ルリヤナギ(瑠璃柳)の育て方

TOP >ナス科>>管理

ルリヤナギ(リュウキュウヤナギ、スズカケヤナギ、ハナヤナギ)

ルリヤナギ
科名ナス科
属名ソラナム属
学名Solanum melanoxylon
別名リュウキュウヤナギ、スズカケヤナギ、ハナヤナギ
水やり水控え目
場所外の日なた
難易度初心者向け
画像の投稿
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
開花
植え
肥料

目次

  1. ルリヤナギの育て方
  2. 水やり
  3. 肥料
  4. 植え付け・植えかえ
  5. 管理場所・日当たり
  6. 剪定・切り戻し
  7. 挿木で増やす
  8. 病害虫
  9. 特徴・由来・伝承
  10. SNSボタン・関連記事
スポンサーリンク

ルリヤナギの育て方

ルリヤナギの育て方
文章の修正ルリヤナギ(瑠璃柳)はナス科ナス属(ソラナム属)の宿根草。丈夫で初心者向けです。ナス科なので花の形はナスに似ていますが、花のつき方が違うので全体を見るとナス科には見えません。

ある程度成長したら(苗のような小さな状態ではなくなったら)、戸外でも越冬可能です。霜に当たると傷むので霜よけがあればいいですが、地上部が枯れても春になると芽吹きますので、諦めずに保存して置いてください。

夏の暑い時期は他の植物の元気がなくなりますがルリヤナギは花を咲かせてくれます。手間が掛からず頑健な植物なので今後普及する可能性大。
暖地でないと結実はしない。種子は黒いというか青緑。
スポンサーリンク

水やり

文章の修正鉢植えの場合は、土が乾いたら鉢の底から水が出るくらいに、水をしっかりとやってください。冬は寒さで活動が止まっているので、乾燥気味に管理してください。冬に寒さで地上部がなくなっても、土が乾いてから数日経って出をやるくらいには継続してください(地上部がないと忘れがちで、枯らしがちです)。
庭植えの場合は、自然に降る雨だけで十分です。ただ、夏場の乾燥時期や、軒下に移動した株には水をやりましょう。

肥料

文章の修正基本的に肥料は必要ありません。
培養土で植えた場合、土には肥料が入っていますでの、それだけで十分ですが、鉢植えの場合は、水やりのたびに肥料が流れ出ているので、ルリヤナギの状態を見ながら、冬以外の時期に一月に1回、緩効性の固形肥料をあげるといいです。もしくは2週に1回液体肥料をやります。
庭植えの場合もルリヤナギの様子を見つつ、生育前の春(4月)と、開花後のお礼肥として秋(9月)に緩効性化成肥料を少量やるといいです。
化成肥料の購入はこちらから
Amazon
楽天市場
液体肥料の購入はこちらから
Amazon
楽天市場

植え付け・植えかえ

時期

文章の修正春(3月〜5月)の霜が降りなくなってから植え付けます。植えた後に霜が降りそうならば、霜除けしたり軒下に移動させます。植え替えも同じ時期に行います。植え替えの際に株分けも可能です。

用土

文章の修正土は水はけのいいものを好みます。市販の花と野菜の土で植え付けてください。
培養土の購入はこちらから
Amazon
楽天市場

連作障害

文章の修正ナス科の植物は連作障害を起こしますので、ルリヤナギを庭植えするときに過去3年の間にナス科の植物を植えている場所には植えないようにしてください。鉢やプランターに植える場合は、必ず新しい土で植えてください。

鉢植えの手順

文章の修正プランターなら横に2株〜3株。鉢植えなら6号〜7号で1株を目安に植え付けます。
鉢植えの底の穴を網で塞いで、その上に軽石を2cm〜3cm入れて、その上に用土を入れて、株を入れて、隙間に用土を入れて、最後に水をしっかりとやります。

植え替えの場合は古い鉢から株を取り出し、土を3分の1ほど落としてから植え替えをしましょう。

庭植えの注意点

文章の修正植え付けの1週間前に15cm〜20cmを掘り返して、腐葉土堆肥を混ぜておいて、株間30cm〜40cmを空けて植え付けます。

地下茎で増え、連作障害で元の位置のルリヤナギは消えていき、いつの間にか繁殖箇所が移動していきます。困るなら鉢植えにするか、邪魔なら引っこ抜きましょう。

管理場所・日当たり

文章の修正ルリヤナギは日当たりを好みます。日光が少ないと花が咲かなくなります。真夏は高温で株が弱るので、出来るならば半日陰の風通しの良いところに移動させてください。

越冬

文章の修正寒さで落葉し、霜も当たると地上部が消えるが根まで枯れていなければ春には芽吹く。0度以上で越冬するので、関東以西の平野部では戸外で越冬が可能。

霜に当たらないようにすれば地上部が残るので、できるならば軒下に移動させたり、霜除けをしましょう(面倒なんで普通はしないです)。
寒冷紗の購入はこちらから
Amazon
楽天市場

剪定・切り戻し

文章の修正ルリヤナギは放置していると1m〜2mとかなり大きくなるのですが、小さく仕立てることも可能。株全体を切り戻すと、摘芯となって、脇芽が出て花が増えます。生育時期の5月〜8月に適宜、花がひと段落したら切り戻すことで、すぐに盛り返して花が咲きます。半分くらいに切り戻しましょう。かなり刈り込んでも枯れずに芽吹きます。

挿木で増やす

文章の修正剪定した枝を挿木で増やすことも可能。
枝の節から発根するので、節を2つか3つあるように挿木をつくり、下葉を取ります。これを水揚げします。水揚げは葉っぱの先まで水を行き渡らせる作業で、やると発根しやすくなります。
水揚げ
園芸用語

これを挿木用土か、上記の植え付けの用土か、赤玉土単用・バーミキュライト単用などに挿して、日陰で乾燥しないように水をやって管理していると2週間から一ヶ月で発根します。発根したら庭や鉢に植え付けます。
挿し木
園芸用語繁殖技術・コツと知識

ただ、ルリヤナギは株分けで増えますし、地下茎でも増えるし、そもそも頑健なのであんまり必要じゃないかなと思います。
挿木用土の購入はこちらから
Amazon
楽天市場

病害虫

文章の修正コナジラミ
春から秋まで発生し、乾燥するとよく発生します。葉っぱに水をかけると予防できます。水をかけるときは葉っぱの裏にも水をかけてあげましょう。大量に発生したら、薬剤を散布します。前もって、オルトランやアルバリンやベストガードなどを散布しておくと予防になります。
コナジラミ
病害虫生態・防除・対応の薬剤のまとめ

特徴・由来・伝承

特徴・由来・伝承
文章の修正ルリヤナギは別名リュウキュウヤナギ。原産地がブラジル・ウルグアイ・ペルーといった南米なのですが、それが文永年間に沖縄を通じて日本国内へと来たことからこの別名となりました。一見するとナス科のようには見えません。学名のソラナムはナス科ソラナム(ナス)属植物の総称です。園芸店で見かける「ソラナム」はトウガラシ(ナス科トウガラシ属)に似ていますがちょっと違う植物です。
スポンサードリンク

SNSボタン・関連記事

はてブ LINE

ブログやBBSで紹介していただけるならコチラ

はなまるくん「ツイッターはじめましたぁー」

はなまるくんTwitter

園芸ブロガーのための園芸用語リンクツール

園芸ブロガーのための専門用語リンクツール

同じ科の植物

夜香木
ナス科ケストルム属
湘南ヴェルデ
ナス科ペチュニア属
ピーマン
ナス科
サフィニアの育て方(園芸初心者のための簡略版)
ナス科ペチュニア属
茄子
ナス科ナス属
観賞用トウガラシ
ナス科トウガラシ属
フユサンゴ
ナス科ソラナム属
スーパーチュニアビスタ
ナス科ペチュニア属
ホオズキ
ナス科ホオズキ属
ベビードール
ナス科ペチュニア属
スポンサーリンク