ツボサンゴの育て方

MENU
TOP>ユキノシタ科>ツボサンゴ

ツボサンゴ(ヒューケラ・ホイヘラ)

ツボサンゴ
科名ユキノシタ科
属名ツボサンゴ属
学名Heuchera-sanguinea
別名ヒューケラ・ホイヘラ
みずやり水を好む
場所外の半日蔭
難易度中級者向け
TWEET Facebook はてブ Google+ Pocket
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
開花
植え
肥料
スポンサードリンク

栽培の特徴


日光を好むのですが、日本の真夏の直射日光には弱く、蒸れに株が弱くなってしまうので、半日陰に植えるのが無難です。ツボサンゴは耐陰性がありますので、少々の日陰なら問題ありません。

ツボサンゴは寒さに強いので、冬は特に防寒をする必要はありません。ただ、寒さで葉っぱは枯れてなくなることがあります。ですが春には芽が出てきますので、掘り返して捨てないでください。
スポンサードリンク

水やりと肥料

土が乾いたら水をしっかりとやってください。乾燥すると傷んでしまいますが、水を頻繁にやって蒸れると枯れてしまいます。土が乾いていたら水をやり、土が濡れている間は水を控えてください。

夏は蒸発が激しくなって水切れが起きやすくなります。水をやるときは朝と夕方の二回、水をやります。昼間に水をやると水が沸騰して根を痛めて枯れてしまいます。

植え付け・植えかえ・種蒔き

株わけは秋でも春でも大丈夫です。
水はけのよい土を好みます。市販の盆栽用培養土が適しています。もしくは鹿沼土5赤玉土3腐葉土2を混ぜたものを利用します。

管理場所・日当たり

日当たりを好むのですが、真夏は暑さと蒸れと直射日光で傷んでしまいますし、元々耐陰性もありますので、半日陰で管理します。
夏はできれば風通しの良い場所で管理します。

冬は寒いと地上部が枯れますが、春には芽吹くので、そのまま管理を続けてください。

特徴・由来・伝承

ヒョロリと長い茎を伸ばして赤や白の花を咲かせる植物。

ツボサンゴは他の属の植物と交配しやすく、流通する場合は全てツボサンゴの名前で出回ることが多いです。ヒューケラとは厳密に言うと違うらしいですが、ゴッチャになってて境目がありません。ガーデナーには葉っぱも人気です。

●ヒューケラはツボサンゴ属の総称・ツボサンゴは厳密に言うと「Heuchera.sanguinea」のこと。
スポンサードリンク

SNS Button

TWEET Facebook はてブ Google+ Pocket

ユキノシタ科の仲間


ユキノシタ科の仲間の一覧はこちらから
管理用リンク
管理用