プリムラオブコニカの育て方

MENU
TOP>サクラソウ科>プリムラオブコニカ
スポンサードリンク

プリムラオブコニカ(トキワザクラ)

プリムラオブコニカ
科名サクラソウ科
属名サクラソウ属
学名Primula
別名トキワザクラ
みずやり水を好む
場所冬は室内 夏は外
難易度初心者向け
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
開花
植え
肥料
スポンサードリンク

栽培の特徴


プリムラ類は暑さと寒さに弱いものですが、プリムラオブコニカは中でも寒さに弱いので、冬は戸外で管理するのには向きません。しかし、明るい日陰でもよく花が咲き、花の咲く時期も長いために、室内の明るい場所で管理すれば、長く楽しめる植物です。
花ガラを摘むことで次の花が咲く
咲き終わった花を放置しておくと栄養が種を作ることに注がれるので、しおれた花(花ガラ)は小まめにつみとってください。そうすることで、次の花芽が出来、伸びてきます。

また、葉っぱが黄色くなっていたら、摘み取ってください。特に春以降の暑い時期では、水に当たり、腐って病気の原因に成ります。

もしも葉っぱの変色が酷い場合は、根詰まりを疑いましょう。鉢の底から根っこがワサワサとはみ出ているのなら大き目の鉢に植え替えてやりましょう。
まとめ
水やりは普通。
●冬に出回るが、寒さには弱い。霜に当たれば一発で枯れる。
●プリムラ類の中では夏の暑さに強い方。
●昔のプリムラオブコニカはカブれ成分があったが、現在は無い。

水やりと肥料

水のやりすぎに注意
乾燥に弱いので水はしっかりとやらなくてはいけませんが、過湿にも弱いので、水のやり過ぎにも気をつけないといけません。土が乾いていたら鉢底から水が染み出すくらいにしっかりとやってください。
肥料
開花時期に10日に1回ほどは液体肥料を与えてください。
スポンサードリンク

植え付け・植えかえ・種蒔き

一回り大きな鉢を用意して、底に軽いしを入れ、土を少し敷き、その上に古い鉢から出したプリムラオブコニカを入れて、隙間に土を流し込んで、水をやっておしまいです。
●水が切れているわけでもないのに、葉っぱが黄色くなっているようならば、根詰まりを疑います。
冬に買ったプリムラオブコニカは少なくとも翌年の秋までは植え替えなくて大丈夫です。プリムラオブコニカに異常があったら水のやりすぎや寒さなどを疑って下さい。

管理場所・日当たり

寒さに弱い反面、他のプリムラ類に比べると夏の暑さに耐性があります。寒冷地では夏も開花することがあります。
暖地でも涼しい場所で管理すれば夏越しも可能です。ただ、まーそんな高いものでは無いですし、他のプリムラよりは暑さに強いといっても、普通の植物よりは暑さに弱いわけですから、枯れることは全然珍しいことでも恥ずかしいことでも無いです。よって、夏になったら枯れるくらいの気持ちでもOK。
<春~秋>戸外の半日陰(一日のうち数時間だけ日のあたる場所)へ。
<冬>日の差す窓辺。寒さに弱いです。

分類上は多年草ですが、栽培上は一年草扱いとなります。

その他

昔のプリムラオブコニカは漆(うるし)並みにかぶれやすくて、プリムラオブコニカを育てているがために、皮膚科へ通院することになりかねません。
ただし現在販売されているプリムラオブコニカは、そういうカブれる成分が無いタイプです(ノンプリミン)。

皮膚のかぶれとオブコニカ
何十年も手のかぶれに悩んでいた人がいまして、その人が思い切って有名な皮膚科の病院に行ったんですね。その医者に手を見せたら、すぐに「あなたの家にこんな花が置いてありませんか?」と写真を見せたんだそうです。それがプリムラオブコニカ。実際、その人の家には10年前からオブコニカがあり、それが原因だったのです。オブコニカは2ちゃんねるの園芸板の育てないほうがいい植物スレッドでちょくちょく見かける名前です。ただ最近のオブコニカは品種改良が進み、カブレ成分が無くなっています。かぶれるオブコニカは余程古いものです。
病害虫と対応の農薬
アブラムシ→サンヨール液剤AL・モスビラン・トップジンMスプレー
ハダニ→サンヨール液剤AL
うどんこ病→サンヨール液剤AL
灰色かび病→モスビラン・トップジンMスプレー
スポンサードリンク

特徴・由来・伝承


サクラソウの一種で、サクラソウとしては大きめの花がボール状に咲くのでボリュームがあり、簡単なギフトとして販売されることが多いです。寄せ鉢にも人気があります。

昔のプリムラオブコニカの葉っぱには細かい毛が沢山生えていて、プリミンというアルカロイドを含んでいるために、そこに触れるとカブれる人がいるので、注意が必要でした。最近のオブコニカはノンプリミン系と呼ばれるかぶれないものです。
スポンサードリンク

不具合報告・質問などはこちら

情報が間違っている場合は報告をお願いします(「てにをは」のミスでも)。また、質問や提案などなんでも投稿してください。 また投稿した文章はサイト内で使用することがあるので、そのことをご了承ください。
▼内容

サクラソウ科の仲間


サクラソウ科の仲間の一覧はこちらから
スポンサードリンク
管理用リンク
管理用