9月のクレマチスの栽培・管理

MENU
TOP>クレマチスの管理>9月のクレマチスの栽培・管理
スポンサードリンク

9月のクレマチスの栽培・管理


9月に入ると、まだ残暑がありますが、確実に日は短くなり、涼しくなってきます。クレマチスは高温多湿が苦手ですから、クレマチスにはとても生育しやすい時期です。9月の涼しさの中で四季咲きのクレマチスは最後の開花があります。その開花の後、10月に霜が降りるまでは来年の春に開花するための準備…栄養を溜め込む時期です。しっかりと肥料をやりましょう。
まとめ
●鉢植えには毎日水やり。水やりは午前中で。
●庭植えは乾燥するようならば。
●庭植えで水はけが悪いならば溝を作って排水を。
●週に一回、液体肥料を。それとは別に固形肥料を。
剪定は弱く。
●台風と風に注意。

参考
新枝咲きクレマチスの剪定(遅咲きタイプ)
旧枝咲きクレマチスの剪定(早咲きタイプ)
新旧両枝咲きクレマチスの剪定(中間タイプ)
スポンサードリンク

水やりと肥料


鉢植えの水やり
毎日、水をやってください。水は午前中にやります。9月はまだ暑い日がありますので、昼に水をやると水が高温になって根を傷めます。
●受け皿に水が溜まっている場合は、水を捨てます。

庭植えの水やり
ほぼ自然の雨でだけで十分ですが、高温で乾燥する場合は午前中に水をやります。水切れよりは排水に気をつけましょう。特に秋の長雨で庭の土が排水が悪く、庭に水が溜まるようであれば溝を作って、庭の外に水が流れ出るようにしてやります。
鉢植えの肥料
液体肥料を週に一回やります。
それとは別に追肥をやります。この時期の追肥は来年の開花のために株を充実させる目的でやります。緩効性固形肥料(化成肥料)のリンとカリの多い肥料を説明書きの通りにやってください。庭植えの場合は、肥料を多め(二倍くらい)にやります。
スポンサードリンク

植え付け・植えかえ・種蒔き

植え替えが出来ます。
根詰まりしている鉢は植え替えをします。
植え替えの方法は以下のリンクを参考にしてください。

庭植えも可能です。

管理場所・日当たり


日当たり
相変わらず日当たりを好みます。来年の花がしっかりと咲くように日に当てた方がいいです。
でも、日当たりでも、鉢に日がガンガン当たると土の温度が上がり根が痛みます。移動できるのであれば鉢植えを移動させて、鉢に日が当たらない場所に置きます。もしくは二重鉢にします。
庭植えにしている場合で、株元に日が当たる場合はマルチングをします。もしくは根元に日が当たらないように日除け(寒冷紗・ヨシズなど)をします。
参考二重鉢


クレマチスの鉢はプラスチックで軽くて、なおかつ地上部が大きいので、風に簡単に倒れます。台風でなくてもひっくり返るので、予防のために二重鉢をします。二重鉢は大きな鉢に入れることです。詳細は以下のリンクを。
参考二重鉢

台風対策
台風が来たら、鉢植えで移動できるのであれば素直に室内に移動させます。
庭植えや、フェンスやネットに絡ませている鉢植えは、移動できません。そこでツルをフェンスやネットに針金やヒモで固定し直し、飛ばされないようにします。クレマチスは葉っぱがよく茂っていると台風の強い風でちぎれたり、飛んでしまったりしやすいので、しっかりと固定しましょう。
スポンサードリンク

その他

赤サビ病
赤サビ病が発生することがあります。

剪定
強い剪定はしません。
旧枝咲き(早咲きタイプ)・新旧枝咲き(中間タイプ)はこの時期に来年の花芽を作っています。この時期に強い剪定をすると花芽も落として来年の開花が鈍くなります。剪定は咲いた花を落として、新しいツルの先を落とすくらいにします。
誘引はしておきます。
参考
新枝咲きクレマチスの剪定(遅咲きタイプ)
旧枝咲きクレマチスの剪定(早咲きタイプ)
新旧両枝咲きクレマチスの剪定(中間タイプ)
スポンサードリンク

SNS Button

TWEET Facebook はてブ Google+ Pocket

不具合報告はこちら

情報が間違っている場合は報告をお願いします。
▼内容

クレマチスの管理の仲間


クレマチスの管理の仲間の一覧はこちらから
スポンサードリンク
管理用リンク
管理用