるので、とにかく日当たりで。暑さには非常に強い。夏の直射日光にも葉焼けもしない。暑さには強いが夏に水切れすると花が咲かなくなるので、水やりに注意。
冬の管理
品種によって耐寒温度は違う。マイナス5度からマイナス15度前後まで。

病害虫

文章の修正スス病カイガラムシ(サルスベリフクロカイガラムシ)・ハダニアブラムシウドンコ病など

剪定・切り戻し

文章の修正詳細はサルスベリの剪定の項目を見てください。
スポンサードリンク

関連記事

サルスベリ
サルスベリはミソハギ科の落葉高木。日当たりを好み、日光が不足すると花が咲かなくなりますので、一年を通じて日の当たる場所に植えてください。暑さ・直射日光には強いのでその点は心配ありませんが、若干寒さに…
矮性サルスベリ・ペチートプラム
[育て方の概要] 矮性サルスベリ・ペチートプラムはミソハギ科の落葉低木。サルスベリの仲間で樹高が低く抑えられる。夏に開花し、秋には紅葉、その上、小さくまとまるといいことづくめ。目の高さで開花するのもい…
クフェア
[育て方の概要] クフェアは春に植え、春から夏に掛けて花を楽しんで、冬に霜に当たって枯れる。一年草扱いとされることが多いです。冬に室内に取り込んで越冬させることも可能です。5度以上で越冬可能なので、暖…
ミソハギ
湿原や湖、田んぼの近くといった場所に自生する植物で、湿った場所を好みます。青紫の花がスっと伸びた茎に咲きます。非常に野趣があって、自然な庭に合っています。水辺を好むことからビオトープに利用されます。 …

人気記事

ペチュニア・カリブラコアを挿し芽で増やす
春から夏のガーデニングの定番のペチュニア・カリブラコアを挿し芽で簡単に増やすことができます。ワンワン増えるこれらの株を増やすことにさほど価値があるとは思えないが、例えば冬を越したカリブラコアの保険と…
繁殖力が強い植物
あまりに繁殖力が強い植物を植えていると、他の植物を駆逐して隅に追いやり、消滅させてしまいます。一旦植えると駆除の難しいものもありますので、植える前にチェックしておきましょう。[[一番無難なのは鉢植え。…
セダム
セダムは多肉植物で、水分を蓄える性質がありますので、水を頻繁にやると腐ってしまいます。水を控えすぎてしぼんでしまうこともありますが、基本的に少々しぼんでも、水をやれば復帰しますので、そのくらいの気持…
ユーカリの病気まとめ…斑点病・うどんこ病など
[+[まとめ] ●ユーカリは斑点病がよく出る。 ●葉焼け・肥料不足(ミネラル不足)・根が傷ついた…でも斑点が出る。 ●白い粉を吹くのはうどんこ病。 ●ハダニが発生する。 ●乾燥するとウドンコ病・ハダニが発生す…
トウテイラン
[寒さに強い宿根草で優れた植物] トウテイラン(洞庭藍)はゴマノハグサ科の耐寒性宿根草。秋に咲くベロニカ。葉っぱには小さな毛が生えていて銀色に見える。シルバーリーフと花との兼ね合いが美しいです。花だけ…