ハーブ

MENU
TOP>園芸用語>ハーブ
スポンサードリンク

ハーブとは


一般的にヨーロッパを由来する香草類一般を指します。薬草でありスパイスとしての有用な植物です。香があるものでも、大量に生産されるものや野菜は除外され、少量を料理の風味付けのために使うキッチンハーブをさすことが多いです。
香りがあるもの全般のこと
ハーブというとミントやセージといったものを思い浮かべます。有名なハーブというとシソ科に多いのでシソ科の特定の植物をさすと思いがちですが、ハーブは香りがあって食用とされるもの全般を指す言葉で、多種あり、それぞれ性質が違います。
スポンサードリンク

歴史


十字軍遠征後にヨーロッパで蔓延した黒死病は、ヨーロッパ全土で人口の半分を病死させたといわれています。このとき、黒死病の予防と特効薬として使われたのがハーブであり、スパイスです。
中世では、ハーブの知識は宗教(キリスト教)とは無関係な人物が持ち、その知識によって地域で影響力を持った(と教会が考えた)ために、その後魔女狩りで殺されたという説もあります。

種類

ラベンダー ゲッケイジュ バラ ナスタチューム ヒマワリ ミント サフラン セージ ローズマリー マジョラム
育てやすいのは?
育てやすいハーブはアップルミントです。強い!とにかく頑健。しかも宿根で毎年繁茂します。ただし頑健すぎて広がりすぎるほど。
スポンサードリンク

SNS Button

TWEET Facebook はてブ Google+ Pocket

園芸用語の仲間


園芸用語の仲間の一覧はこちらから
管理用リンク
管理用