オダマキの育て方

MENU
TOP>キンポウゲ科>オダマキ

オダマキ(アキレギア・アクイレギア・苧環)

オダマキ
科名キンポウゲ科
属名オダマキ属
学名Aquilegia-flabellata
別名アキレギア・アクイレギア・苧環
みずやり水を好む
場所外の日なた
難易度中級者向け
TWEET Facebook はてブ Google+ Pocket
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
開花
植え
肥料
スポンサードリンク

栽培の特徴


宿根で、和モノ(日本に自生できる)なので、一度植えると毎年咲きます。2月~3月に植えて、春~夏まで咲き、冬には葉っぱが枯れて根の状態で冬を越します。

多年草(宿根草)ですが、3年ほど育てていると老化して弱ります。なので種を採取しておいて、毎年捲くか、こぼれダネで、株を更新していく必要があります。

高山で育つ植物だからか、夏の暑さと直射日光に弱いために、真夏は風通しのいい半日陰が好ましいです。
スポンサードリンク

水やりと肥料

土の表面が乾いたら水を与えてください。
<春>気温が上がってくると芽吹き始めます。土が乾いたら水をしっかりとやります。濡れているうちは水は控えてください。大体毎日か二日に一回は水をやります。

<夏>真夏は蒸発が激しくなりますので、朝と夕方の二回、水をしっかりとやります。

<秋>水やりは春と同じで、土が乾いていたら水をやります。気温が下がってくると成長が鈍くなりますので、徐々に水やりの頻度を減らしてください。

<冬>地上部が枯死して水をあまり必要としなくなるのですが、水は必要です。やらないと枯れてしまいます。土が乾いてから数日経って水をやります。10日に一回か1週間に一回か水をやってください。

生育期には液体肥料を10日に一回ほど与えてください。花が咲いている時は肥料は控えてください。

植え付け・植えかえ・種蒔き

水はけのよい土を好みます。赤玉土7腐葉土3を混ぜたものか、花と野菜の土に赤玉土を少し足すかして水はけを良くします。もしくは、市販されている山野草の土をそのまま使います。

オダマキは直根性で、太い一本の根が伸びています。この根を傷つけると枯れたり、極端な生育不良を起こします。植えかえる場合は、土を崩さず、そのまま植えかえてください。

管理場所・日当たり

日当たりがよく風通しの良い場所を好みます。暑さに弱いので夏は半日陰で管理した方が良いです。
冬は寒さで地上部が枯れてしまいます。ですが根が生きています。春になればまた新芽が出て来ます。ただ、あまりに寒くて地面が凍るようであれば、根まで枯死してしまいます。

特徴・由来・伝承

日本・アジア・ヨーロッパに自生する植物。お店で見かけるのは外国で品種改良されたもので、日本で自生するオダマキは相当に趣があって楚々としています。

花の外側のものは「花びら」ではなく「ガク」。花びらは内側の筒状になっている部分。

オダマキという名前は「オダマキ属」の全てを指すものであって、本来は「アキレギア」「アクイレギア」という名前。ちなみにオダマキ属の植物は全て毒草

オダマキは漢字では「苧環」と書くが、これは苧環という紡いだ麻糸を丸く巻く道具が花の形に似ている為。
スポンサードリンク

SNS Button

TWEET Facebook はてブ Google+ Pocket

キンポウゲ科の仲間


キンポウゲ科の仲間の一覧はこちらから
管理用リンク
管理用