夏越し、来年も咲かせるコツ(シクラメン)

MENU
TOP>シクラメンの管理>シクラメンの夏越し、来年も咲かせる…
スポンサードリンク

シクラメンの夏越し、来年も咲かせるコツ

まとめ
夏越しには休眠させる方法と、休眠させない方法がある。
●このページには休眠させない方法を中心に書いてあります。
●休眠させる方が簡単です。休眠させる方のやり方は「シクラメンの休眠のやり方」を参考に。
●春は通常通りに管理する。
●黄色く変色した葉っぱを手でむしる。
●夏の肥料をやるが極々薄い液肥にする。
●8月下旬から9月中旬までに植え替えをする。
●植え替えの時に土はあまり落とさないように。

ここにこんなことを書くのはなんですが、シクラメンは毎年買い換えるのが気楽、かつ安上がりです。水やりの手間と経費と、肥料・土・鉢などお金がかかりますからね。ガーデナーとしては廃棄するなんて心が痛みますから、夏越しは挑戦せざるを得ないのですが、あまり気負わず、楽しむようにしてください。
スポンサードリンク

ポイントは夏越し


性質を理解しましょう
シクラメンは中東の雨季と乾季のある地域の植物で、雨季に開花し、乾季に休眠します。冬に開花しているのは日本の冬を「雨季」だとシクラメンが考えるからなんですね。
休眠するかしないか?
シクラメンを夏越しさせる方法には二つあって、一つは春以降完全に水を断って休眠状態にさせる方法と、もう一つは休眠させないで夏も多少ですが葉っぱを出しておく方法があります。このページでは休眠させない方法について書いてあります。休眠させる方法については「シクラメンの休眠のやり方」を参考に。
休眠させる方が簡単
休眠させる方が簡単で成功率は高くなると言われていますので、初心者の方や初めてシクラメンの夏越しに取り組む場合は「休眠させる」方法を取ります。ただし休眠させると開花期間が多少(一ヶ月ほど)短くなり、開花する時期も一ヶ月遅れます。

休眠させない方法は、夏の間もチョロッとですが葉っぱが残るので、球根に栄養を送り込むことができて太らせることができます。これが後々の開花時期に有利ではあります。ただ、日本の夏の気候がシクラメンにとって適していない(過湿)ものですから、管理が繊細なんですね。
●シクラメンは寒い時期に非常によく花が咲きます。花がよく咲くということは栄養をたくさん消費するということです。球根に栄養を溜め込むかどうかが「花がたくさん咲く」大事な条件です。
●4月以降、気温が20度以上になると、グッタリし、30度以上では休眠してしまいます。本来のシクラメンは夏は葉っぱを無くして球根だけですごしますが、このとき管理をミスすると多湿で腐ってしまいます。これを超えるかどうかが「翌年咲くかどうか」の境目です。

スポンサードリンク

春の管理

春の置き場所
春になり、気温があがってきて10度以下にならないなら戸外の半日陰で管理してOKです。半日陰というのは午前中にだけ日が当たるような場所か、カーテンやヨシズで遮光した場所です。
●室内のカーテン越しの日が当たるところで管理しても大丈夫。
●休眠させない夏越しでは春から夏も球根を太らせますので、日差しに当て、水をやって肥料もやります。

春の水遣り
水は通常通りやります。底面給水がある場合は、そこからやります。水が切れるとグッタリしますので、水が切れないようにしますが、葉っぱが少なくなってきて今までのようには水を吸い上げませんから、水やりの頻度は減ります。
●休眠させる方法の場合は6月には水やりを完全にストップさせて無理やりに休眠させます。

肥料
5月までは一週間に一回か、二週間に一回程度で薄い液肥をやります。液肥をやっておくと球根が太り、夏越しを成功させたあとに花が多く咲きます。6月以降は月に一回程度にします。
春の注意点
葉っぱが黄色くなったらむしります。黄色くなっていないならむしりません。むしる時は花茎をつまんで根元をひねって「プチ」って音がするようにして捩(ネジ)り切ります。茎が残るとそこが腐ったりカビが生えて傷んで、病気の元になるからです。緑の葉っぱは光合成をして球根に栄養をためているので無理にむしると球根が痩せやすくなり、翌期の開花が鈍くなります。
球根が腐らないように予防
休眠させない方法ではずっと水遣りをするので、過湿になりやすく、細菌性の球根腐敗病で腐りやすいです。そこで前もってベンレート水和剤(ベノミル剤)を撒いておきます。普通はそこまでしないですが、夏越しの確率はグっと上がります。
春に植え替えるという方法も
秋に植え替えるのが一般的ですが、春に植え替えることで秋の「これから発育するぞ」という時期に植え替えるストレスを回避する方法もあります。植え替えをする場合は、鉢から土ごと株を取り出して、土を落とさずに、一回り大きな鉢にスポっと入れて隙間に新しい土を入れます。
スポンサードリンク

夏の管理

夏の管理場所
戸外の雨の当たらない明るい日陰か半日陰で管理します。風通しがよく涼しいところが適しています。夏の直射日光に当たると葉焼けを起こして葉っぱが枯れてしまいます。日当たりの悪いところで管理するの暑さ対策(30度以上で弱る)でもありますが、主には葉焼けを防ぐためです。
夏の水遣り
10日に一回か二週間に一回程度、ざっと土に水をかけてあげます。球根に水をかけると球根の上部の凹んだところに水が溜まって、水が腐って球根まで腐ってしまいますので、首の長いジョウロで土に水を注いでください。受け皿や底面吸水に水が溜まっているなら水は捨ててください。水が腐ると病気になります。水をあげすぎると腐りますので控えてください。
●水やりを忘れて葉っぱがしおれ、すべて落ちてしまったら、休眠したとして水やりはストップします。気温が下がれば、また葉と根が出てきて復活するので秋になったら植え替えをしましょう。

肥料
6月以降は薄い液体肥料を一ヶ月に一回程度あげます。濃いものをやると球根が腐りやすくなります。
夏の注意点
とにかく涼しいこと。雨に当たらないこと。過湿になると腐りますので、風通しの良いところで管理しましょう。夏越しは「風通し(=過湿にならない)」の一点にかかっています。
●夏の多湿に弱いので、底面給水の鉢だと底に水が溜まって腐りやすいです。底の水受けを外してしまいましょう。外れないタイプなら水がたまらないように、水をしっかりと捨ててください。
●冷暖房(クーラー)の風は非常に乾燥しています。直接当たらないようにしてください。
スポンサードリンク

秋に植え替えを


無事に夏を越したら、秋に植え替えをします。8月下旬から9月中旬です。一回り大きな鉢を用意して、そこに「シクラメンの培養土」「シクラメン専用土」というものがありますので、コレを利用するのがいいです。シクラメンが育ちやすいように配合されていて、肥料もシッカリと入っています。培養土を買ったほうがいいです。結局安上がりです。
用土は
赤玉土腐葉土3粉状パーライト1を混ぜたもの
●市販の花と野菜の培養土に粉状パーライトを1割混ぜたもの
●赤玉土5腐葉土3ピートモス2を混ぜたもの
●シクラメンの培養土

パーライトを混ぜるのは底面吸水で水を隅々まで行き渡らせるためです。シクラメンの培養土にはパーライトが入っていないことが多いので、よく調べて購入してください。まぁ、パーライトがないと底面吸水が機能しないというわけじゃないので気にしないでもいいです。
●シクラメン専用土にパーライトを1割足すとなお良いです。
●専用の土はホームセンターで売っています。ない場合はネットで取り寄せましょう。一袋が5リットルなど少量で小分けしてあって便利です。
●植え替えのときに必ず一回り大きな鉢に植え替えてください。
●去年の土のままだと多少肥料を足してもダメです。開花には大量の「栄養」を必要とします。これを補給するためにはたっぷりの堆肥(肥料)のフカフカの土が必要です。
●古い土のままだと、どうしても葉っぱも花もまばらになります。

根土はほぼ落とさない
植え替えの時に、鉢から株を取り出して植え替えるのですが、その時、根を張っている土を多少は落とすだけにします。土を落とすと強いストレスになり、新しい土で植え替えても回復するまでに非常に時間がかかります。根土は少し落とす程度にしてください。
徐々に日当たりへ
シクラメンはもともと日光を好むものです。ただ暑さと直射日光に弱いだけです。そこで涼しくなってきたら――最高温度が20度を切ったら、戸外の日陰から半日陰、徐々に日当たりへと移動させてください。その頃には新芽が出てきます。
●ただしシクラメンは5度以下になると枯れますから、10月ごろまでには室内の日当たりへと移動させてください。
●霜に当たれば一撃で枯れます。
スポンサードリンク

ざっとした話


9月になり涼しくなると、新芽が出てきます。
夏越しはギャンブル
夏越しが出来るかどうかは環境によるので、出来る人は毎年できますが、出来ない人は何度挑戦しても――いくつかやってみて、うまくいったらラッキーくらいの軽い気持ちでやりましょう。成功率は環境によるのですが50%くらいです。休眠させる方法の方が成功率が高いというんですが、家によっては立地によっては風通しの良い場所というものが敷地内にあまり存在しない家ってのもあるんですよね。だから、あんまり必死にならないことです。必死になると、「これだけ手をかけたのに!どうして失敗するんだ!?」と腹も立ちますよ。
夏越しの雑記
●5年くらいで突然枯れることがある。
●その一方で何十年も育つ株も。
●年々球根が大きくなり、花の数が増える。
●購入時のようには咲かない。
スポンサードリンク

SNS Button

TWEET Facebook はてブ Google+ Pocket

不具合報告はこちら

情報が間違っている場合は報告をお願いします。
▼内容

シクラメンの管理の仲間


シクラメンの管理の仲間の一覧はこちらから
スポンサードリンク
管理用リンク
管理用