ハマナスの育て方

TOP >バラ科>>管理

ハマナス(浜茄子・浜梨・玫瑰)

ハマナス
科名バラ科
属名バラ属
学名Rosa rugosa
別名浜茄子・浜梨・玫瑰
みずやり水控え目
場所外の日なた
難易度中級者向け
画像の投稿
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
開花
植え
肥料

ハマナスの育て方

ハマナスの育て方
文章の修正高さも幅も1.5メートルほどの低木。初夏に咲く花だけでなく赤く染まる果実にも観賞価値があります。枝にビッシリとトゲが生えるので、危険性があることをよく考えて植えてください。
日本に自生している植物ですから、手間はかかりません。広い庭なら、トゲがありますから防犯用に植えることも。果実も収穫できて何かとメリットが多い育てやすい植物です。
まとめ
●トゲがあり、地下茎で伸びる。庭植えにする場合はよく考えて。
●鉢植えならば、普通に水やり。土が乾いたら水をやる。庭植えはほぼ自然の雨で十分。
肥料は控えめ。
●日当たりがいいが、夏の暑さに若干弱いので、弱っているようであれば半日陰の風通しの良いところに移動させる。
●寒さには強い。北海道でも戸外で越冬する。
●昨年伸びた新枝に今年、開花するので、新枝を残して古い枝を剪定するようにする。

スポンサーリンク

水やりと肥料

文章の修正鉢植えの場合は土が乾いたら水をしっかりとやります。通常のバラや他の植物と同じように水をやってください。水をやるときは鉢底から出るくらいにしっかりとやり、土が濡れているならば、水やりはしない。受け皿の水は捨てるようにしてください。
庭植えにした場合は、日照りがあれば水をやりますが、一旦根づいてしまえば降雨だけで十分です。むしろ強すぎるかもしれない。
芽が出る頃に肥料を
2月か3月か暖かくなってきた頃に堆肥をスコップに一杯か二杯を土に混ぜてやります。
秋には化成肥料を
秋にはリン酸とカリが多い化成肥料を根本に混ぜてやります。
肥料は無くても
肥料が無いから枯れるということもなく、花が咲かないということもありません。もともと浜辺に自生している野生種ですから、肥料が少なくても大丈夫です。むしろ肥料が多いと花が咲かないことも。でも、あった方が生育がいいのは間違いない。

植え付け・植えかえ・種蒔き

文章の修正挿し木種子
新しい枝を赤玉土単用に挿していると根が出ます。4月以降に挿して、挿し木して一年は生育が鈍いのでそのまま。冬を越して植え替えるといいですが、そんなに丁寧にしなくても、庭土に挿していても増えます。種からも増えます。種子は寒さに当たらないと発芽しません(気温3度に三カ月ほど)ので、冷蔵庫に保管するか、秋に生やしたい所に投げておきます。
●ハマナスの種子は発芽率が悪い。手に入れた種子は全て撒く。
●種子は乾燥すると発芽しなくなる。発芽率をあげるのであれば、冷蔵庫で三ヶ月保管して休眠打破してから、赤玉土小粒単用の苗床を用意して、4月5月に乾燥しないように管理する。

肥料・腐葉土が必要です
植える時は穴を深く掘り、腐葉土と肥料を多めに混ぜてから植えてください。肥料には根が当たらないようにします。根の広がりが早いというか強いので、鉢植えにする場合は大きな鉢に一個ずつ。地下茎で増え、地面に置いていると鉢底の穴から根が脱出して、大変なことになる。庭植えにした場合は植えっぱなし。庭植えにした場合も地下茎で広がり、とんでもないことになりがち。狭い庭なら庭には植えない方がいい。
●地下茎で広がるのを防ぐために、ノイバラに接ぎ木したハマナスの苗というのがあるらしい。

植え付け
鉢植えの場合は、植え替えの場合は古い土を三分の一ほど落としておきます。根の負担を減らすため、地上部の枝も半分ほどに切り詰めます。鉢底の穴をアミで塞いで土が出ないようにしてから軽石を2センチから3センチほど入れて、軽石の上に土を入れ、株を入れて、隙間に土を入れていき、最後に水をやります。鉢底から水が出るまで水をやってください。
●古い土を落として同じ大きさの鉢に植え替えてもいいし、一回り大きな鉢に植え替えてもいい。
●大きな株になるので、横長プランターに二株とか三株という植え方はしない方がいい。1鉢に1苗植えて、徐々に大きくしていく方がいい。

庭植えの場合は、根鉢の二倍か三倍の深さと大きさの穴を掘って、掘り出した土に腐葉土か堆肥を3割か4割混ぜて、半分ほど土を戻して、株を入れて、隙間に土を入れて、最後に水をやって完成です。

管理場所・日当たり

文章の修正暑さに弱い
寒さには強いです。北海道でも越冬が出来るほどです。防寒は不必要です。しかしその代わり、夏の暑さに若干弱く、夏に直射日光が照りつけて35度以上になるなら、半日陰に移動するか、日よけを用意してやります。
半日陰でも育ちます
関東以西では日当たりのいい場所よりも、真夏に半日陰になるか、年中半日陰の場所が適しています。もちろん花つきは若干悪くなりますが、問題ありません。

剪定・病害虫

文章の修正古い枝を切り落とし、根本から勢いよく生えてくるシュートは残します。このシュートや新枝に花が咲きます。春から夏に掛けて新しく伸びた枝が冬に休眠して、春になると花を咲かせます。ややこしいですから、枝の先はあまり剪定しないのが賢明です。

それに剪定は基本的にほとんど行いません。樹形を整え、古い枝を落とし、内部に混み合った枝を落とす程度にします。多少、乱暴に剪定しても枯れることはないです(花芽を落とすことはあっても)。
アブラムシには早めに
アブラムシが発生しますので、薬殺しましょう。オルトランを前もって撒いているといいです。食用にするならば薬剤は使わずに、テデトール

特徴・由来・伝承

文章の修正海岸の浜に自生し、梨に似た花を咲かせることから、浜梨が転じてハナナスと呼ばれるようになりました。当て字で浜茄子と書くこともありますが、ナス科ではなくバラ科。花のあとにローズヒップ(バラ科バラ属ですから)が成り、古くから食用にされてきました。お茶にすることもあります。
スポンサードリンク

関連記事

モッコウバラ
[色の違い] モッコウバラには白と黄色があります。白には香りがあり、黄色にはありません。性質としては黄色の方が強く、育てやすい。白は綺麗ですが散る前は変色して汚いです。白い一重は香がある。四季咲き(と…
バラ
[概要] バラはバラ科の落葉低木。世界中に広まった元がナポレオンの妻ジョセフィーヌ。彼女は世界中から集めて、当時開発された品種改良技術を使い、園芸種の基礎を作った、と言われています。 ガーデニングとい…
キョウカノコ
品種によって葉っぱの色等が違うし、個体差があります。生け花の花…茶花としてよく利用されます。花がモコモコでアスチルベっぽい。病害虫にも強く、手間が掛からない。あまりに育てやすいので、流通が少ない。花屋…
イングリッシュローズ
[イングリッシュローズの育て方の概要] イングリッシュローズはバラ科バラ属の落葉低木。オールドローズの芳醇な香りと大輪一季咲の性質と、四季咲きのモダンローズ(ハイブリッドティー)を掛け合わせて、樹形の…
イチゴ
[概要] イチゴはバラ科の多年草。栽培自体は難しくないが甘く大きく育てるには日光・温度・肥料・受粉・水やりで細かい管理が必要になる。 イチゴが花を咲かせる要因は日照時間の短さ(12時間)とほどよい気温。…
レッドロビン
[生垣の定番] レッドロビンはバラ科カナメモチ属の常緑高木。成長が早く、よく萌芽する。葉っぱが小さめの三重カナメ、三重カナメから選抜されたスカーレットパールという品種もある。非常に強健で強い剪定をして…
ミニバラ
[概要] ミニバラはバラ科の低木。小さい品種を漠然と「ミニバラ」と呼んでいるケースが多く、店頭に並んでいるミニバラは矮化剤(小さくなる薬)を使って小さく仕立てているだけってことすらある。矮化剤を使って…
ラズベリー
病害虫がつきにくく、手間がかからず、生育して収穫できるのですが、[梅雨時期に風通しが悪いと、灰カビ病が発生してしまいます。]自家栽培に向いている。 [+[まとめ] ●庭植えでも鉢植えでも収穫は可能。 ●二季…
コデマリ
[概要] コデマリはバラ科シモツケ属の落葉低木。鉢植えには適さず、庭植えにする。日当りのいい場所が好ましいのですが、半日陰の場所でも、花を咲かせてくれます。また、乾燥に弱いということを考えると、西日が…
ビワ
植えていれば、枯れることもなく成長し、常緑。毎年花をつけて実をつけてくれます。ただし、鳥が実を食べてしまいますので、なかなか食べるに至らないことも。鳥が食べるより先に収穫しましょう。 [開花が11月~…

人気記事

セダム
セダムは多肉植物で、水分を蓄える性質がありますので、水を頻繁にやると腐ってしまいます。水を控えすぎてしぼんでしまうこともありますが、基本的に少々しぼんでも、水をやれば復帰しますので、そのくらいの気持…
四季咲きナデシコ・テルスター
育て方はナデシコやセキチクなどと同じです。テルスターは矮性といって背が低いタイプ(20センチほど)なので、庭の前景に向いています。 [寒さに強い宿根草] 寒さには強いので、防寒などは不必要な宿根草です。…
イチジクの品種について
[評価の高い品種] [ヌアール・ド・カロン] 夏秋果兼用。糖度30度のジャムのような甘さを持つイチジク。現在のところ最高品種とされる。果実が流通していないために食べるには家庭菜園しかない。 [バナーネ]…
アメリカンブルー
[ツルの先を切ると脇芽が] つるが30センチ以上になったら摘芯をします。摘芯は、伸びた芽の先を切り戻して、脇芽が出すことです。結果大きな株になります。 [-●というか摘芯しないと花つきが悪いです。-] [越…
ペチュニア・カリブラコアを挿し芽で増やす
春から夏のガーデニングの定番のペチュニア・カリブラコアを挿し芽で簡単に増やすことができます。ワンワン増えるこれらの株を増やすことにさほど価値があるとは思えないが、例えば冬を越したカリブラコアの保険と…