コリアンダー(パクチー)の育て方

MENU
TOP>セリ科>コリアンダー

コリアンダー(パクチー・コエンドロ・カメムシソウ)

コリアンダー
科名セリ科
別名パクチー・コエンドロ・カメムシソウ
みずやり水を好む
場所外の日なた
難易度初心者向け
TWEET Facebook はてブ Google+ Pocket
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
開花
植え
肥料
スポンサードリンク

栽培の特徴

春に種を撒く場合と秋に種を撒く場合があります。春に撒いても秋に撒いても6月には花が咲き、枯れてしまいます。秋撒きの方が長期間収穫が出来ますが、霜対策をしないといけない地域では面倒です。よって普通は春に蒔いて5月から10月に収穫します。
●収穫するなら春蒔き。
●観賞用に育てるなら秋蒔き。
収穫目的と観賞用では育て方が違う。ネットでよく見かけるのは観賞用の育て方

種を撒いて、それを間引いていきます。
収穫する場合の大事なポイント
コリアンダーは葉っぱを食べるものです。種子を蒔くと発芽して、ニョキニョキと伸びた葉っぱを収穫します。暖かい時期はとにかく、茂る速度が速い。食べるのが追いつかないくらいに速い。だから、いい感じになったらすぐ食べる。ほぼ間違いなく追いつかないで、一回やれば飽きます。
種まき・苗植えから収穫までは一ヶ月かからない。草丈20センチで収穫。よって連続して収穫しるには、複数の鉢(プランター)を複数用意して、「種まき→収穫(1ヶ月)」を連続して収穫できるようにします。
鑑賞しつつ、収穫をするならば、葉っぱを下から取り、芽のところは収穫しないようにする。すると花が咲く。ただ、花が咲いたら枯れる。よって、収穫目的ならば、20センチに育ったら、根元からガッツリ収穫していく。そして、空いたプランターから根を全部抜いて、土に肥料を足して、新しいコリアンダーの種子を蒔く。これを繰り返す。すると一ヶ月に一回収穫する感じになる。
まとめ
●花が咲いたら、種子が出来て枯れる。
●種まきから収穫まで1か月。大きくなったら固くなって食べられない。
●種子は密集して植える。
●花を咲かせて種子を収穫するなら、てっぺんは摘まない。
●霜に当たらない限り0度でも枯れない。
スポンサードリンク

水やりと肥料

土が乾いて居たら水をしっかりとやってください。水切れに弱いので、特に乾燥しやすい夏場にはこまめに水をやって下さい。夏は朝と夕方の二回しっかりと水をやりましょう。昼はやった水が沸騰して痛めますので、昼にはやりません。

水切れに弱いですが、水をやりすぎても根が腐ります。梅雨や秋の長雨では、水を控えて調節してください。

植え付け・植えかえ・種蒔き


市販されている土か、ハーブ用の土で植え付けします。庭植えでも鉢植えでも問題ありません。
用土
市販の土がない場合は赤玉土腐葉土4を混ぜた土で植え付けをします。

コリアンダーは苗も売っていますが、コリアンダーの根は一本太い根が伸びる「直根」というタイプで、この太い根を傷つけると枯れてしまいますので、植えつけるときに気をつけましょう。
●コリアンダーは移植が苦手です。苗が大きくなると根付きにくくなり、植えても枯れてしまうこともありますので、苗は出来るだけ小さいものを買って下さい。

種まき
種子は短い間隔で撒きます。コリアンダーは細いから、一本では自立できません。種子は密集させて1センチ間隔で撒きます。土をかぶせて水をやってください。溝を作って筋を作って相手もいいし、適当に蒔いてもいいです。発芽するには20度必要です。
●丸い種子に見えますが、半球状の種子が二つ合体しています。一つ種子を蒔いたら、芽が二つ出ます。
バラバラにして蒔きましょう。

発芽までは、カラカラにならないようにします。発芽したら、普通よりは多少多めに水遣ります。

管理場所・日当たり

日当たりを好みますが、少々日当たりが悪い場所でも育ちます。

秋に撒いた場合は霜に当たると枯れてしまいますので、軒下で管理します。普通は春に蒔いて夏に収穫します。

その他

コンパニオンプランツ
その匂いでアブラムシハダニの予防になります。でも、コリアンダーにもアブラムシが付くんだよなぁ。

ナメクジが食べます。芋虫もでます。

特徴・由来・伝承

タイ料理やインド料理、ベトナム料理などのアジア料理に使われ、タイで「パクチー」と呼ばれたから、パクチーという名前でも通じるようになりました。独特の風味で嫌いな人はこれが吐くほど嫌い。

別名にカメムシソウ。これはカメムシの匂いとコリアンダーの香りに何か関係があっての名づけなのか、名前の由来に関しては諸説あり、ハッキリとしたことは分かっていませんが、民間語源ではないかとも言われています。

民間語源は権威のある人が、過去の書物などから推察したことから名づけた場合、たいした反論も無く、それがそのまま広まった言葉のこと。
スポンサードリンク

SNS Button

TWEET Facebook はてブ Google+ Pocket

セリ科の仲間


セリ科の仲間の一覧はこちらから
管理用リンク
管理用