シャリンバイの育て方

MENU
TOP>バラ科>シャリンバイ
スポンサードリンク

シャリンバイ(車輪梅)

シャリンバイ
科名バラ科
属名シャリンバイ属
学名Rhaphiolepis indica
別名車輪梅
みずやり水控え目
場所外の日なた
難易度初心者向け
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
開花
植え
肥料
スポンサードリンク

栽培の特徴


基本的に頑健。育てやすく初心者向き。元々自生しているくらいですから、手間も掛らない。剪定もほとんどする必要はありません。低木で大きくなりすぎることもない。
関西以西ならば戸外で
シャリンバイは本来暖かい海岸部の植物です。関東では寒すぎて越冬はできませんが、関西以西であれば戸外での越冬も可能です。

水やりと肥料

鉢植えにすることはほとんどないでしょうが――鉢植えにした場合は、土が乾いたら水をやるようにします。庭植えにしたら、一旦根づいてしまえばあとは、水をやる必要はありません。降雨だけで十分生育します。
肥料
2月前後に寒肥として化成肥料をやります。肥料が無くても枯れることはありません。

植え付け・植えかえ・種蒔き

赤玉土5腐葉土3川砂2を混ぜたものを利用して植え付けするか、庭土に腐葉土や堆肥を混ぜて、川砂などを混ぜて水はけをよくしてから植え付けをします。

管理場所・日当たり

半日陰でも育ちますが、出来るだけ日当たりで
半日陰でも生育しますが、日光が少ないと枝が徒長して樹形が乱れやすいです。そこで出来るだけ日当たりで育ててください。

その他

花芽が出来るのが8月から秋にかけて
花が咲くのが5月。翌年の花芽が出来るのが夏から秋です。剪定は花が咲き終わった6月以降から7月までに行います。
シャリンバイは新芽が吹きにくい。剪定は控えめに
シャリンバイは枝はよく伸びるのですが、新芽を吹く力が弱く、強い剪定をすると回復に時間が掛かります。剪定は樹形を整える程度にして、邪魔な枝を切ったり、風通しをよくするくらいにします。
スポンサードリンク

特徴・由来・伝承


東北南部以西に自生しているバラ科植物。常緑で冬も落葉しません。大気汚染にも強く常緑であることから、中央分離帯の植え込みでもよく見かけます。花の後には黒い種子が出来ます。
スポンサードリンク

不具合報告・質問などはこちら

情報が間違っている場合は報告をお願いします(「てにをは」のミスでも)。また、質問や提案などなんでも投稿してください。 また投稿した文章はサイト内で使用することがあるので、そのことをご了承ください。
▼内容

バラ科の仲間


バラ科の仲間の一覧はこちらから
スポンサードリンク
管理用リンク
管理用