ルリマツリモドキ(ケラストティグマ・プルンパギノイデス)の育て方

TOP >イソマツ科>>管理

ルリマツリモドキ(ブルーサファイヤ)

ルリマツリモドキ
科名イソマツ科
属名ルリマツリモドキ属
学名Ceratostigma plumbaginoides
別名ブルーサファイヤ
水やり水を好む
場所外の半日蔭
難易度中級者向け
画像の投稿
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
開花
植え
肥料

目次

  1. ルリマツリモドキの育て方
  2. 水やり
  3. 肥料
  4. 植え替え・植え付け
  5. 挿木で増やす
  6. 管理場所
  7. 剪定・切り戻し
  8. 病害虫
  9. 特徴・由来・伝承
  10. SNSボタン・関連記事
スポンサーリンク

ルリマツリモドキの育て方

ルリマツリモドキの育て方
文章の修正ルリマツリモドキは中国原産のイソマツ科ルリマツリモドキ属の落葉小低木。学名がケラトスティグマ・プルンバギノイデス(Ceratostigma plumbaginoides)なので、ケラストティグマやプルンパギノイデスと呼ばれることがあります。

同属別種にブータンルリマツリ。別属にルリマツリと名前と色合いの似た植物がある。ブータンルリマツリが50cm〜1m前後まで成長するのに対してルリマツリモドキは30cm〜50cmと小さく、育てやすい。
青い花が咲く植物一覧
雑学
草丈が低くて、地下茎で横に広がるのでグランドカバーに使われることもある。中でも「青い花が咲くグランドカバー」があまりないので、ルリマツリモドキの一択になる。ただし、広がりすぎに注意しましょう。
オススメで人気のグランドカバープランツの一覧
ガーデニング基礎知識(中級編)
草丈30cm〜50cm
横幅50cm
スポンサーリンク

水やり

文章の修正乾燥気味の管理を好む。鉢植えの場合は土が乾いていたら水をやります。夏の乾燥に注意してください。夏は朝と夕方の2回しっかりと水やりをしましょう。冬は生育していないので水やりを控えます。

庭植えの場合は、自然雨だけでほぼ大丈夫です。ただ、夏の乾燥時期は庭植えでも水が切れることがあるので様子を見て水をやりましょう。花が咲いている時に水が切れると花が傷みます。水切れしないようにしましょう。

肥料

文章の修正鉢植えの場合、春(5月)と秋(9月)に一回づつ緩効性化成肥料をやるか、春から秋に2週間に一回程度、液体肥料をやります。春の肥料は新芽のための肥料。秋の肥料は開花で消耗した株の回復のための肥料です。

庭植えの場合は肥料は必要ないです。生育が悪いなと思ったら、生育時期に緩効性化成肥料を少量やりましょう。
化成肥料の購入はこちらから
Amazon
楽天市場
液体肥料の購入はこちらから
Amazon
楽天市場

植え替え・植え付け

時期・頻度

文章の修正春に苗が、秋に開花した株が流通します。これを植え付けます。植え替えも同じ時期に行います。
鉢植えの場合は1年か2年に一回植え替えをします。

用土

文章の修正一般的な花と野菜の培養土で植え付けます。自作する場合は赤玉土7腐葉土3を混ぜたものに緩効性化成肥料を混ぜたものを使います。
培養土の購入はこちらから
Amazon
楽天市場

鉢植えの手順

文章の修正最初に植え付けるときは5号鉢6号鉢に1苗が目安。鉢植えの底の穴を網で塞いで、その上に軽石を2cm〜3cm入れて、その上に用土を入れて、株を入れて、隙間に用土を入れて、最後に水をしっかりとやります。

植え替えの場合は古い鉢から取り出して、土を三分の一ほど落として、植え替えをします。植え替えのときは、ひとまわり大きな鉢に植え替えるといいです。

庭植えの手順

文章の修正植え付けの1週間前に深さ15cm〜20cmほど掘り返して、腐葉土か堆肥を2割ほど混ぜ込んで、化成肥料を入れて混ぜて用土としておきます。意週間経って土が馴染んだら、株間を30cm〜50cm空けて植えます。地下茎で横に広がるので、多少空けてもいずれは埋まります。
●庭植えすると地下茎で広がるので、深さ20cmまで板を埋めて、広がりすぎないように制限をした方がいいです。

挿木で増やす

文章の修正春に挿木をします。古い枝より新しい枝の方がよく発根します。新しい枝を7cmほど切って、下葉をとって、水揚げをします。水揚げとは切り口を水につけて葉っぱの先まで水を行き渡らせる作業です。この挿木を挿木用土か、赤玉土かバーミキュライトなどの清潔な土に、乾燥しないように水やりをして日影で管理していると3週間くらいで発根します。発根したら植え付けてください。

管理場所

文章の修正日当たりを好むのですが、夏の高温・高湿度が少し苦手で、夏に花が減るため半日陰での管理が好ましい。ただ、日光不足になると徒長し、花が少なくなる。

文章の修正気温が10度以下になると紅葉しはじめます。紅葉もルリマツリモドキの魅力です。

越冬

文章の修正冬になると地上部は枯れ込みます。
耐寒温度はマイナス5度。凍結するようだと枯れてしまう。耐寒温度をマイナス20度としている記述もありますが、これは植物としてはマイナス20度まで耐えるという意味。マイナス5度以下になると土が凍結し、土が凍結するとルリマツリモドキは根が傷んで枯れてしまいます。

マイナス5度以下になる地域では土が凍結しないように腐葉土などでマルチングして凍結を防ぎましょう。鉢植えであれば冬は室内に取り込んで、室内の日当たりで管理するといいです。

剪定・切り戻し

文章の修正切り戻しをすることで、摘芯になり、花が増えます。開花前の5月〜8月に定期的に切り戻すことで花は増えます。花が一段落したら、何度か切り戻すといいです。8月までなら、年内に盛り返して開花します。

病害虫

文章の修正ほとんど見られないが、アブラムシハダニが発生することがある。

特徴・由来・伝承

文章の修正中国原産の低木。春に苗を植えると、地表から芽が出てきて、地表を這うように広がります。初夏から秋にかけて蒼い花が咲きます。花が小さく、夏のガーデニングで賑やかに咲く他の種類と比べると見劣りがしますが、この涼しげな蒼い花は魅力的ですし、秋になると葉っぱが紅葉し、蒼い花と紅葉のコントラストは、他では見られない雰囲気があります。
スポンサードリンク

SNSボタン・関連記事

はてブ LINE

ブログやBBSで紹介していただけるならコチラ

はなまるくん「ツイッターはじめましたぁー」

はなまるくんTwitter

園芸ブロガーのための園芸用語リンクツール

園芸ブロガーのための専門用語リンクツール

同じ科の植物

プルンバーゴ
イソマツ科プルンバーゴ属
スターチス
イソマツ科イソマツ属
ブータンルリマツリ
イソマツ科ケラトスティグマ属
アルメリア
イソマツ科ハマカンザシ属
スポンサーリンク