カラジュームの育て方

MENU
TOP>サトイモ科>カラジューム

カラジューム

カラジューム
科名サトイモ科
属名カラジウム属
みずやり水控え目
場所外の日蔭
難易度上級者向け
TWEET Facebook はてブ Google+ Pocket
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
開花
植え
肥料
スポンサードリンク

栽培の特徴


春から芽吹いて、初夏・夏がもっとも生育し、秋以降は葉っぱが枯れて球根の状態で冬を越します。寒さに弱く、5度以下になると球根が腐って枯るので、室内での管理となります。

カラジュームは夏前後に流通する植物です。でも夏の強い直射に弱く、育てているうちに茎が弱くて、フラフラと倒れてしまいます――もうそういうものだと考えてください。

水やりと肥料

カラジュームは水を好む植物ですが、水をやりすぎると球根が腐って枯れてしまいます。土が乾くまでは水をやらないようにしましょう。受け皿に水が溜まっている場合は、この水をこまめに捨ててください。水が腐ると病気の元になります。

流通する夏は、乾燥しやすく、水を切らすとすぐにグッタリと倒れてしまいます。

もしもぐったりしてら
もしも水切れしてグッタリしたら、鉢底から水が染み出すくらいにしっかりと水遣りをしてから、紐で茎全体をしばって、持ち上げて日陰で管理します。

植え付け・植えかえ・種蒔き

秋になって、葉っぱが枯れて地上部が何もなくなったら、室内の5度以下にならない場所で管理します。春になったら、球根を掘り起こし新しい土に植え付けをします。

管理場所・日当たり


カラジュームは日光を好む植物なのですが、いきなり日当たりで管理すると葉っぱが痛んで枯れてしまいますので、明るい日陰から徐々に慣らしてやります。それでも、真夏の直射日光はキツイので、春から夏は半日陰か明るい日陰で管理するのが無難です。

日光が不足すると、葉っぱの模様が褪せてきます。カラジュームは観葉植物としては管理が難しい植物です。

特徴・由来・伝承

ですが、白や赤の模様が入ったサトイモに似た葉っぱが人気。花も咲きますが、観賞価値は無く、観葉植物です。
球根で冬を越して、春にまた葉っぱを出します。

カラジュームは夏に生長して延びると、葉っぱに対して茎が弱いのか、折れやすくなります。そこでアサガオを巻きつけるような行灯仕立ての支柱を添えて支えてやります。

カラジュームは育てるのが結構大変です。初心者は不向きです。
スポンサードリンク

SNS Button

TWEET Facebook はてブ Google+ Pocket

不具合報告はこちら

情報が間違っている場合は報告をお願いします。
▼内容

サトイモ科の仲間


サトイモ科の仲間の一覧はこちらから
スポンサードリンク
管理用リンク
管理用