クフェアの育て方

MENU
TOP>ミソハギ科>クフェア

クフェア(メキシコハナヤナギ・ベニチョウジ・ヒッソピフォリア・イグネア)

クフェア
科名ミソハギ科
別名メキシコハナヤナギ・ベニチョウジ・ヒッソピフォリア・イグネア
みずやり水を好む
場所外の日なた
難易度初心者向け
TWEET Facebook はてブ Google+ Pocket
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
開花
植え
肥料
スポンサードリンク

栽培の特徴

春に植え、春から夏に掛けて花を楽しんで、冬に霜に当たって枯れる。一年草扱いとされることが多いです。冬に室内に取り込んで越冬させることも可能です。5度以上で越冬可能なので、暖地では戸外でも越冬できます。

クフェアは長く育てていると低木になります。

7月・8月に切り戻しをします。切り戻しをすることで脇枝がよく伸び、花つきがよくなります。
スポンサードリンク

水やりと肥料

土が乾いて居たら水をしっかりとやります。鉢植えにした場合は、鉢底から水が染み出すくらいにしっかりとやってください。

クフェアは水をやりすぎると根が腐ってしまいます。気温によって水やりの頻度は変わります。

<春>植えつけ直後は水をしっかりとやります。その後は土が乾いていたらしっかりとやってください。環境によって違うので、何日に一回という言い方は出来ません。

<夏>土の乾き具合を見て、しっかりと水をやります。日当たりに植えた場合は毎日朝と夕方の二回、水をやります。昼に水をやりと水が沸騰して根を痛めます。

<秋>気温の低下とともに水やりの頻度を減らします。土が濡れている間は水をやらないようにしましょう。

<冬>室内で冬越しする場合、土が乾いてから数日経ってから水をやります。かなり水やりは控え乾燥気味に管理します。

肥料はあまり必要ではないです。春と秋に液体肥料を二週間に一回程度やってください。

植え付け・植えかえ・種蒔き

市販されている花と野菜の土で植えつけるか、赤玉土7に腐葉土3を混ぜたものを利用します。

毎年楽しみたい場合は、冬は室内で管理するか、秋に枝を何本か切って挿木して冬を越させます。

管理場所・日当たり

日当たりを好みます。日光が不足すると花つきが悪くなりますが、一日に数時間だけ日が当たるような半日陰でも、枯れることなく生育してくれます。

霜に当たると枯れてしまいます。一般的には冬に枯れてしまう一年草扱いです。耐寒温度は5度と割と寒さに強いので、霜の降りない暖地では戸外で越冬出来ます。暖房が利いている部屋の日当たりで管理すれば、冬も開花してくれます。

梅雨の長雨にさらされると、蒸れて腐ってきます。梅雨・秋雨の時期は風通しのいい軒下などに移動させ、痛んだ花や葉っぱをむしって風通しをよくしてやりましょう。

特徴・由来・伝承

メキシコ原産。明治に日本にやってきました。
剪定すると脇芽が出て花が増えますので、ちょくちょく切り戻して低く仕立てることが多いです。
スポンサードリンク

SNS Button

TWEET Facebook はてブ Google+ Pocket

ミソハギ科の仲間


ミソハギ科の仲間の一覧はこちらから
管理用リンク
管理用