ポポラスの育て方

MENU
TOP>フトモモ科>ポポラス

ポポラス(シルバーダラー)

ポポラス
科名フトモモ科
属名ユーカリノキ属
学名Eucalyptus polyanthemos
別名シルバーダラー
みずやり乾かし気味に
場所外の日なた
難易度中級者向け
TWEET Facebook はてブ Google+ Pocket
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
開花
植え
肥料
スポンサードリンク

栽培の特徴

オーストラリア出身の乾燥に強いユーカリの仲間。非常に生育が旺盛で、鉢植えには向かない。庭植えにしても、非常によく伸びるので、こまめに剪定しないと、邪魔になる。フラワーアレンジメントをやっていて、定期的に葉っぱを利用するようなら、いいですが、そうでないと結構大変。姿が良いだけに、ちょっと残念。
剪定しても大丈夫
よく新芽が出るので、いつ剪定してもいくらでも出てきます。

水やりと肥料

土が乾いてから、水をやります。土が濡れているうちに水をやっていると根が腐って枯れてしまいます。庭植えにしている場合は、基本的に植え付けしたときに、しっかりと水をやったあとは、自然に降る雨で十分です。
肥料
春と秋に根元に緩効性肥料をやります。肥料をやらないからといって、枯れることもないです。
スポンサードリンク

植え付け・植えかえ・種蒔き

植え付け時期は秋から冬。それ以外の時期に植え替えをすると、根が傷んで枯れてしまいます。冬が一番適期です。苗は秋に出回りますのでコレを購入して植え付けをします。

ただし、小さな苗であれば、他の季節でも植え付けは可能です。
●鉢植えにすることもありますが、生育が旺盛で、鉢植えではすぐに根つまりを起こします。庭植えが基本です。
用土など
水はけの良い土を好みます。乾燥に強く過湿を嫌います。根が腐ってしまいます。そこで、市販の培養土に川砂や赤玉土を混ぜたものを使用するか、ハーブ用の土を利用します。
●水はけのよい土を好むのですが、幼苗のうちは水切れすると枯れてしまいますので、水やりに注意してください。
●鉢底から根が出ていたら植え替えをします。一回り大きな鉢を用意し、土を崩さずに植え付けをします。
●庭の土を掘り返したときに水が染み出すならば、植え付けは向いていません。いずれ根腐れを起こします。
●少々水はけが悪い程度ならば、腐葉土や赤玉土などを混ぜて水はけをよくすれば、植えることも可能です。
スポンサードリンク

管理場所・日当たり


日当たりのいいところを好みます。
耐寒温度はマイナス6度。寒冷地では鉢植えにして冬は室内に取り込む必要があります。暑さにはなんら問題はありません。
ユーカリ同様に強風に注意
ユーカリは地上部に対して根が浅く、強風に弱い傾向があります。大きく育っても支柱が必要です。

特徴・由来・伝承

葉っぱがハート型。他のユーカリが、シャツの襟みたいにつくのに、ポポラスは普通の木のように葉っぱが生えます。それでもユーカリ独特の色合いと香りで、人気者です。育て方はユーカリと同じです。

通常のユーカリよりも見た目が涼しく、風にユラユラと揺れます。情緒があります。
スポンサードリンク

SNS Button

TWEET Facebook はてブ Google+ Pocket

不具合報告はこちら

情報が間違っている場合は報告をお願いします。
▼内容

フトモモ科の仲間


フトモモ科の仲間の一覧はこちらから
スポンサードリンク
管理用リンク
管理用